雪まるだのブログ

遂に理想の音質を達成♬やってやったぜ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

BM-1を聴くその2

つづきです。

BM-1の大きな特徴は残響分離出来るというところが今までになかった画期的な機能になります。

つまり普通の2チャンネルステレオ音源に含まれる間接音のみを分離して取り出せるところですが
ピンと来ないでしょうか?

無響室で録音しない限り収録された段階でマイクには直接音と間接音が入っていますね。

その間接音だけをリアやサイドに設置したスピーカーから再生して音場再生していくのです。

そしてその間接音には直接音を少し混ぜたりあるいはディレイをかけたりして調整可能です。

たったこれだけの事なのですが元々入っていた間接音を利用するわけですからその音は
実に自然なんです。
(下手くそな歌手の声に電気的に加工したりしていると裏目にでます、そんなの聴かないけど)

☆BM-1で聴く☆

聴いて驚くのは音像が鮮明になるというところなんですね、不思議としか言えません。
嘘だろーと思われている方も多くいると思いますが本当だから仕方ない。
スピーカーが増設されて定位が悪化したりぼやけたりしないかと心配するのが普通です。
しかも特定の音源でそうなるのではなくてほぼ全ての音源で鮮明になります。

それとともにホールで収録された音源クラシックなどは本当に心地よくてオーディオ臭は消えてしまいます。

ちなみにリアスピーカーの音量は小さめで鳴っているのかわからないという人もいるのかなと思えます。
リア音量を上げると奏者から離れていくイメージなので好みで調整できますね。

それにしてもこれは画期的な機器です、良く作ってくれましたね♬

普通の2チャンネルステレオで充分という方々が殆どだと思われますがこれはもっと多くのマニアさんに
体験していただきたいですね。
否定的に見たりしないでまずは体験してからだと思います。
想像してもわかりませんよ絶対。

デジタル技術はこのような使い方が大切でアナログ処理では出来ないですねー。
流石世界初のデジタル録音をされた方はやることが違う。

試作機みたいな本機ですがアイエー出版にて販売中です。
価格は135500円(税込み送料込み)

拙宅でよろしけれBM-1の体験ができますのでお気軽にゲストブックにでも書き込みしていただけたらと思います。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事