ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫アメリカ旅行記

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


2月20日 6日目つづき

レンタカーをガソリンスタンドで満タンにしてからビクタービルの「Enterprise Rent-A-Car」に着くと、なんと・・・閉まってました。
土曜日は昼2時までの営業!仕方なくこのままフレディさんを待ちます。
控えの返却予定の時間は午後4時になってたんですけど・・・

イメージ 9

ほどなくしてフレディさんが到着。奥さんもご一緒。
車から降りるなり、手を合わせてペコペコと頭を下げながら、申し訳なさそうに「遅れてごめん!友達が来ちゃって・・・」と、この人は日本人のように生真面目です。ホント良い人。

予定ではレンタカーを返したら、マイクさんに予約を取ってもらった”LAX south Travelodge”まで送ってもらうことになっていたのですが・・・

レンタルの控えにある電話番号にかけてもダメだったので、作戦変更。
どちらかの車でLAに行って、後日フレディさんにこのレンタカーを返してもらうことに。
LAに行くには、どちらかの車を置いていかないといけませんが、XR'S ONLYまで帰るには時間がないし、借り物の車は停めっぱなしだと心配だということで、フレディさんの車をどこかにを停めてから、レンタカーの方でLAへ行くことにしました。
(それとレンタカーのトヨタの方が燃費が良いですしね)

へスペリアのメインストリートとエスコンディード・アベニューの角にあるスーパー「walmart」に車を停め、少し早い夕食をとることに。
敷地内にある中華のチェーン店「パンダ・エクスプレス」に行きました。

イメージ 10

パンダエクスプレスのシステムは、セルフうどんのようにカウンターに並んで、まず主食(side)を決め、カウンターに並んでいるおかず(entree)の中から2品を選んで店員さんに伝えます。
それをパックに詰めてもらってレジを済ませて受け取り、食べる席を探します。

オーダーですが、主食はフレディさんが決めた皆一緒のもので、フライドライス(炒飯)とチャオメン(焼きそば)のハーフ&ハーフ。
おかずがフレディさんおすすめのオレンジ・チキン(一番人気みたいです)と、もう一品は自分の選んだハニー・ウォールナット・シュリンプ。
(↓たまたまネットで同じオーダーの画像があったので拝借。)
イメージ 1
やはりボリュームは結構あります。とくに主食の。
チキンとシュリンプはともに甘い味付けだったので、どうせなら違う味付けのものにしたらよかったかな・・・
でも、とても美味しかったので完食。

ドリンクは「グリーンティー」があったので日本の緑茶かと思ったら。
イメージ 2
ほんのりと甘い。しかもハーブティーだったような・・・
いや、これが意外と良かったのです。
(↑画像は拾い物です・・・)

レジで支払いを終えるともらえるのがこれ↓
イメージ 3
このフォーチュンクッキーから出てきたメッセージは・・・
「YOUR SENSE OF HUMOR IS A JOY TO ALL」
(↑この画像も拾い物です。。。)

ここからはフレディさんの運転でLAへ向かいます。
イメージ 11

空港あたりまで来たらルート案内を起動させるつもりでしたが、早めに起動させてしまって、フレディさんが避けたがっていた、よく混む91号線を通ることになってしまいました。

ルート案内をもとにナビをするのは助手席に座っている丸川さん。
しかし、ルート案内のレーンチェンジの指示が早くて丸川さんがついて行けず、途中で諦めているもよう。。。
後ろから見ていた限りでも2〜3回とは言わず指示を見逃している様子。

丸川さんは・・・
「フリーウェイのスピードではナビの指示に追いつけないよ」
「フレディは空港まではいけるはずだから、それからナビに従おう」
と私に言ってきました。

しかし、というかやっぱりフレディさんはおかしいと思ったのか、一旦フリーウェイを降りて道端に停車。現在地とルートを確認。
私が「2〜3回はナビの指示を見逃したみたいですよ」と言うとフレディさんは現在の状況が理解できた様子。
ここからは私が後ろ座席からルート案内の指示を伝えます。

順調に進み、LA空港も近くなってまた思わぬトラブルがありました。
どうもルート案内にホテルとは違う番地を入力していたようで、目的とするホテルにたどり着けません。
マイクさんが予約を取った時にプリントアウトして渡してくれた資料には、よく見るとLA空港近くの違うホテルの住所も何軒か一緒に載っていました。
似ている名前だと「Travelodge Hotel LAX Los Angeles Intl.」とか。
どうも違うホテルの番地を入力していたようです。

