ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

作った財布

直近まで使っていたお財布。
イメージ 1
ハーマンオーク社のハーネスレザーで、わりと高級な素材です。
購入時に原皮6mm厚なのを表用を2mm、内側用を1mmに漉いてもらいました。
オイル分が多くてコバ磨きが難しく、コバの仕上がりはほどほど・それなりです。

僕がつくる財布は”純札”と呼ばれるタイプなので、小銭入れはありません。
イメージ 2左側は抜け落ちる心配がないので免許証やクレジットカードなど重要なものを、
右側はポイントカードなんかをまとめて数枚入れられるようにしています。

同じ型の財布たち。
イメージ 3右と左はヌメ革でステッチ色違い、真ん中二つはハーマンオーク(下が先代)、
右のものはまだおろしてません。

ヌメ革なのに色が濃いのはワックス&オイルの含侵処理をしているからです。
テレピン油に蜜蝋(ミツロウ)とラノリンを湯煎して溶かし込んだものに
浸け込んで防水性を高めています。
カスタムナイフの王様、ラブレスナイフの鞘と同じ処理です。

そして革の宝石と言われる、コードバンも。今はバカ高いので二度と買えない。笑
イメージ 4コードバンのほうは油脂の含侵処理はしていません。
イメージ 5こちらのほうが先代デザインで、カード入れを横向きに配しています。
なので、ちょっと横長。
カード入れの向きを縦に変更したのはコンパクト化を狙ってのことなんですが、
重ねて比べてみたら向きが違うだけで、大きさは変わらないという。笑
この白ステッチのほうは、ほとんど使っていません。

小銭入れをつけないのは、厚みを押さえたいのと、金具を使いたくないから。
そのおかげかワイルドな素材感の割りには上品さが残っています。

そう言えば、今までに金具を使ったものを作ったことがありません。笑
そのうち、小銭入れ付き金具付きのものにチャレンジしてみたいです。

使用中の財布

財布は10何年以上、手製の小銭入れ無しの二つ折り財布(純札といいます)を
何代か作り替えながら使ってました。

直近まで使っていた財布。
イメージ 4
ハーマンオーク社ハーネス・レザーです。

小銭入れはつるしのものですが、ずっとそれ一代を使い続けているので
ステッチが切れたりしてきてアジとは言えないレベルになってきました。

そして、近頃になってうすうすと小銭入れを別に持つのが面倒ではなかろうかと。
また、小銭入れ付きのものを新たに作るのはおっくうだし&材料は意外に高いし、
お金出して小銭入れを買うくらいならいっそのことと思いまして。
春財布は「張る財布」で縁起が良いというのもあり。

ちょっと前に新調したお財布。
イメージ 1
たまたま見つけた「Dom Teporna」という聞いたことないメーカーのもの。
ミニマムウォレットとして有名な「アブラサス”小さい財布”」とよく似てますが、
こちらは素材が”ブライドルレザー”です。

こういった便利商品・機能商品は変わり種なのでチープになりがちですが、
素材の良さがそれを救ってくれてますね。

大きさはたぶん「小さい財布」とそう変わらないと思います。
実測92mm×62mmくらい。
イメージ 2
「小さい財布」と違うのは小銭入れにフタが着いていることと、カード入れの形状。
革が白っぽいのはロウ成分が表面に出ているブライドルレザー独特のもの。
使い込むとこの白いブルームが取れてツヤツヤになります。

小銭入れにフタが着いているため、「小さい財布」よりは厚みは若干あるようです。
イメージ 3
まだ新しくて革にハリがあるので画像では膨らんでけっこう厚く見えます。
小銭の枚数にもよりますが、実用上の厚みは20mm〜25mmくらい。

ネットで探せば本家「小さい財布」の半値以下で買えます。
カラバリも数色あるので色違いも欲しくなってきます。笑
さらに「イタリアンレザー」版、「カーボンレザー」版もあります。

ついに…

2011年から使ってる携帯電話・AUのK006から、
Yモバイル!の「iphone SE」になりました。

利用料金が安いとは言っても、僕のガラケーの使い方からすると
月々の料金は倍くらいにはなりますね。

ストレージは32GB。契約はプランM(おそらくプランSで充分)。
イメージ 1
わけのわからない今の段階でも、フリック入力だけは便利と思う。。。
イメージ 2
今日(25日)通販で届いたケースは手帳型(ダイアリータイプ)で、
この製品の特長としてはMILスペックの耐衝撃性のあるものらしい。
表素材はお馴染みコーデュラナイロン1000D。
手帳型にしたのは表紙部分で液晶画面の保護が期待できるのと、
操作中もケースタイプよりは落としにくそうだから。

色はオリーブだとコテコテになりそうなのでダークブラウンと迷ったんですが、
やっぱりコーデュラの素材感に合っていると思うのでオリーブにしました。
他はブラック、ネイビー、ワイン、ベージュがありました。
全体に素材感が硬い印象ですが、芯材によるものだと思います。

裏材は液晶に優しい起毛素材。
ベルトはマグネットではなくバネホックで、カッチリ留まります。
イメージ 3
ガラスフィルムはYモバショップの店員さんに貼ってもらいました。
お遍路仲間のKくんにアドバイスを受けながら、使わなさそうなアプリを削除中。
アイコンはホーム画面の上部1/3までに抑えたいです。

MNP手続き時に、AUの残ポイントは対応してくれた店員さんの勧めで
SE用の充電コネクタとクッションクリアカバーに充てました。
充電コネクタは痛みやすいとのことで予備として持っておきます。
クリアカバーはレザークラフトでカバーを作るときのベースとして
利用しようと思います。いつになるかわかりませんが。笑

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事