ここから本文です

書庫SR

記事検索
検索

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

☆Wonderful days 0522☆

10日間のGWは・・

イメージ 1

カーポートを少し改造することにした。

イメージ 2

並行して家の壁も一面だけ塗ることにした。ちょっと遠慮して半分にしていたけどこの際

イメージ 3

全部塗る。

イメージ 4

これはこれでよい。そして・・

イメージ 5

壁を作ってみた。

イメージ 6

ガレージっぽくなったかな?で、

イメージ 7

折りたためる作業棚を作ってみたり・・

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

色々作ってみたり・・

イメージ 11

DIYな休日を満喫した。環境を整えて、次の準備に取り掛かる。

そして5/22

イメージ 12

残り1日で車検を受ける。

イメージ 13

毎回なんだけど・・今までそんなこと言わんかったやんけ!というようなことを言う。
そして今まで何ら問題がなかった光量なんかで落ち、電球を買ってトイレのような明かりで受かるという意味が分からない結果を受け取る。仕事がら検査の確からしさというところが非常に気になる。特に光の量を測るに昼間の外で正確に測れるとは思えない。電球で合格するところを見ると、昼白色に近い色は不利になるのではないかと想像し、それは光量の検査として正確か疑問に思う。なんだかんだ言いながらもまた2年間遊べることになった。

☆Wonderful days 0428☆

月日が経つのは早い。そして僕らは日々変化の中を生きている。この変化を受け入れること、順応していくことは非常にツライ時もある。しかし乗り越えた先に見えるもの、得るもの、そして失うものがそこに存在する。とりあえず少しだけ乗り越えた。

イメージ 1

まずは止まっていたものを動かす。時間を取り返すために。

イメージ 2

少し前だけど…GWの最初。hikariくんと伊根にゆるい感じで走りに行く。しかし走りに行く前にもお互いに色々あって笑 何回もコーナンに行った笑

イメージ 3

会社の保養所がなくなってから夏のツーリングもしていないし、伊根なんかそうそう行かないような気がするけど、なんだかんだでhikariくんとはよく来る。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

歩いて近くのカフェに向かいます。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

外国からのお客さんがいると、それだけで良い雰囲気になったりします笑


イメージ 18

何回も行ったけど・・こんな場所もあったんだな。。

で、近くで遅めの昼食もこれが当たり☆

イメージ 19

良い感じで満たされて
経ヶ岬に行って。。。


イメージ 20

強制登山笑

イメージ 21

最近山登るの多いような・・・・・

イメージ 22

こんな感じで何回も行っている場所でも踏み込んでいない未開の地が存在することを再認識した。遠くに行きたい、外で遊びたい。でも雨も降るしバイクの限界はある。

でも見たいと思うし、行きたいと思う。

イメージ 23

さぁ・・次は車検の準備。

☆What are you doing bud?☆

2018.10.08

イメージ 1

今見えている視界でその先を判断して躊躇する。その先を信じて進んだ先にしか見えないものがそこには存在する。今日はそれを見た。ありがとう。また行こうな。
あんまり写真を無駄に撮らないのは前から変らないけど、最近特にヒドくなった。
ツーリングに行く前日もいつも通りにハプニングに見舞まわれ・・・見事にそれを乗り越えるも(大したことない)一切記録なし。

集合して一番乗りも一切記録なし。

暑さを考慮して距離も短めにまずは・・

イメージ 1


まずは初詣に行きます。

イメージ 2

イメージ 3

しかし目的は

イメージ 4

かき氷◎みんなバラバラになるように頼んだらこれになりました。最終的にまっきんにもhikariくんにもシロップを分けてもらい‥完食☆一気に体温を下げて、その後も休憩を挟みつつ・・

イメージ 5

今回の目的地:伊吹山に到着☆

イメージ 6

駐車場からも景色は楽しめますが・・・どうやらここにはないらしい。。。

今年の夏の思い出という名の「達成感」

イメージ 7

疲れているのでやめとこーかなんて話していたけど・・

イメージ 8

何かを成し遂げると最初に言ったので

イメージ 9

下から見上げた時はとんでもなく遠く感じたけどすぐだったな。でもそれは結果論であってやっぱり登っているときは辛くてしゃがんだりした。それを忘れるんだよ。登りきると。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

撮れたかい?笑 おもしれーよな しんどいことこそ。でも人はどんなに苦労して高い場所に移動しても結局・・・

イメージ 13

足元の小さなことの方が結局気になるらしい。笑

イメージ 14

天気予報をよくみる。今回もそう、それを軸に行く方向を決めた。雷が聞こえる・・この場所に長居することが危険だと登る前から感じていた。予報はあくまで選択のための情報でその通りにならなくても誰のせいにもできない。自己責任・・・とはよくいうけど、責任なんか誰もとらないし、とれないよな?笑

いや、そうじゃないな

イメージ 15

失敗を結果としたときに責任を口にするけど、そうじゃないよな。
結果に責任をとるのであれば、失敗はなしだな。今回で言うなら無事に帰ること。雨とかミラーが片側落ちてどこかにいったとかひっくるめて、無事ならそれでいい。

イメージ 16

下りていくときに短い靴下のせいでくるぶしが靴擦れしてしまった。

イメージ 17

以前に同じようにまっきんが靴擦れになったらしく、バンドエイドをくれた。hikariくんは以前まっきんのクラッチケーブルが切れた日から毎回クラッチケーブルを持ち歩いている。
同じ失敗はしない。彼らはちゃんとそうやって生きているね。僕は同じ失敗を堂々とするので、誰かに助けられながら、何かに守られながらこの先も行けるなら・・きっともっともっと世界は広がる気がしている。笑

イメージ 18

旅の終わりに本日最後の未体験を口から入れて今回はこの辺で☆
強烈過ぎたな笑

イメージ 19

解散後は雨が上がった街を抜けて、一度も濡れることなく帰宅☆根拠のない自信と強運が相変わらずあるらしい◎

イメージ 20

2018.0813 伊吹山

イメージ 1

2018.0813 伊吹山
何かを成すにはまず上を見上げるだろう。見上げた先の見えている距離でさえ、苦労を想像すると人はそれを後回しやなかったことにしたがるものだ。でも見えているならそれは想像しているよりもはるかに近い。一緒に進む仲間がいるなら尚更それは実現可能となる。

きっとこれから高い目標を立てた時、必ず思い出す。
そして登ろうとするんだ。登った先に何もなくても。


全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事