全体表示

[ リスト ]

光媒の花(道尾秀介)

イメージ 1 イメージ 2

印章店を細々と営み、痴呆症の母と二人、静かな生活を送る中年男性。ようやく介護にも慣れたある日、幼い子供のように無邪気に絵を描いて遊んでいた母が、「決して知るはずのないもの」を描いていることに気付く……。三十年前、父が自殺したあの日、母は何を見たのだろうか?(隠れ鬼)
共働きの両親が帰ってくるまでの間、内緒で河原に出かけ、虫捕りをするのが楽しみの小学生の兄妹は、ある恐怖からホームレス殺害に手を染めてしまう。(虫送り)
20年前、淡い思いを通い合わせた同級生の少女は、悲しい嘘をつき続けていた。彼女を覆う非情な現実、救えなかった無力な自分に絶望し、「世界を閉じ込めて」生きるホームレスの男。(冬の蝶)など、6章からなる群像劇。
大切な何かを必死に守るためにつく悲しい嘘、絶望の果てに見える光を優しく描き出す、感動作。

サイン本を買いました〜☆

とは言っても、サイン会に参加して直接サインしてもらったものじゃなくて、
サイン会した作家さんが何冊か書店で余分にサインして書架にサイン本ってタグとビニール封され
並べられるものを買いました。京極さんのそういうサイン本買った時は名前のサイン以外に一言書いてて
にやっとさせられましたが、道尾さんは真面目に名前のサインと印だけです。
まぁ、それだけでも普通に買う本よりも同じ値段でも価値がある気がして大事にするんですけどね。

作品のジャンルとしては各章の脇役が次章の主役になると言う群像劇だそうなんですが、
奥田英朗さんの書くはっちゃけた感のある暗い話でも所々笑える群像劇とはちょっと違う感じです。
一度出た主役はもう主役にならないんで、群像劇と言うより普通に連作短編集って感じに僕は思いました。

児童虐待やら怨恨による殺人やらがテーマで全般的に暗い雰囲気です。序章から救いの無い話で、
痴呆の母の落書きから実は母に若かりし頃の息子と父の秘密の情事を見られてた事に気付く話で、
次章は子供の兄妹が浮浪者に悪戯されそうになる怖い体験の話、そこに居合わせたホームレスの話、
その次は父の浮気の電話を母に告げたことで父に「お前が盗み聞きするから」と自分の事を棚に上げた
八つ当たりを受けて精神的に参り耳が聞こえなくなった娘の話、等等と続いて重く、
一応の解決は見せるも心の透くような救いまでは無いお話の連続で読んでて正直参りました。
最後の章で一応全部の章の登場人物がちょっとずつ話に出て事後譚的な形により終息され、
ちょっとだけ主人公達の明るくなりつつある未来が見れて読者のモヤモヤ感を少し晴らしてくれます。
ページ数的には大した事無いんですが各章の内容が暗く濃い分ボリュームを感じてしまい、
重い話の連続で読んでてどうも自分はうまく内容を咀嚼出来ず消化不良を起こしてた気がします。

近頃人気の作家だけあって上手く書いてはる作品だと思うし、
もう一回読んで登場人物の心情をよく理解したいと言う気分と
もう一回読むのはしんどいからもういいって気分の二つの読後感を感じました。

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

うわぁ〜ちょっと内容聞いただけで何かおぞましいなぁ。
最初の痴呆症の母の話しだけでもゾォ〜としそう。
マイナスオーラにおかされそうなので、これは読むのをやめておきます><

2010/4/17(土) 午後 9:39 Jimmy 返信する

顔アイコン

なんか・・・重そうな話ですね・・・
むっちゃ元気な時に読ませていただきます(^^)

