ここから本文です

書庫全体表示

[社説]日本は「独島挑発」の妄想を捨てろ 〜東亜日報〜


JULY 14, 2008 08:11

日本政府が今日、中学校教科書の学習指導要領の解説書に盛り込まれる独島(トクト、日本名竹島)についての方針を発表する。歴史的にも実効的にも韓国の領土であることが明白な独島について、日本があれやこれやと口を出すこと自体、口から出まかせである。日本は理性を取り戻して独島への不当な欲求をあきらめるだろうか。それとも、歴史と現実を無視して、妄言で韓日関係を破綻に追い込むだろうか。選択と責任は、あくまでも日本側にある。

日本から聞こえてくる話は尋常でない。共同通信は昨日、福田康夫首相が先週のG8会議に出席するため北海道を訪問した李明博(イ・ミョンバク)大統領に、「竹島は日本の領土」であることを解説書に明記する方針を伝えたと配信した。大統領府はこれを否認したが、日本政府は口をつぐんでいる。日本の複数の新聞は、「日本の固有の領土」という直接的な表現を避ける方式で、韓国側に配慮するだろうとの見通しを報じた。人の国の領土について、「配慮」云々と書く日本マスコミの報道姿勢もまた筋が通らない。日本がどんな策略を使っても、独島が韓国の領土であるという真実を覆い隠すことはできない。


福田首相は今年4月20日にあった李大統領との首脳会談で、「未来志向の韓日新時代の開拓」を約束した。ところが、わずか3ヵ月も経たないうちに、隣国の背中にドスを突きつけるのなら、どの国が日本と日本の首相を信頼するだろうか。これまで日本政府と要人たちは、なにかと独島問題を持ち出しては韓日関係に波乱を起こしてきた。首相と閣僚、政治家らは、日本国民を意識して根拠もない主張をして友邦を刺激するような情けない言動を繰り返している。


日本は恥じるべきである。日本政府が再び強引に押し付けるなら、韓国政府と国民は厳重に対応せざるを得ない。それによって傷つく両国関係については、その責任のすべてを日本が負わなければならない。



さて、竹島は言わずとしれた日本固有の領土であります。


1899年『大韓地誌』 (大韓帝国の最初の地理の教科書)


イメージ 1



大韓帝国の領域は、北緯33度15分〜42度25分。
東経124度30分〜130度35分。

竹島は東経131度52分である。


即ち「鬱陵島までが韓国の領土」と断言している。




しかも


イメージ 2


イメージ 3



何度も何度も「日本海」と書いてますけど?

アンタら「東海」って言うてたんとちゃうん?






大東亜戦争、終結後の史料では・・・


1947年『朝鮮常識問答』(韓国の常識Q&A)


イメージ 4


韓国の領域は、東経124度11分〜130度56分23秒と書いてある。


竹島は東経131度52分である。


翌年の「常識」によると・・・

1948年『朝鮮常識』(韓国の常識)


イメージ 5



「韓国の最も東の島は東経130度56分23秒の竹嶼(チュクド)だ」と書いてある。

(注)チュクド(Chukdo)は鬱陵島の北東にある小さな島。 漢字で「竹島」と書いてあるのが、チュクド(Chukdo,チュク島)の事で、独島ではない。


日本は1905年1月28日日本は閣議で竹島と命名し、領土に編入した。
島根県知事は同年2月22日「島根県告知四十号」として発表しており、韓国もそれを知っていながら、抗議していない。
竹島は日本領土だと本当は理解しているのである。





社説の中で「歴史的にも、実効的にも」と書いてるところに朝鮮人の本音が見えており、

「実効支配してるし、オレたちのもんニダ。」とヤツらには言い張るしか術はないと思われた方、

↓をクリック、お願いします。



この記事に

  • これだけの資料をこれだけ判りやすく記述した例は初めてみました。
    大傑作です。
    こうした証拠を突きつけても、朝鮮人は例外なく逆切れして火病るだけというのが伺えます。それに日本人が音を上げるのを奴らは待っているのです。朝鮮人の逆切れ踊りを恐れてはいけません。
    傑作くつくり☆

