ここから本文です

アゴラより


大停電に関する北海道民のご意見(3)大停電は“神様からの警告”

9/24(月) 18:12配信

アゴラ

“日本初のブラックアウト”を体験された北海道民から連日、率直な思いをご投稿いただいております。

実名で投稿されたものでは、札幌在住の森修さんの「北海道を脱原発の実験場にするな」が反響を呼んでおり、匿名でも航空業界勤務の男性から酷寒のリアルとともに電力確保の必要性を痛切に訴えられています。また、脱原発の立場からも「何でも嫌だ不安だと言っていても、究極の選択と言う意識を国民も持たねば覚悟も持てない」との意見が寄せられました。

今回は、道内のある市で自治体委託でごみの収集事業者につとめている岸さん(仮名)からの投稿です。
大停電は“神様からの警告”と受け止めるべき
その日は朝から大変でした。噂で水が止まるとか携帯電話も使えなくなるとか、食糧やガソリンが無くなる等。そんな中、市のごみ収集は通常通りやる事になりました。信号も機能していない道路を譲り合いの精神、大きな交差点は警察官が誘導していました。ごみ収集も収集物は少ないが、悪天候時の量と同じ程度はありました。収集中にガソリンスタンドやスーパーを見ると、こんな時に仕事していて良いのか?って何度も思いました。自分も買い出しして食糧やガソリンを確保すべきではと。まあ、結果として自分の地区は暗くなる前に電気が復活したので良かったですが。翌朝、仕事場に行くと電気が復活していない同僚達は水のシャワーや暗闇の中でのバーベキュー等の話をしてくれました。

電気があるかないかでは、文明人と原始人なみの格差を感じ、電気の有難みを再認識しました。一つだけ良かった事は星空がとても綺麗だった事。これが今回の停電で感じた事です。


そして、これはこれから訪れる北海道最悪の危機への神様からの警告だと感じます。これから北海道は電力を500万KW〜600万KWを使用する冬が来ます。苫東厚真が完全復活しても供給量が560万KW。それなのに原発再稼働させずに、こんな博打に道民の命を使っている反原発議員。泊原発の安全対策も知らず、対案もなく無責任に原発反対。さらに北電が悪いと責任を擦り付ける高橋はるみ知事。そして、まったく危機感なく泊原発にも触れず、冬の電気需要と供給力には触れない地上波のテレビ。

運良く博打に勝って、この冬を原発なしで乗りきったとして、2020年の電力完全自由化後、もしも弱りきった北電が発電部門から去ったら、再エネの発電したりしなかったりの、シワとりは誰がするのでしょうか?


 
北海道は電気料金が値上がりして停電が頻繁に起きる可能性があるのではないでしょうか?

あります。発送電分離・自由化がその犯人です。
発電会社は今ある設備を使って出来るだけ高く売りたい、しかも自由化で将来の需要が読めないのも相俟って、発電所は作られません。発電所は火力であれ原子力であれ、計画から用地買収・環境アセスメントをクリアして着工してから稼働するまで10年掛かります。その間、プロジェクトファイナンス側は返済を受けられませんので、リスクの高い投資になります。そんな投資、誰がやりますか?
今の体制なら政治家がコントロールできますが、自由化されれば仁義なき戦いです。
結局お手軽に作れるが全く当てにならない太陽光と風力だけが増えていきますが、当然系統は不安定になり停電なんかが頻発するでしょうね。
そして東電がエンロンになる日は必ず来るでしょう。
昨日のカリフォルニアは明日の北海道です。

イメージ

そして、電力不安から北海道経済崩壊につながります。突拍子も無い想像と言われるかもしれませんが、人口減少が続いて空白地域が大きくなったところへ、組織的な移民が“入植”する……最終的には中国やロシアの自治区になり原発増設になってしまえば皮肉だといったら、笑われるかもしれませんが、たしかに言えることは、北海道のブラックアウトは安全保障の観点からも危機に直結する可能性もあると思います。

――

アゴラでは、実際に“日本初のブラックアウト”を体験された北海道民の皆様の率直な思いをお尋ねしています。

大停電のあとどのような影響が身近に出ているか?
原発とどう向き合っていくべきか?
あるいは結論を出せずに悩ましい思い。
安倍政権のエネルギー政策
高橋はるみ知事へのご意見

など、お待ちしております。
アゴラ編集部

転載元転載元: アーカイブ「皇国の興廃懸りて原子力にあり」

この記事に

開くトラックバック(0)

