ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫その他

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

第34回JKGナイフコンテストにおいて、奨励賞を受賞しました!
製作したのは「3”セミ・スキナー」。

3インチ・セミスキナー」と言えばカスタムナイフ界の重鎮”相田義人”さんの代表的モデルで超有名ですが、あえて型紙は自分で起こしています。
イメージ 5
これで受賞は4年ぶりの2度目ですが、ここ数年はコンテストに応募される方の作品レベルがかなり高くなってきているので、また受賞できるとは思っていませんでした。

僕はスタンダードなナイフしか作りませんが、こういった何の変哲もないナイフで受賞できると余計にうれしいです。


以下4枚の画像はナイフショップ「マトリックス・アイダ」の「ナイフ小僧」こと”相田東紀”さんによる写真です。
(※そのままではなくリサイズやレタッチなどしています)
イメージ 1
ハンドル材はバーラップ・マイカルタと呼ばれるその名の通り麻袋(バーラップ)を積層したと思われるもの。なかなか味があります。
定番商品ではなくスポット商品でした。
イメージ 2
この素材は成形の目安になる積層目がわかりづらいので、ハンドル左右の対称性を取りにくかったです。
イメージ 3
ブレードは高級ステンレス包丁によく使われるV金10号(VG-10)と呼ばれるもので、程よい硬度で靭性(粘り強さ=折れにくさ)もあり、耐食性(錆びにくさ)も中の上ほどはあるので好みの特性の鋼材です。
イメージ 4
ナイフ小僧さん、いつも綺麗な写真をありがとうございます!

審査員の方がたによる寸評。
イメージ 6
「修正点、改善提案」の、刃付けの甘さは思い当たります。
と言うのもシャプトンの中砥で仕上げたのみなので、コピー用紙をスーッと切ったときに切断面が毛羽立ちますから…
そろそろ仕上げ用の砥石、刃の黒幕のエンジあたりでも買おうかな(笑)

シースについても、たしかにあと5mmくらいは幅を狭められそうですし、先端あたりの形状は自分でもあまり気に入っていません。

「よい点、感想」は、一つ一つがたいへん励みになります!

審査員の方がたにおきましては、このようにコメントをするのはとても大変なことと思います。
審査員及びナイフコンテスト関係者の皆様、ありがとうございました。

復興支援ROUTE56チャリティーTシャツの最終予約の受付は9月5日まで。
全6色(白、ピンク、グレー、オリーブ、紺、黒)・サイズS~XL。
イメージ 1
送料・手数料別2,500円(税込み)/枚。
1枚につき700円が豪雨災害義援金として愛媛県南予地方に寄付されます。

ROUTE56とは愛媛〜高知をつなぐ主要道路である国道56号線のこと

ルート66”のイメージでアメカジにもピッタリかと思います。
久々に寄ってみた地元の革手芸店にサドルレザーのカット物があったので、
買おうかどうしようか迷いましたが、思い切って買って帰り、
再度コインケースを作りました。

デザインは全く同じ。
イメージ 1
縫い糸はいつもの麻糸ではなく、合成繊維で初めから蝋引きしてある「ビニモ」。
イメージ 2
縫い目のピッチはやや狭めました。

蓋側に小銭を出しても取り出しやすいように、
イメージ 4
蓋の裏当てはコインが取り出せる深さにしてあります。

マチの形状は良い感じにできましたが、
イメージ 3
菱錐が当たってしまった傷が2か所ほどあります。笑

前作との比較。
イメージ 5
横幅を少しだけ大きくしました。
イメージ 6
このあとは油脂含侵処理をして乾燥させてから使用し始めます。
ちょっと前に購入した「小さいお財布」がハズレを引いたらしく、
ブライドルレザーのブルームを拭き取ると表革のひび割れが出てきて
みすぼらしい状態になってしまいました。
なので、それまでに使っていた財布と合わせて使うための
小銭入れが欲しくなりました。

※ちゃんとした小銭入れ付きの財布は高いので買えません。笑

小銭入れを買うとなっても安くはないので、使っていない
コードバン(!)の小銭入れ無しの二つ折り財布をカットして
コインケースを作ってみました。

いきなりですが完成形。
イメージ 1
財布からリメイクして作ったので小ぶりです(75×65×17くらい)。
ちゃんとした型紙は作らず、現物合わせの仮型紙を作って製作しました。

裏側。
イメージ 2
使用品をベースにしているのですでに味が出ています。笑

そして「初の試み」というのは、”ジャンパーホック”を使用したこと。
イメージ 3
金属を使いたくないのと、ボタンを打つ工具が高いイメージがあったので
いままで敬遠していたのですが、意外と安かったのと(工具2点で1,000円弱)、
こういったボタンの頭が出ない構造だったら、さらに「打ち台」も要らないので。

手芸店で売ってるボタンは鉄製しかなく、真鍮メッキやブロンズメッキも
あったのですが、ベースが鉄ならニッケルメッキの方が雰囲気です。

そして”マチ”つきの構造も初です。
(いままでは厚みを出したくなかったので採用しなかった)
イメージ 4
マチ部分をパーツで見ると台形の部品なのですが、台形の上辺が底側に来ます。
ただ、この台形の上辺を大きめにしてしまったせいか無駄な折り込み部が発生。
もっと狭くして三角形に近くしたらよかったと思います。

ついに…

2011年から使ってる携帯電話・AUのK006から、
Yモバイル!の「iphone SE」になりました。

利用料金が安いとは言っても、僕のガラケーの使い方からすると
月々の料金は倍くらいにはなりますね。

ストレージは32GB。契約はプランM(おそらくプランSで充分)。
イメージ 1
わけのわからない今の段階でも、フリック入力だけは便利と思う。。。
イメージ 2
今日(25日)通販で届いたケースは手帳型(ダイアリータイプ)で、
この製品の特長としてはMILスペックの耐衝撃性のあるものらしい。
表素材はお馴染みコーデュラナイロン1000D。
手帳型にしたのは表紙部分で液晶画面の保護が期待できるのと、
操作中もケースタイプよりは落としにくそうだから。

色はオリーブだとコテコテになりそうなのでダークブラウンと迷ったんですが、
やっぱりコーデュラの素材感に合っていると思うのでオリーブにしました。
他はブラック、ネイビー、ワイン、ベージュがありました。
全体に素材感が硬い印象ですが、芯材によるものだと思います。

裏材は液晶に優しい起毛素材。
ベルトはマグネットではなくバネホックで、カッチリ留まります。
イメージ 3
ガラスフィルムはYモバショップの店員さんに貼ってもらいました。
お遍路仲間のKくんにアドバイスを受けながら、使わなさそうなアプリを削除中。
アイコンはホーム画面の上部1/3までに抑えたいです。

MNP手続き時に、AUの残ポイントは対応してくれた店員さんの勧めで
SE用の充電コネクタとクッションクリアカバーに充てました。
充電コネクタは痛みやすいとのことで予備として持っておきます。
クリアカバーはレザークラフトでカバーを作るときのベースとして
利用しようと思います。いつになるかわかりませんが。笑

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事