雪まるだのブログ

遂に理想の音質を達成♬やってやったぜ

残響分離制御ユニットBM-1

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

BM-1の情報

情報が少ないBM-1ですが公式HPを見つけました。


↑たった1ページしかないのですが一応ご紹介という事に。

↓トップページ

トップページの下のほうに自分のブログがリンクされていました(笑)

買い方も価格も書いてないしこれじゃあ・・・。




開く コメント(7)[NEW]

開く トラックバック(0)

BM-1を聴くその2

つづきです。

BM-1の大きな特徴は残響分離出来るというところが今までになかった画期的な機能になります。

つまり普通の2チャンネルステレオ音源に含まれる間接音のみを分離して取り出せるところですが
ピンと来ないでしょうか?

無響室で録音しない限り収録された段階でマイクには直接音と間接音が入っていますね。

その間接音だけをリアやサイドに設置したスピーカーから再生して音場再生していくのです。

そしてその間接音には直接音を少し混ぜたりあるいはディレイをかけたりして調整可能です。

たったこれだけの事なのですが元々入っていた間接音を利用するわけですからその音は
実に自然なんです。
(下手くそな歌手の声に電気的に加工したりしていると裏目にでます、そんなの聴かないけど)

☆BM-1で聴く☆

聴いて驚くのは音像が鮮明になるというところなんですね、不思議としか言えません。
嘘だろーと思われている方も多くいると思いますが本当だから仕方ない。
スピーカーが増設されて定位が悪化したりぼやけたりしないかと心配するのが普通です。
しかも特定の音源でそうなるのではなくてほぼ全ての音源で鮮明になります。

それとともにホールで収録された音源クラシックなどは本当に心地よくてオーディオ臭は消えてしまいます。

ちなみにリアスピーカーの音量は小さめで鳴っているのかわからないという人もいるのかなと思えます。
リア音量を上げると奏者から離れていくイメージなので好みで調整できますね。

それにしてもこれは画期的な機器です、良く作ってくれましたね♬

普通の2チャンネルステレオで充分という方々が殆どだと思われますがこれはもっと多くのマニアさんに
体験していただきたいですね。
否定的に見たりしないでまずは体験してからだと思います。
想像してもわかりませんよ絶対。

デジタル技術はこのような使い方が大切でアナログ処理では出来ないですねー。
流石世界初のデジタル録音をされた方はやることが違う。

試作機みたいな本機ですがアイエー出版にて販売中です。
価格は135500円(税込み送料込み)

拙宅でよろしけれBM-1の体験ができますのでお気軽にゲストブックにでも書き込みしていただけたらと思います。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

BM-1を聴くその1

ヤマハDSPなどとBM-1はどこが違うのでしょうか?

両者ともデジタル処理をしてCDなどの2チャンネルステレオから音場再生していくのは同様です。
ヤマハDSPの場合は再生音源に収録されている音、要は普通に聴いている音(直接音と間接音)に対して
まるまるディレイをかけたりF特性を変えたりしてホールの実測データから初期反射音を再現していきます。

もしも音源に含まれている直接音にのみ処理をしてプレゼンススピーカーから再生出来れば
結構良い線をいくと思います。(部屋はデッド無響室がベスト)

でも現実には直接音と間接音の両方に処理がかかってしまうし部屋をデッドにするのも必要ですが、評論家すら
やっていなかったし(高島誠さんは別)やるのも大変です。
更に原理的に無響室で録音した音源がベストでしたがヤマハ自体も販売していない有様でした。

結果どうなるかというと風呂場でならしているようになってしまいがちでメインのステレオ2チャンネルよりも
レベルの低い装置から追加された音が全体のレベルを下げてしまうというジレンマが発生していました。

こうして振り返ると普及するのは無理があったしただでさえ保守的なオーディオマニアがやるはずもありません。

結局のところ普通のステレオ再生の音質追求に明け暮れるという事が現在まで続いています。

ひたすら2チャンネルステレオの音質を極めて行ってもクラシックコンサートやジャズライブの豊かな音には
届かない、だから原音再生なんて無理である。
だったら自分の好きな音で楽しんでいればいーじゃないかという夢のない話が多いように感じてなりません。
どうせ原音再生が無理という人達は仮に原音再生可能な装置が開発されたとしても聴きに行ったり
購入を考えたりしないんですかね?
騙されると思って信じないのかな、今までの経験からしてとか言って。
誰かが原音再生出来るはずだと信じて研究開発していくから進歩するのであってそういう意味でヤマハがやっていたDSPも応援していたし実際にやっていました。
今回のBM-1も原音再生を本気で狙った製品でその意味で自分は大いに持ち上げます。
ただしデジタルを否定している人や原音再生は無理と思っている人には全く不要なものですので。

続く


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

20年以上前ですがヤマハのDSPをやっていました。
ヤマハDSP-1が有名なあれです、当時やっていた方いらっしゃるかな。

当時のシステム
プリアンプ ヤマハCX-10000
パワーアンプ ヤマハMX-10000
CDトラポ ティアックVRDS-T1
DSPリア用アンプ ソニーTA-F222ESJ
DSPフロント用アンプ ソニーTA-F222ESJ
ステレオ2チャンネル用スピーカー 長岡氏設計D-57 フォステクスFE-208S フォステクスT-90A 自作箱
DSPリア及びDSPフロントスピーカー フォステクスFE-108Σ自作バスレフ箱
サブウーハー ヤマハYST-SW1000
部屋八畳洋間