もう一度ホテルの番地を調べ直してルート案内に入力したら、なんとかたどり着けました。

「LAX south Travelodge」の受付で丸川さんがチェックインを済ませると、フレディさんも荷物を持ってくれて218号室へ行きます。
荷物を置くと部屋の前でフレディさんと奥さんに別れの挨拶。
そして力強い握手とハグで別れを惜しみます。
私が知っているごく少ないスペイン語の「Vaya con Dios」を言うと、フレディさんは少し驚いて「Oh! Vaya con Dios!」と喜んでいました。
そして駐車場まで一緒に降り、フレディさんたちを見送ります。
丸川さんは「湿っぽくなるのが嫌だから、わざと冗談ばかり言ってたよ」と。

丸川さんがビールが飲みたいとホテル受付の奥にあるカフェレストランへ。
しかしここはカフェのみでアルコールはないとのこと。
近場を少しだけ歩いてみると、それらしきお店がビルの1階のテナントにありましたが、残念ながら閉まっていました。
またホテルの受付で、丸川さんがお酒が買えるところがないかと尋ね、近くのサークルKを教えてもらって早速行くことに。

私はこの旅の最後のドクターペッパーを。1リットルのを買いました。
イメージ 4
現在、日本でこれを売ってるのは、たしか首都圏と東海地区くらいかな?!

丸川さんは缶ビール2〜3本となにやらスナック類を買い込んでました。
ビニール袋ではなく、昔ながらの茶色い紙袋で持って帰ります。

さすがにお腹いっぱいなので、何も食べずにシャワーを浴びて就寝。
丸川さんもすぐに寝てしまっていたと思います。

翌朝、目覚ましのタイマーはセットしていたんですが、ボリュームが小さいかONになっていないかで、設定時間よりも遅れて起床。
余裕はないけど、焦るほどではない感じでホテルを後にすることに。
イメージ 5
朝のホテル。

LAX south Travelodge 受付。
イメージ 6
空港まではこのホテルのシャトルバスがあるのでそれを利用します。

日本への飛行機は午前10時50分発でした。
搭乗手続きが機械では出来ない?のでカウンターでやってもらいました。
それから検査などが終わってから出発ゲートの待合スペースに行きます。

丸川さんが搭乗受付で通路側の席にしてもらえるように座席の指定をお願いしていましたが、受付は日本人の綺麗な女性の方でした。
というのも、はじめから日本語で話してくれたんですが、丸川さんはそれに気づかず、しかも話す英語がうまく伝わっていない様子。
僕に「通路側のお席を、お二人並びでお取りしたのでよろしいですか?」と言ってくれたので「ありがとうございます。お願いします!」とお願いしました。

帰りは11時間のフライトでしたが、行きと違いイヤホンがあったので、ダニエル・クレイグ版007の「スペクター」、「カジノ・ロワイヤル」、そして「ゴッドファーザー」を観ました。
初見に近かったゴッドファーザーを観ているときに、丸川さんが「そうそうトイレのタンクに拳銃を隠すんだよね〜」とか無邪気にネタバレを(笑)

機内食はビーフにしましたが、ご飯の上に牛肉の味噌焼きがのっていて、ちょっと選択ミスかな、という感じ。行きのチキンが良かっただけに。
丸川さんは気分が悪いのか寝てしまっていて、機内食は下げられてしまいました。

途中、丸川さんがサークルKで買っていた何かのスナックバーを貰い、食べてみるとヌガーの入ったチョコバー?!という感じ。
こういったお菓子は久々に食べました。

次の軽い食事はエッグとチーズが挟まっているセサミベーグルとヨーグルトなど。
プリプリっとしたエッグにむっちりとしたベーグルはなかなか良かったです。
丸川さんは「このハンバーガー、肉じゃないのかよ」って嘆いてました(笑)

成田に着くなりギリギリでリムジンバスに乗ることが出来、羽田空港へ。

羽田に着くと2時間弱ほど余裕があったので、家族へのお土産としてヨックモックのシガールと虎屋の最中、治一郎のバームクーヘンのいちばん小さいのを買いました。

結局、アメリカから持ち帰ったのはマルコムスミス・モータースポーツのタダでもらったステッカー4枚と写真集「Malcolm!」の宣伝カードだけ・・・
イメージ 7
まあ、自分のダッフルバッグも余裕がなかったですし。。。

搭乗手続きを済ませ、出発ゲートに行きます。
あとは飛行機に乗るだけになったので、出発ゲート前にあるBLUESKYというレストランで、「東京大門しょうゆラーメン」(750円)を食べました。
イメージ 8
こういうところは温めて盛り付ける程度の調理だと思いますが、この旅の最後の食事、美味しかった。。。

