ちけん坊のブログ

日頃の仏事での出来事や感じた事などを綴っています。写真は花や虫を中心に自然の風景を掲載しています。

祈りの風景

すべて表示

七回忌の孤独

今日は、七回忌の法事が入っていた。六年前に知り合いのお寺さんから頼まれて葬儀屋さんの葬儀をしたのであるが、当初は葬儀だけの依頼である。ところが、どういうわけか満中陰忌を直接依頼されたばかりか、その後のお盆参りや年忌法要をする関係になってしまった。

施主であるおばぁさんは当時七十代半ばであったが、故人である夫との間に子供はいない。親戚付き合いもなく、葬儀の時もわずかに会葬者は三人であった。身寄りもいないので、当初は大阪の一心寺へ納骨して永代供養をする予定だったようだ。

住んでおられるのは立杭焼きで有名な今田という所であるが、山道を車で五分余り登った山中である。辺りは別荘地みたいな家が散在していているが、おばぁさんの家は孤立していて周りは何もない。車に乗れないおばぁさんには週に一度来るコープの宅配が唯一生活の頼りだ。

七回忌の法事といっても、参列者はおばぁさん一人だけである。午前十時に訪問して十時十分頃から法要を始めたが、故人が歓喜されたからだろうか終わったのは十一時を過ぎていた。帰り際に「私も歳ですし、次の十三回忌は無理かも知れません・・・」とポツリと話される。

私は、「大丈夫ですよ、私がちゃんと供養していきますから・・・」と言うと目頭を押さえておられた。このあばあさんが亡くなると身寄りがいないので福祉葬ということになるが、私が責任を持って葬儀をして祀ってあげるつもりだ。これこそ本当の仏縁なのだろう。

◇山の斜面にノアザミが咲いていた。
イメージ 1





その他の最新記事

すべて表示

総会議題への感謝

2017/2/27(月) 午後 9:05

昨日は、大師講を兼ねて寺の総会があった。住職になりたての頃はかなりのプレッシャーを感じて嫌で仕方なかったが、長くしていると行事の一つとしてすんなりと受け入れている自分がいる。今回は議題が多かったのですんなりと終わるかどうか心配していたが、予定時間に終わった。 今年はぼけ封じ観音の当番寺院で持ち回りの法要をしなければいけない。西国霊場に加盟している ...すべて表示すべて表示

逮夜参りの妙味

2017/2/25(土) 午前 9:02

昨日の晩は、午後七時から檀家様の四七日忌のお参りをさせていただいた。今までは雪や雨の中のお参りばかりであったが、久しぶりの星空である。三月も間近となって、ようやく春の兆しなのだろうか。そんなことを思いながらお参りさせていただいた。 拝んでいると、中陰壇に飾られている花がとてもきれいである。先週にお参りした時まではお葬式の時に飾られていた生花であっ ...すべて表示すべて表示

お骨の行方

2016/12/6(火) 午後 5:00

一昨年のことであるが、納骨をしようと墓石の下に設けられている石室を覗いてみると一杯の人骨で溢れていた。おそらく今の施主さんの曾祖母、祖母、父親の五人ではないかと思われるが、曾祖母は長生きされたので火葬が始まった直後に納骨されたのだろう。それにしてもきれいに残っているものだと感心した記憶がある。 特に最近の火葬は短時間で高温処理するのでお骨は炭化状態 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事