ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

少し曲げてシートステイには入るようになりました。
イメージ 1
モンタギューの自転車はシートステイとチェーンステイの角度が鋭角なので、
スタンド本体をもう少し前方にしないといけません。

そしてシースとステイがチェーンステイより外側に出っ張っているため、
段違いになっているので、そのままでは着きません。
なので、緩いクランク状に現物合わせで曲げました。
素材がアルミなので曲げ加工をするとヒビやシワが寄って塗装にひびが入ります。

緩み止めにダブルナット。
イメージ 2
外側は斜めなので内側から。

取付完了。
イメージ 3
やはり本体のみのときより強い感じがします。
イメージ 4
なので、本体だけでなく、この状態で様子見。
イメージ 5
次に買うならば、チェーンステイだけで留めるタイプにします。

※チェーンステイだけで留めるタイプはチェーンステイの断面が
丸形状のものには対応しません(傾けて力を掛けるとズレてしまう)。
PTのパイプ形状は楕円なので大丈夫そうです。

ディレイラーハンガー

昨晩の強い風雨でパラトルーパー(今後PT)が倒れていた…

そう言えばMTBは転倒するとどんなダメージが出るのだろうかと調べてみると、
例えば右側に転倒の際に、リヤディレイラーが何かしらにヒットすると、
「ディレイラーハンガー」という部品が変形・破損しやすいとのこと。
これは、あえて変形しやすい・柔らかい素材で作られているためで、
そうすることによって衝撃を先に受け止めて、フレームやディレイラーへの
ダメージを減少させるためだそうです。

ただ、これは色々な形状があるらしいので、画像で記録しておきます。
イメージ 1

イメージ 2

おそらくこれかな?!

これも。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事