ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

5月4日、つづき。
カワサキワールドを見終わったら、隣の複合商業施設「MOSAIC」にある、
シュラスコレストラン「ブラジリアーノ」で食事(ランチ?ディナー?!)。

午後5時過ぎなので、ほとんど待たずに着席できました。
「シュラスコ」とは串に刺して焼いた肉塊を切り分けて食べる料理です。
(よく似た「ケバブ」はスライスした肉を串に刺し重ねて焼いたものです)

3,000円でサイドメニュー付き食べ放題!(飲み物別)
イメージ 1
食べるのに懸命で写真を撮っていません。笑
肉は串に刺さった焼き立てのものを店員さんが持って回り、
テーブルでめいめいに切り分けてくれます。
肉の種類は指定できませんがバランスよく回ってくれます。

面白いのは各テーブルには緑と赤で上下に塗り分けられた円柱の積み木があって、
食べているときは緑を上にして置いておき、お腹いっぱいになったら、
ひっくり返して赤を上にして置くと切り分けをストップしてくれます。

そしてサイドメニューもブッフェスタイルで食べ放題です。
が、欲張って取り過ぎるとせっかくのお肉が食べられなくなります。笑

切り分けてくれる店員さんは陽気なブラジリアンの方で、ハツのときは
「心臓 心臓 アベシンゾ〜!」と言いながら切り分けてくれました。笑
イメージ 2
肉は10種類ほどらしいですが、お客さんが多かったので
たぶん5〜6種類くらいしか回ってこなかったかも。
ソースを付けなくとも岩塩をまぶしているので味はシッカリついてます。
たしかシュラスコは岩塩をまぶして焼きながら水をかけて焼き温度の
調節をするので、その水のおかげで塩加減が絶妙になるらしいです。

そのままでも十分美味しいですが、せっかくなのでブッフェに用意してある
ヴィネガーソースとローストビーフソースを使いました。

すべて美味しかったのですが、サーロインと牛モモがとくに美味しかった。
ここはホントにまた来たい!!

食後は複合商業施設のMOSAICでお土産を見て回りました。
日持ちの良さそうな真空パックの神戸プリン(6個入り)を家族用に、
同じく真空パックの別の神戸プリンで、可愛らしいカバン風パッケージのを
僕のリハビリ担当の先生お二人に。

食後のデザートしてたべたのは、実演販売のトルコアイスMIX 500円。
バニラ・チョコ・マンゴー。
イメージ 3
納豆のようによく伸びますが、味は普通。笑

MOSAICのあとはポートタワーに上ります。
イメージ 4
先に行ったカワサキワールドの入場券は、切り取り部分が両端に2か所あって
カワサキワールドの反対側がポートタワーの入場券になっています。
イメージ 5
ここではエレベーター待ちの渋滞がありました。笑

高所恐怖症ですが、夜間だと視界が狭くなるからか、多少マシになります。
イメージ 6
どうせなら近くの中華街も行きたかったのですが、時間もないので次の機会に。
次もシュラスコのブラジリアーノには絶対にまた行きたい!

帰りは渋滞もなくスムーズではありましたが、風がかなり強くて速度を出せず、
家に帰り着いたのは午前2時でした。笑

カワサキワールド

5月4日。
友人たちとレンタカーの乗り合わせで神戸へ。

8時半出発(嫌な予感)。

やはりGW、所々渋滞にハマり、高速道路は低速道路と言った感。
神戸港への到着は、何んと午後3時過ぎ!
そして駐車場待ちの車列に並んでやっと入庫したのは午後4時前。笑

神戸港周辺は、何やらイベントや露店でたいへんな混み具合。
イメージ 1
昼間のポートタワー。

何年振りかのカワサキワールド。
イメージ 6
ここへ来るのは、たしか2度目。

スーパーチャージャー搭載のH2。
イメージ 2
BMWに多く見られるような、剛体としてのメインフレームが無い構造なのかな?

エンジンのカットモデル。
イメージ 5
以前行ったことのある、カワサキの工場見学では、
Moto GPマシンのエンジンのカットモデルがあり、
カセット式?のカムギヤトレインだったのが印象的でした。

1982年のKR500。
イメージ 3
フェアリングにはPIONEERのステッカーが…

入り口には帆船のミニチュア。
イメージ 4
かなり大きいですが。

時間の都合上、各展示の前ではあまり立ち止まらずに回りました。笑

つづく。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事