雪まるだのブログ

遂に理想の音質を達成♬やってやったぜ

全体表示

[ リスト ]

BM-1を聴くその1

ヤマハDSPなどとBM-1はどこが違うのでしょうか?

両者ともデジタル処理をしてCDなどの2チャンネルステレオから音場再生していくのは同様です。
ヤマハDSPの場合は再生音源に収録されている音、要は普通に聴いている音(直接音と間接音)に対して
まるまるディレイをかけたりF特性を変えたりしてホールの実測データから初期反射音を再現していきます。

もしも音源に含まれている直接音にのみ処理をしてプレゼンススピーカーから再生出来れば
結構良い線をいくと思います。(部屋はデッド無響室がベスト)

でも現実には直接音と間接音の両方に処理がかかってしまうし部屋をデッドにするのも必要ですが、評論家すら
やっていなかったし(高島誠さんは別)やるのも大変です。
更に原理的に無響室で録音した音源がベストでしたがヤマハ自体も販売していない有様でした。

結果どうなるかというと風呂場でならしているようになってしまいがちでメインのステレオ2チャンネルよりも
レベルの低い装置から追加された音が全体のレベルを下げてしまうというジレンマが発生していました。

こうして振り返ると普及するのは無理があったしただでさえ保守的なオーディオマニアがやるはずもありません。

結局のところ普通のステレオ再生の音質追求に明け暮れるという事が現在まで続いています。

ひたすら2チャンネルステレオの音質を極めて行ってもクラシックコンサートやジャズライブの豊かな音には
届かない、だから原音再生なんて無理である。
だったら自分の好きな音で楽しんでいればいーじゃないかという夢のない話が多いように感じてなりません。
どうせ原音再生が無理という人達は仮に原音再生可能な装置が開発されたとしても聴きに行ったり
購入を考えたりしないんですかね?
騙されると思って信じないのかな、今までの経験からしてとか言って。
誰かが原音再生出来るはずだと信じて研究開発していくから進歩するのであってそういう意味でヤマハがやっていたDSPも応援していたし実際にやっていました。
今回のBM-1も原音再生を本気で狙った製品でその意味で自分は大いに持ち上げます。
ただしデジタルを否定している人や原音再生は無理と思っている人には全く不要なものですので。

続く


閉じる コメント(2)

記事を拝見しているだけでも雪まるださんの理想の音を出すのにBM-1が必須、というのが伝わってきますね(^^)

2018/2/9(金) 午前 10:59 [ audiofun ] 返信する

顔アイコン

> audiofunさん

いわゆるホールトーンを再現するには必須ですよー♬

2018/2/9(金) 午後 4:39 [ 雪まるだ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事