    カラカラ

    2008/7/16(水) 午後 4:56

    返信する
  • 白龍さん 転載感謝です。
    竹島の正しい現実をたくさんの日本人に知ってもらうべきです。
    メディアはツンボ(差別用語)桟敷に置こうとしています。

    れおん

    2008/7/16(水) 午後 11:01

    返信する
  • カラカラ帝さん ファビヨって論理的な議論になりませんよねw
    そんな国との友好なんて失う以前に最初からなかったと誰か言ってあげて下さい。(f´▽`)

    れおん

    2008/7/16(水) 午後 11:07

    返信する
  • とてもわかりやすい資料でした。
    こうしたはっきりとした物的証拠を突きつけてもダメなんでしょうか。
    転載させていただきます。

    [ がらてあ ]

    2008/7/17(木) 午前 11:01

    返信する
  • 転載します。

    火病りすぎ。せめて自分たちの言ってることぐらい確かめとこうよ。韓国なんて国際司法裁判所から逃げてるチキンの集まりです。

    [ 大手町 ]

    2008/7/17(木) 午後 2:55

    返信する
  • galatheaさん 転載感謝です。日本政府もそのくらいしてもいいかと思いますが、「配慮x2」の腰抜けばかりでムリそうですね。

    れおん

    2008/7/17(木) 午後 6:59

    返信する
  • 大手町さん 転載感謝です。 チキン野郎はキチンと議論できませんね。
    いったい半島人は何を考えてんでしょうね?

    れおん

    2008/7/17(木) 午後 7:00

    返信する
  • TB追加

    coffee

    2008/7/18(金) 午前 1:44

    返信する
  • これは貴重な資料です。
    転載させていただきます!

    [ - ]

    2008/7/20(日) 午後 1:57

    返信する
  • れおんさん、はじめまして。
    竹島、尖閣、北方領土と、このままでは子孫に領土として残せません、ヘタレ政治家や、パチンコCMなんぞで乗っ取られたマスコミはあてにできません。貴重な資料です、もっと、国民に簡単に領土を周知認識できる方法を考えていますTBさせてもらいますので、是非ご意見伺わせて下さい。

    [ - ]

    2008/7/21(月) 午前 11:39

    返信する
  • coffeeさん TB感謝です。

    れおん

    2008/7/22(火) 午後 4:34

    返信する
  • 内緒さん 新しい?私は新しいのも古いのも読めませんがw (f´▽`)

    れおん

    2008/7/22(火) 午後 4:34

    返信する
  • ラウルさん 転載感謝です。 みんなに知ってもらいたい史料ですね。

    れおん

    2008/7/22(火) 午後 4:35

    返信する
  • jonronさん おっしゃるとおり、現状のメディア、政治、どれも反日が社是になってますので期待出来ませんね。小さな力でどこまで広げれるか、是非私も頑張りたいと思います。

    れおん

    2008/7/22(火) 午後 4:37

    返信する
  • この史料を使って記事を作りました。
    TBします。

    coffee

    2008/7/30(水) 午前 0:52

    返信する
  • coffeeさん ご紹介頂き感謝です。

    れおん

    2008/7/30(水) 午前 9:45

    返信する
  • 顔アイコン

    TBします。
    竹島は日本領です。

    千葉日台

    2008/8/6(水) 午前 7:31

    返信する
  • 千葉日台さん TB感謝です。 竹島は日本領です。

    れおん

    2008/8/6(水) 午後 0:18

    返信する
  • 顔アイコン

    れおん様。
    初めまして。矢羽と申します。
    貴重な証拠資料を拝見させて頂き大変感謝です。
    この竹島の記事を後ほど転載をさせて頂いてもよろしいでしょうか・・・
    ブログを始めたばかりで下手な状態でお願いするのはいけないと思うのですが、
    出来ましたらどうか転載の許可をよろしくお願いしたいです。m(__)m

    [ 矢羽 ]

    2010/2/22(月) 午後 9:37

    返信する
  • 顔アイコン

    れおん様。
    ご訪問と転載の許可を頂き有難うございます!!
    早速、転載させて頂きます。有難うございます!!

    [ 矢羽 ]

    2010/2/24(水) 午前 0:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(12)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事