久々の記事更新。

毎日新聞の記事だが、もう、これで完璧に
「フクシマ問題」は終わったといえよう。

私が兼ねてから主張していたことが完璧に証明されたわけだ。

「放射能ガー」とか「甲状腺ガンガー」とかワメいていたアホな方々、

ご愁傷さまです。

以下引用



被ばく影響、科学界の結論

今月1日に日本学術会議から「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題」という報告書が発表された。日本学術会議は我が国の人文・社会科学から理学・工学までの全分野の代表者からなる、いわば「学者の国会」。政府に対する政策提言から世論啓発までを役割としている。  

 報告書が対象としている東京電力福島第1原発事故については、既に多くの論文や調査結果などが蓄積されている。国連科学委員会の報告でも、放射能由来の公衆の健康リスクについて「今後もがんが自然発生率と識別可能なレベルで増加することは考えられない」と結論が出ている。

 学術会議の報告でも、被ばく量はチェルノブイリ原発事故よりはるかに小さいという評価が改めて示されているが、特に不安の多い子どもへの影響に焦点を絞っている点が重要だ。「福島第1原発事故による胎児への影響はない」としており「上記のような実証的結果を得て、科学的には決着がついたと認識されている」とまで書いている。

 報告書を読むと、不安論者のよりどころとなる内部被ばくから、福島での甲状腺がん検査の評価まで、考えられそうなポイントはすべて丁寧に押さえている。
 
 その意味で、この報告書はいわば、事故後6年たっての科学界からの「結論」。これを覆すつもりなら、同量のデータと検討の努力を積み重ねた反論が必要だ。

一部の専門家といわれる人に、いまだに「フクシマ」などという差別的な表記とともに、単に感覚にすぎない「理論」で不安をあおる人がいるが、そういう説はもはや単なる「デマ」として切って捨てるべき段階に来ている。
 
 マスコミにも課題がある。不安をあおる言説を、両論併記の片方に置くような論評がいまだにあるが、データの足りなかった初期段階ならいざ知らず、今それをするのは、健康問題を語るときに「呪術」と「医術」を両論併記するようなもの、と思ったほうがいい。

 そういう転換点になりうる重要な報告なのに、毎日新聞を含めて報道の少なさはなんだろう。この報告書を、本コラムを読んで初めて知ったという読者も多いと思う。それも当然で、新聞でいえば、福島の地方紙以外は全国紙の福島版とデジタル版で一部報道された程度。子どもに焦点を当てたという点でも十分に「ニュース性」があるのに、だ。ネットでは、この報道の少なさに違和感を覚えるという多くの書き込みがされている。

 この報告の題名に「今後の課題」とあるのは、既に決着のついた科学分野についてではない。科学的には結論が出ても無くならない不安、さらにそれをあおろうとする言説だ。「子どもが産めないの?」という不安を福島の子どもたちに抱かせないようにするため、学術会議の「結論」をどう広く伝えるかが「課題」。マスコミができることは、もっとあるはずだ。(東洋大INIAD学部長)





健康問題を語るときに「呪術」と「医術」を両論併記するようなもの

ということです。
「フクシマで健康被害ガー」と言ってる人は
「呪術」で健康判断する人と同じレベルですから、もう無視でいいかと思います。

「史上最悪の原発事故」で
誰も死なず、健康被害にならず、後世にも何ら影響はなかったわけであり、
原発というエネルギーが如何に必要なものか、再認識出来たわけですね。




この記事に

イメージ 1


第一次安倍政権がどのように失脚していったのか、みんな忘れたのか?

民主党の支持団体である自治労のドロボーが原因で起こった「消えた年金問題」。


これを民主党、野党、マスゴミが揃って安倍政権のせいにして叩きまくり、印象操作を繰り返す。



何ら責任のない冤罪をなすりつけ、安定した日本にさせないようにする反日勢力。


それがマスゴミであり、野党である。


上記のポスター以外にも腐るほど印象操作で安倍政権叩きはある。

その逆はない。

桜井の「出て行け!」発言。

イメージ 2


こんな事、もし安倍首相、もしくは自民党大臣が言ったらどうなりますかね?


桜井はアタマ悪いし、品性下劣なので、いつもこの手のクズ発言ばかりだから仕方ないということ?


なんでこれは問題になんないの?


情弱バカには分からないか?


北朝鮮もシナもロシアも国力落としてる日本を虎視眈々と狙ってるぞ?