ラックはGTラックでしたね、懐かしい。
ヤマハDSPはプリに内蔵されていたのでそれを使用していました。

☆感想☆
それなりに臨場感があって楽しかったけど聴いていて疲れる。
ツボにハマると下手なコンサートよりも楽しめる音が出ていた。

振り返ると疲れる原因は
1 全てAC電源
2 スピーカーが6本全てが箱形で箱の形の音がする(全部フォステクスにしても繋がりが悪い)
3 部屋が普通だったけれどDSPにはもっともっとデッドにする必要性があった
4 バックロードの音が鮮烈でツィーターもホーンで音がキツイ

CX-10000のリモコンボタンで簡単に色々なホールの音に変えられるのは面白くてこれこそが
デジタルのメリットでアナログには無理な機能でしょう。
またCDを使用して再生するのも良かったと思います(アナログ入力も出来ました)。
最近ですとSACDマルチ再生がありますが持っていないしそもそも聴いた事がないのでここでは
触れません。まぁソフトも限定されているしプレーヤーも買わないといけないしで没。

続く

 

開く コメント(2)

設置

昨夜の雪は結構積もりましたねー。
拙宅の玄関に止めてある手前の愛車はこんな有様です^^;
昨夜は夜勤のはずでしたが出社不能でお休みになりました。

イメージ 1

そして朝から雪かきに・・・。

雪国の皆様からしたらその程度の積雪でなんて思われるかも知れないですが千葉はこんなもんでしょうね。

さてBM-1の取説も到着しまして読んでみたものの事前にネットで調べた事とNHラボセミナーにて知っていた事と大差ないというシンプルな取説でした(笑)。

BM-1の基礎といいますか技術はNTTが開発したもののようですね。

開発したのはオーディオのメーカーさんではありません、やはり今後のオーディオの発展には単なるオーディオメーカーさんの音質改善の技術だけではなくてあらゆる分野、あらゆる角度からオーディオを捉えていかないといけないと感じます。

保守的な趣味のオーディオで、レコードのアナログ再生が一番という方も沢山いらっしゃるし、そもそもいまだにデジタルを認めないとか色々あります(笑)。

パッシブネットワーク内蔵の普通のスピーカーでステレオ再生であればわざわざデジタルにしなくてもレコード再生で充分に高音質を狙えますし実際に素晴らしい音質で楽しんでいらっしゃる方も数多く、それも良くわかっているつもりです。

しかしながらパッシブネットワークによるスピーカーの時間的なズレ、音の出るタイミングが音域で違うといった問題から宿命的に逃れられないです。
マルチウェイスピーカーであればデジタルチャンデバの利用でそこからある程度は改善が可能になって機能的に有利で当然デジタルでチャンデバと音源装置をデジタルで繋ぐのがシンプルイズベストになります。

最近ではカーオーディオでもデジタルチャンデバでマルチの方も多くいるみたいですね。
しかもタイムアライメントも調整したりとある意味ホームオーディオよりも本格的です。

ちょっと脱線してしまいましたがBM-1ではメインの2チャンネルステレオに更に4チャンネル追加して
再生出来るように設計されていますが拙宅の6畳の部屋でそこまでは要らないような気がするので
とりあえずの2チャンネル追加してメインと合わせて4チャンネル再生でやってみようと思います。

リアスピーカーは狭い部屋なので人の出入りとかクローゼットもあるし実はあんまり自由に設置するのは
無理^^;

ただリアスピーカーの高さをどうするかという音質的な問題があって娘と妻に手で持ち上げてもらって
高い時とメインスピーカーと同じ程度を比較試聴した結果どうも高いほうが良さそうなのでこんな感じに設置してみました。
イメージ 2


イメージ 3

リアスピーカーは簡単に取り外しできるようにダイソーで革のキーホルダーを仕入れて使っています。音質的にも革が良いのでこれしかないかな。

ちなみにこのリアスピーカーはNH-W1ですが実験でエンクロージャーのみクライオ試験をした状態で
それ以外はノーマルでいじっていません。
今後はいじってメインと音質のレベルを合わせていかないといけませんね。

↓BM-1はリスニングチェア近くに設置してPCM-D100と接続してあります。
イメージ 4

↓BM-1のアナログ出力用アンプは後ろの壁際に放り込んであります(笑)
イメージ 5

↑これはサブウーハ駆動に使っていたものを転用したもので1980円のキットを部品交換して組んだものです。

まさに打倒金満オーディオの神髄!?

そして何よりも肝心な電源はあたり前田のソーラーパネル電源にしてありますよ。
BM-1もリアスピーカー用アンプもソーラーパネル駆動出来るようにしていかないと
メインの音となじまなくなる可能性が高くてやるならここまでやってしまいましょう。

試聴はこれからなので調整も徐々にしていく感じですが音は出せるようになっているので
オフ会開催可能です。

ますます変態度が上がった拙宅のシステムですが誰かに聴いていただいて参考にさせていただきながら調整していきたいところ。

恐らく部屋の反射と吸音も再度見直しが必要になることでしょう。

なおSDカード再生が基本の拙宅ですがお客様用にCDプレーヤーでも聴けるようにしてあります。

これで今年のオーディオは面白くなってきました。

クラシック再生も増えそうです♬





開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事