2010/4/17(土) 午後 11:24 [ - ] 返信する

顔アイコン

>じみーさん絵、痴呆症の母が痴呆で知ってか知らずか秘密の営みを写生するのはちょっとした恐怖ですよ。マイナスオーラ、確かに影響ありそうです。

>カンカンさん絵、読書って読者の精神衛生状態も結構読んだ評価に影響されると僕は思ってます^^元気な時にどうぞな作品です^^

2010/4/18(日) 午前 0:04 気まぐれ 返信する

顔アイコン

道尾さんの作品を読み慣れていないと、ちょっと辛い部分もあるかもしれないですね。前半の暗い作品の方が道尾さんらしさが出ていると思うんですけどね。私は後半になるにつれて光が射して行く構成がとてもいいな、と思いました。それにしても、サイン本いいなぁ・・・(羨望)。

2010/4/18(日) 午前 0:45 べる 返信する

顔アイコン

>べるさん絵、道尾さんってやっぱ重いですねー。おっしゃるとおり後半に進むに連れて光が射してましたがやっぱ重かったですよー^^
もし本書が直木賞になるようなら本書は僕にとってすごい宝物になるんですけどねぇ〜☆でもってもう一回読み直します^^

2010/4/18(日) 午後 1:52 気まぐれ 返信する

顔アイコン

これぐらいなら、陰惨ってほどでもないかなと思っちゃうんですけどね(苦笑^^;)暗い、重いだけの作品なら辛いですけどねえ。
それにしても、サイン本いいなあ^^直木賞なんて獲らなくても、気まさんの宝物ですよ☆

2010/4/19(月) 午前 1:03 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>ゆきあやさん絵、道尾さんって何か笑いが一切排除されててどうも重く感じてしまいます。僕はこれでサイン本4冊目です。どれも変に愛着があって宝物ですね^^

2010/4/20(火) 午後 3:09 気まぐれ 返信する

顔アイコン

道尾さんの「向日葵の咲かない夏」は読みました。
全体的にジワ〜っとホラーで暗い。面白かったですが。^^
でもこれはもっと暗くて重そうですね。
パワーのあるときに読んでみたいです。

2010/4/22(木) 午前 1:26 お気楽とんぼ 返信する

顔アイコン

>とんぼさん絵、道尾さんそんなたくさん読んでは無いんですが、今のところ知る限り作風が暗い感じですよねぇ〜。腕はある作家さんだとは思ってるんですが、どうも僕にあわない感がして仕方がないんですよねぇ^^;

2010/4/22(木) 午前 1:30 気まぐれ 返信する

顔アイコン

道尾氏のサインは初めて見ましたが、なかなか達筆ですねえ。
私は折原一氏のサイン本一冊しか持ってないです。しかもそれはヘタクソな字で普通に名前書いただけのしょーもないものなので、とても宝物とはいいがたいです(泣)。京極氏のサイン本をお持ちの気まぐれさんがヒジョーに羨ましいです。
こちらからTBできなくて申し訳ありません。

2010/4/23(金) 午後 0:44 十兵衛 返信する

顔アイコン

>じゅうべえさんへ、折原さん字へたくそなんですねw
でもまぁ作家さんとは言え、ボイスレコーダーやワープロ使う方がほとんどでしょうから字を書くのが上手いとは限りませんよね^^
京極さん、というか南極さんなんですけどね、バカミス「南極人」にサインしてもらったものなので☆

2010/4/24(土) 午前 5:24 気まぐれ 返信する

アバター

道尾さんは、私の中では好きな作品と苦手な作品が両極端に分かれてしまう稀有な作家ですね。これも苦手な作品でした。
サイン本はいいですね〜 私は作家もののサイン本は1つも持っていないかも。

2010/5/12(水) 午後 9:59 藤中 返信する

顔アイコン

>藤中さんへ、道尾さんってゴーストライター2人いるかもですねw
サイン本ってほんと何か愛着わいて、同じ定価なんですがより価値があるような気になってしまう魔力があります☆

2010/5/15(土) 午前 1:59 気まぐれ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事