桜井発言なんてもう叩かなくていい。
時間のムダ。


それよりもさっさと国家緊急事態の国防、経済に目を向けよ。


この記事に



イメージ 1




「今、われわれは多くの問題を抱えているのは事実です。しかし、ぜひ自由民主党がやらねばならんことは何といっても今、野党に政権を渡せんのです。3年3カ月、皆さま、えらい目に遭ったと思っているでしょ。われわれもそう思ってますよ。しかも今の時代、北朝鮮でなにやらきな臭い。東シナ海でも何だか怪しげな話がいっぱい出てきている真っ最中に、予算委員会で森友学園以外に話ないんですよ。おかしいと思わんですか。われわれは予算をやっているんで、財務委員会、予算委員会等々、ずっと座って、予算に関する質問はほとんどない。全くない日もありましたよ。かつ外交も何も言わない。とにかくカゴヌケだかカゴイケだか知らんけど、そういった話ばっかりしてたんじゃないですか。これが実態なんじゃないんですか」




ホントこれ。

これにつきる。



モリトモ問題とか、カケガクエン問題とか言ってるヤツら。


こいつらこそ日本の大問題


つーか、イランヤツら。反日勢力のゴミ、クズの類。


もしくは情報弱者、アタマ弱い系、マヌケ系の類



  脱原発勢力と同じ分類。





尖閣にとどまらず、青森にもシナは来てる。

北朝鮮のミサイルは死人出るまで放置でいいのか?

シナ人が党首やってる政党はスルーで許すのか?



ある意味、これを「問題」と言ってるヤツらはリトマス試験紙みたいなもんで、アカに変色して分かりやすいw


バカなアカか、真っ赤なアカか?









この記事に


「こんな人たち」って共産党シンパでした



先日の秋葉原選挙妨害事件。しばき隊に交じって「安倍やめろ」と叫んでいたのは、政治学者の白井聡ですね。赤旗に登場して共産党待望論を主著するような左翼で、百田氏バッシングで悪名高い一橋大学大学院社会学研究科出身
no title

— CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日
秋葉原選挙妨害事件。しばき隊に交じって「安倍やめろ」を絶叫する京都精華大学専任講師・白井聡。共産党は組織的動員を否定しているが、白井は赤旗で共産党待望論を主張するようなシンパ。


— CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日
のりこえねっとで野間が秋葉原での選挙妨害を弁解。「在特会が先にやった」という論理。妨害された共産党候補は「卑劣な集団には負けない」と、安倍総理と同じようなことを演説している。自民は在特会と共闘してないが、しばき隊と共産党は共闘関係。

— CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日
在特会の選挙妨害も、しばき隊の選挙妨害もダメに決まっている。自民党は在特会と全く協力するようなことはないが、しばき隊と共産党は共闘関係。国会前デモも一緒にやってきた。しばき隊の選挙妨害にはメディアまで加担している。どちらの方が悪質か、明白ですね。


— CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日
【秋葉原選挙妨害事件】しばき隊に交じって「安倍やめろ」と叫んでいたのは京都精華大学専任講師・白井聡 赤旗で共産党待望論を主張するバリバリの共産党シンパ〜ネットの反応

http://anonymous-post.com/archives/8981





革命によって日本をひっくり返すことを肯定して止まない共産党シンパである白井聡。

共産党はシールズにせよ、「一般人」のフリして悪質な破壊活動を行い印象操作を行っているし、そのごく一部の行儀の悪い共産党員を大勢の民衆であったかの如く報道する日本のメディアはもう価値は喪失されている。

言論の自由を奪い、
しばき隊と共謀して
全く演説を聞かずに妨害し、
大部分の安倍首相の話を聞きに来た人たちへの不快感は相当なものであったと思う。


ちなみにさっきの白井って名前のアカは
以前こんな本を共著として出してましたが


no title

そもそも「反知性主義」を理解せずに
ただ「反自民」「反安倍」「反日」を主張したいメンツがごちゃごちゃと書いてるが、意味を取り違えている。

「反知性主義」とは知的権威やエリート主義に対して懐疑的な立場主義をとるものだが、この方たちはただ「知性に反する=アホ」が日本を悪くしていると解釈している(爆笑)


あ、関西のヒダリ巻アカツートップ、白井聡と内田樹が揃って書いてるなw

ホントにこういう「反知的=アホ」なアカ学者どもが「有識者」とか言われてチヤホヤされてる現状こそが日本の憂うべき点でもある。




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事