ryukkeの千鳥足

よれよれになりながら、音楽・美術・旅行について好き勝手に言いまくります

全体表示

[ リスト ]

 今回の来日公演はサポートメンバーを全く起用せず、トリオとして演奏してます。このシンプルな編成で考えると、一番どんな形で聞かせてくれるだろうと想像しにくいのが、今回紹介するアルバムゴースト・イン・ザ・マシーンからのナンバーです。

このアルバムからプロデューサーが変わりました。ヒュー・パジャムです。ポリスの最後の2枚のアルバムだけでなく、スティングのソロアルバムも含めしばらくの付き合いになります。

この頃はスティーブリリーホワイトの下、エンジニアとして活躍していました。この前年、フィルコリンズのソロアルバムを手がけて、プロデューサーとしても脚光浴び始めた時期です。

このフィルなどプログレ系のミュージシャンと関わったこともあり、全体的により内向的な雰囲気が、全体的に漂ってます。シンセサイザーがより大胆に導入されたり、ホーンセクションも起用されてます。

さらにバラエティなアルバムになってますが、その分かつてあったバンドの一体感みたいなものは、希薄となってます。特にアンディー・サマーズの影が薄い気がします。

前作でアメリカで本格的にブレイクしましたが、このアルバムは遂に2位まで上りました。

作品の傾向も含め次作のシンクロニシティに繋がるアルバムといっていいでしょう。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

はじめまして!
このアルバムってうちにこもった印象だったけど
そっかー内向的かー いい言葉ですね!
マニアックかもしれませんが
9曲目のオメガマンがすきなんです たまらない!

2009/2/24(火) 午後 10:43 [ shigeru ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。私も最初聞いたときはやはり戸惑いましたね。評価はあまり高くありませんが、彼らにとって転機となった1枚ですね。個人的にはSECRET JOURNEYが好きです。

2009/2/25(水) 午前 8:41 [ xxtc12 ] 返信する

顔アイコン

SECRET JOURNEYですか
おたがいマニアックですねー(笑)

2009/2/25(水) 午後 0:30 [ shigeru ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事