ちけん坊のブログ

日頃の仏事での出来事や感じた事などを綴っています。写真は花や虫を中心に自然の風景を掲載しています。

祈りの風景

すべて表示

年賀はがき

この時期は毎年のことであるが、年賀状を書くのに追われる。と言ってもパソコンなので書くのではなく作成して印刷するだけなのであるが、なかなか思うようにはいかない。父親や家内が居た時はその分まで作成していたので約三百枚余りを送っていたが、今では三分の一に減って楽になった。

年賀はがきは、一昔前なら手書きの葉書を送ることで気持ちを伝えるゆかしいものであったに違いない。私も心を込めて手書きしたい気持ちはあるが、パソコンに慣れると便利でどうしても億劫になってしまうのだ。寺という立場上、全く顔すら知らない方から届く年賀葉書もあるので、どうしても儀礼的な感覚になってしまう.。

暑中見舞いや寒中見舞い、新年の挨拶と季節によってのハガキは、昔の人にとっては便利なツールであったようだ。最近の若い世代は、こうしたハガキを送らずにメールやラインなどで済ませる人が増えてきている。
それも時代の流れなのだろう。

イメージ 1



その他の最新記事

すべて表示

総会議題への感謝

2017/2/27(月) 午後 9:05

昨日は、大師講を兼ねて寺の総会があった。住職になりたての頃はかなりのプレッシャーを感じて嫌で仕方なかったが、長くしていると行事の一つとしてすんなりと受け入れている自分がいる。今回は議題が多かったのですんなりと終わるかどうか心配していたが、予定時間に終わった。 今年はぼけ封じ観音の当番寺院で持ち回りの法要をしなければいけない。西国霊場に加盟している ...すべて表示すべて表示

逮夜参りの妙味

2017/2/25(土) 午前 9:02

昨日の晩は、午後七時から檀家様の四七日忌のお参りをさせていただいた。今までは雪や雨の中のお参りばかりであったが、久しぶりの星空である。三月も間近となって、ようやく春の兆しなのだろうか。そんなことを思いながらお参りさせていただいた。 拝んでいると、中陰壇に飾られている花がとてもきれいである。先週にお参りした時まではお葬式の時に飾られていた生花であっ ...すべて表示すべて表示

お骨の行方

2016/12/6(火) 午後 5:00

一昨年のことであるが、納骨をしようと墓石の下に設けられている石室を覗いてみると一杯の人骨で溢れていた。おそらく今の施主さんの曾祖母、祖母、父親の五人ではないかと思われるが、曾祖母は長生きされたので火葬が始まった直後に納骨されたのだろう。それにしてもきれいに残っているものだと感心した記憶がある。 特に最近の火葬は短時間で高温処理するのでお骨は炭化状態 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事