丸川さんはビールと豚まんを先に注文してすでに食べてました。
カウンターから持ってきた私のを見て「旨そうやな〜」と(笑)
後から食べはじめた私の方が先に食べ終えてしまいました。
いや、けっして食べるのは早い方ではないのですが・・・

食べ終わってしばらくすると搭乗開始。
地元まで1時間40分のフライト、19:55分・予定通りに到着。
待つことなくタイミングよく来たバスに乗る丸川さんを見送りました。

私は空港を出てから家族へ電話し、迎えに来てくれる方へ旅の余韻に浸りながら歩きました。

アメリカ旅行記 おわり



※旅先ではメモなどは取っておらず、旅行からひと月以上経ってから思い出しながら書いたので微妙に異なる部分などはあるかと思いますが、概ね合っていると思います。

あの時ああしておけば良かったとか、こうしておけば良かったとか後から思うことはありますが、結局そうしなくて良かった、とも思います。

4日目に道を間違えたりしなければマルコム・スミスにも会えなかったですし、しつこく写真を撮ってればマルコムさんの気を悪くしたかもしれません。
そうしたらマルコムさん本人自らがマルコムスミス・モータースポーツ内のほとんどを案内してくれなかったかもしれませんからね。

いまにして思えば、初めて話しかけた外国人が”マルコム・スミス”と言うのもなんだかスゴイことかも(笑)

2月20日つづき

所用で出かけているフレディさんを待つ間に、昨日訪れて昼営業が終わっていた、へスペリア空港の施設の横にある”Mile High Cafe”でランチを・・・
イメージ 1
このお店で最もスタンダードなハンバーガー。
自分で具材やソースを好きなように入れるスタイルです。
これもホント美味しかった。

そういえば、食事をしたほどんどのお店でウエイトレスさんに「お味はどうですか?」とニコニコと笑顔で訊かれましたね。
他のお客さんにはそういったことを訊いている様子はなかったので、「アメリカの人も旅行者には意外と親切なんだな~」とほっこりしました。

食事を終え、XR'S ONLYに戻ってしばし休憩。
ちょっと遅いと思ったか、ここで丸川さんがフレディさんに連絡して、先にレンタカーを返しに行き、そこで落ち合うことになりました。

XR'S ONLY 入口から見えるへスペリア空港との間の道路。
サミット・バレー方面。
イメージ 2
先日の夜の抜け道はこちら方面でした。

同じく反対方向。ランチェロ・ロードに出ます。
イメージ 3
いつもグリーンツリーインから通っていた道。
2012年のGoogleストリートビューではフェンスがありませんでした。
イメージ 5
工事中だったのか、元々なかったのか…

XR'S ONLY
イメージ 4
さらば”XR'S ONLY”! またここに来られることを祈ります。

スタッフさん達に別れを告げ、いつもお店に遊びに来ている、若い方のマイクさんの陽気なお父さんにも車の窓越しに手を振ってXR'S ONLY を後にします。


2月20日

丸川さんが、朝にバスタブにお湯を張って入浴する時にお湯が溢れてしまい、バスルームと部屋を隔てる壁まで沁みてきました。
壁際に置いて寝ている間に乾かしていた僕のワークブーツの中敷きが水浸し(笑)
まあ、残りの靴下が厚手なので中敷きナシで履こうとは思ってましたが。

この日のモーニングは、う〜ん・・・失敗。
それは味ではなく、その量。これはハンパではない!
イメージ 1
「ミート・ラバー」というモーニングセットですが、左下のポテトの量、尋常ではありません。お皿はたぶん25cm角あると思います。
ポテトが半分位残ってしまったので、ドギーバッグにてテイクアウト。
グリーンツリーインでの最後の食事。
毎朝おいしい朝食をありがとう!
馬鹿の一つ覚えか、バゲットは最後までパンケーキを頼み続けました。
このあとチェックアウトをしてグリーンツリーインを後にします。

そしてまた、へスペリア空港の横、XR'S ONLYへ向かいます。
今回の旅での丸川さんの最大の目的が、セスナに乗ることでした。

先日お会いした飛行機のインストラクターでもあるクリスさんと朝9時の約束でXR'S ONLY横の格納庫で待ち合わせ。
ですが丸川さん、「あまり時間通りに行くのはかえって良くないよ」とグリーンツリーインのあるビクタービルを出たのが9時ちょうど。
XR'S ONLYに着いてからもスタッフさんに朝の挨拶や談笑などなど。
結局、9時待ち合わせの格納庫に行ったのは9時40分。。。

すでにクリスさんは飛行機を格納庫から出してお待ちかね。
「君たちは隣にいたのか〜気付かなかったよ〜」と、逆に我々に気を使っている?!
イメージ 7
優しいクリスさん。

予定ではマイクさんの作ったセスナを丸川さんが乗る予定でしたが、どうもクリスさんは僕も乗ると思ってか(どうかはわかりませんが)、マイクさんのものではないほうの低翼機、3人乗りのほうの機体が出ていました。

僕も後部席に乗り込みます。格納庫の敷地からエンジンスタートし、
タキシング(地上走行)で道路を横切ってへスペリア空港に入り込みます。
イメージ 8

滑走路で順番を待ち、テイクオフ。
イメージ 9

滑走路から見える、XR'S ONLY
イメージ 10
すでに飛び始めています。

これから、セスナ体験飛行を15分ほど。

へスペリアの町を見下ろします。
イメージ 11

昨日訪れた、シルバーウッド湖。
イメージ 12

真ん中の筋に小さく見えるのが貨物列車。
イメージ 13

水路
イメージ 14

途中、丸川さんが簡単な説明を受け機体を少し操縦してました。

滑走路へ。
イメージ 15
無事、着陸!

着陸してすぐにタキシングで格納庫へ戻ります。
イメージ 16
道路を横切るのでクリスさんはしっかりと左右確認してました。

機体は3人で押して格納庫へ。
イメージ 18
初めてセスナに乗りましたが、なんとなくバイクに似た感じがありますね〜
飛行機を格納庫にしまってからクリスさんと少しだけ話しをしたら、クリスさんはこれから仕事がある様なので丸川さん共々クリスさんにお礼を言ってお別れしました。
イメージ 17
クリスさん、貴重な体験をありがとうございました!

隣のXR'S ONLYへ戻るとフレディさんが出社していました。
土曜日なので?スタッフさんは少ない。
フレディさんがオリジナル製品や取り扱いしている商品についていろいろと説明してくれました。

明日アメリカを発つので今夜はLA空港近くに泊まらないといけません。
そこで若い方のマイクさんがLAのホテルの予約をとってくれました。
「LAX south Travelodge」というホテル。
このホテルから空港までのシャトルバスも出ています。

そして「ちょっと用事があるので待っていてくれ」とフレディさんは出かけます。
フレディさんを待つ間に、またXR'S ONLYの中をうろつきます。
イメージ 2
先日のBBQの会場となったスペース。

建物の裏手。
イメージ 3
画像はありませんが、フレームだけのXR250Rとか何かのフォークセットとか、
面白いものが色々と放置してありました。

ちょっと小型のグリルもありました。
イメージ 4
このサイズでも日本では大きい方ではないかと思いますが。

改めてショップ内。ダートバイク好きにはとても良い眺め!
イメージ 5
画像左の小さいのが5日目に試乗したXR100R。

ショップの看板。
旧ロゴもシンプルで格好良いですが、現行ロゴは勢いがありますね。
イメージ 6
すっかり"XR'S ONLY"、そしてフレディさんのファンになってしまいました。
自分のバイクがXR(といってもXR230は端くれか)で良かった!


2月19日つづき

シルバーウッドレイクから30分ほどのへスペリア・レイク・パークを散策。
イメージ 8
入口。

公園内風景。
イメージ 9
なにやら日本では見られない、黒いアヒル?カモ?がたくさんいます。

黒いカモの雛たち。
イメージ 10
可愛いですが、足がちょっとグロテスク。。。

人に慣れているのか、ある程度まで近寄っても逃げません。
イメージ 17

手前のが成鳥。
イメージ 11
ほかにペリカンなんかもいましたね。

写っていませんが、釣りをしている人が所々に。
イメージ 1

帰り際に横を通ったおばちゃんに、ちょうどニジマスが釣れてました。
イメージ 16
「今日の晩御飯よ!」と良い笑顔。

XR'S ONLYに戻り、フレディさんはバーベキューの準備のため一旦別行動。

XR'S ONLY隣のガレージ(格納庫?)で、XR'S ONLYマフラー製作担当のマイクさんにお会いし、彼の組み上げた!というセスナを見せてもらいました。
隣にあった高翼機や3人乗りの低翼機に比べ、動きが機敏そう・・・
イメージ 12
3人乗りのと同じ低翼機でも、こちらのほうが主翼が短いし。

イメージ 13
コクピット。

この倉庫には他にフレディさんのボート(意外に大きい)やビリヤード台、壁際にはダイノマシン、プレス加工機などが無造作にポンと置かれています。
イメージ 14
画像左のマイクさんと、その友人二人もいて、一人は飛行機操縦のインストラクターもするクリスさん。奥さんは日本人でレントゲン技師とのこと。
もうひとかたはガッチリしたナイスガイ(画像右の方。お名前は失念!)。
美人の彼女もボディビルをしていてストロングだと言ってました。
クリスさんは来年に奥さんの里帰りで10日ほど日本に来るとか。
イメージ 23

丸川さんが、まだ時間があるのでへスペリア空港横のレストランに行こうと言うので入って覗いてみると、昼営業が終わったところでした。
私はバーベキューの前なのでちょっと安心しましたが(笑)

いよいよ夕方からはXR'S ONLYの敷地内でバーベキュー!
フレディさんが焼いてくれます。
イメージ 2
慣れているのか、手際が良い!
まずは30cm近い大きなフランクフルトを焼いて手渡してくれました。
外はパリッと中はジューシー、と、まるでお手本のよう。
付いている味もちょうど良くってペロリと食べてしまいます。
イメージ 15
丸川さんも焼きます!
イメージ 19
カメラに気づくと「I love cooking!」とコメントし始めましたが…
イメージ 20
後ろで見ていたフレディさんに「Hurry up! Hurry up!!」と
イメージ 21
今にも焦げそうなのをひっくり返して!と指示されて…
イメージ 22
丸川さん、慌てます(笑)

人が集まり始めました。
イメージ 18
左はスタッフのTommy Russellさん。
右は若いほうのマイクのお父さんで、毎日遊びに来るようです。

今回使用したトレーラータイプのグリル!デカイ!
イメージ 4
この見えている反対側にも同じグリルがありますが、今回は片面のみ使用。

肉の大きさは25cm近くあります!
イメージ 3
メキシカンテイストのバーベキューはとても美味しいです!
焼く前に少し酸味のあるタレに漬け込んでいた肉は硬いわけではなく、程よくしっかりした歯応えで、そのままでも、サルサソースでも美味しい。
この大きい肉を5枚ほど食べました。日本の焼肉より好きな味です!
これを食べ過ぎて、後半のチキンが食べられなかったのが残念。

その他の料理
イメージ 5
その他にも色々あり、豆スープやアボカドのサラダ、ライス料理、全てフレディさんの奥さん手製。メキシコ料理はとってもウマい!

XR'S ONLYのお客さんも集まります。
イメージ 6
皆さん楽しそう!
昼間は日本の初夏なみの暑さですが、夜はやはりちょっと寒いです。

フレディさんは食べながら焼き続けます!
イメージ 7
左はフレディさんの奥さん。

スタッフの若いほうのマイクさんの奥さんを紹介してもらい、ブルースロックやツェッペリン、ジミヘンなどのクラシックロックが好きなことが判り、丸川さんを交えてしばし談笑。
丸川さんはマイクさんの奥さんのスマホから流れるジミヘンのパープルヘイズに合わせて歌ったりと、ビールも回ったからか、かなりご機嫌の様子。

皆さんお腹いっぱいになり、残りを食べつつ片付けを手伝いつつしているとフレディさんもビール片手にテーブルにやってきました。
丸川さんとフレディさんはビールを飲みつつしばらく話していましたが、程よい頃合いで、フレディさんが私に目配せをしてきました。
寒くなってきたのと、丸川さんがかなり酔っているように見えたからでしょうか。
しかし、僕の勘違いだったらいけないと思い、もうしばらく様子を見ていると再度フレディさんが頷きながらウインク。やはりそのようです(笑)
私も軽く頷いて合図し、お酒がたっぷり入って上機嫌な丸川さんを促してグリーンツリーインへ戻ります。

グリーンツリーインへ戻る車中、丸川さんは寝てしまっていました。
着いてから寝ている丸川さんを起こさないように荷物を部屋に運び、それが済むと車中で寝ている丸川さんを起こして部屋に戻ります。

BARが騒がしいね、と言う丸川さんと様子見に行くと、金・土の夜はBARでライブをしているようです。
私はトイレに行きたかったのでBARの隣のトイレに入ろうとしたら、丸川さんはBARに入ろうとして「おいおい、君はどこへ行くつもりだ?」とライブのスタッフに止められているのが見えました。
たしかにBARの入口には「入場料5ドル」と張り紙がありました(笑)

それから部屋に戻り、私はドリンクを買いにレストランへ。
シャワーを浴びて、寝ようと思ったら、テレビでトム・ハンクスの「グリーン・マイル」をやってたので久々に観入ってしまいました。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事