ハイサイ


ニセ外人ブログはいつもブリザード


今日も真冬の話題をお届けします


前回記事にしました「基礎や基本のレッスン」ですが、それに関連して・・・


このようなレッスンを行う時って、どうしてもお客さんに1列に並んで頂き、そしてあーだこーだと長話しがあって・・・

尚且つチョット滑っては止まる、チョット滑っては止まる


こんなパターンが多いと思うんだ


自分はそれが嫌なんだよ〜


長話し聞くのも嫌だし


たいした距離も滑らないのに、一人一人ノロノロ出発するのも嫌


たまーに、出発するのがチョー遅い人もいるじゃん


それって犯罪よ


たしかに、細かい事を教えるって事も重要なんだけど、先生によってはこの細かい事を半日も・・・1日もやる人がいるからね


そんな中で、この絵を見てもらいたい

イメージ 1
これは受講生9人が並んでる所です


常設や団体レッスンだったら普通にある光景ですが、この人達が一人づつ滑って、チョット滑ったら止まって・・・・また一人づつ滑って、チョット滑ったら止まる 


なんてことしたら時間ばっかり過ぎちゃうよね


おまけにブリザードだったらお客さんは地獄だぜ


だから、長い講釈聞いて チンタラ滑るのは嫌いなんだよ〜


長話し聞いたって上手くなんないつーの


・・・・・・

あとね、研修会とかで15〜16人くらいの講習を経験したことがある人もいると思う


その時の風景を絵にしたので客観的に見てみよう


こんな大所帯です



イメージ 2
この時に20秒間隔で出発したら、320秒


時間にしたら15分かかります・・・・


あ、ゴメン5分20秒だった


何はともあれこれだけの時間、上か下で待ってなければいけない


それも、リフト1本で5回以上やられたら寒い日は凍るで


こういった事を平気でやる先生もいるからね


自分の話に酔っちゃう人


サイアクー


過剰に基礎とか基本とか言う人はこういう人が多い・・・・と思う


スキーって理屈じゃない


滑ってナンボ


理屈は手短に、そして受講生に配慮できるレッスンを身に付けなくっちゃ


何はともあれ、チョット滑っては止まるレッスンは嫌なんだよ〜



チョット滑っては止まるレッスンはチョー嫌って人はぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

8月も中旬です


毎日がたしかに暑い


だけど、確実に秋は近づいてるよ


ふふふ


さて、このブログは通年スキーシーズンです


今日はこんな話題を記事にしたいと思います


それは「基礎や基本に執着しないレッスン」


どーいう事かというと、指導者によってレッスン内容は様々です


ネチネチやる先生から、ガンガンやる先生まで


話の長い人もいれば、短く要点だけいう先生も


そして、基礎や基本に執着する先生もいれば、そうでない先生もいる


「基礎が大事」「基本が大事」


それはそれでイイと思う


先生だけでなく、受講者だって基礎や基本という言葉が大好きな人もいるし


そんな中、自分は基礎や基本には執着しないレッスンが好きだな


そもそも、基礎や基本ってハの字だったり、外脚だったり、低速だったりを言う人が多いけど・・・・その基本をやるとスキーは本当に上手くなるのだろうか?


「シーズン初めは基本だ」という事で、毎年毎年 シーズン初めは基本をやって・・・

ついでにシーズン中も基本をやって・・・尚且つレッスン入って基本をやってる人もいる


よくよく考えると、滑れる人が基礎や基本を必要以上にやっても変わんないよ

そんな気がする


何より基本が多いと、逆に実践が遠く感じちゃう


自分が思うには執着するんだったら実践や応用が理想です


はっきり言ってハの字や低速はつまんないからね


・・・・・

で、

実際に多くのスキーヤーが限られた時間の中でスキーをしてるわけで、ハの字や低速の時間が多いと勿体ないんだよね上達しないし


ハの字や低速って、ゲレンデの端に1列にならんで先生の長い話を聞いて、チョット滑っては止まって・・・またチョット滑っては止まって って多いパターンじゃん


限られた時間の中でのスキーですからハの字や低速だけで そのうちお迎えがきちゃうよ


つーことで、少なくとも自分は基礎や基本に執着しないレッスンをしています


こっちの方が楽しいし上手くなると思うんだけどね


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

アニョハセヨ


前回記事にしました「ヘルメットの話題」ですが、これはいつも盛り上がりますね


また今度記事にします



いきなりですがみなさん、デジエントリーって知ってますか?


スキーでもそれ以外のスポーツ大会で使った事ある人もいるでしょうし、県連によっては行事の申し込みを既にデジエントリーにしてるところもあるよね


知らなきゃはじまらないデジエントリー


今日はデジエントリーを記事にして、尚且つそれについて色々意見を頂ければと思ってる次第です


ます、デジエントリーとは何か?


ひと言でいうと スポーツの大会・行事等をここで申し込める


HPではこのように書かれてます


イメージ 1



付け加えて説明すると


今まではどこかで申込書を入手したり、インターネットで申込書を印刷して記入して送付してたでしょ


それが、サイト内でできちゃう


プリンター印刷も面倒臭いし、封筒買って、切手買って送るんだって手間だよね


しかし、デジエントリーなら最初に自分の名前や住所等入力しておくので、申し込みは超簡単


次の大会や行事を申し込む時はもっとラクチンよ


振込みはペイジーやコンビニでもOK もちろんネット振り込みもできる


でね、主催者側だってメリットがある


大量申込書が封筒で送られてきて、申込書みたら記入漏れがあったり解読不能な文字があったらたまったもんじゃないぜ読めない字書くんじゃねーつーの


それを解消


主催者側も参加者側も楽々〜ってこと


なので近年は各種スポーツ団体が大会等を開催するにあたって多く利用されてます


スキー団体だって、都道府県スキー連盟もこれを利用して研修会や技術選をここから申し込めるようになってます

  


このブログを見てる方で使い慣れてる方は便利さを感じてる人も多いと思いますが


使った事のない方も多いと思います


「俺に使えるかな〜」「俺はオッサンだから無理だよ」なんて・・・


そんなジジ臭いこと言ってんなって


昔は申込書をどこかで入手して、手書きで記入して現金書留で送ってたと思うんだ


それが、銀行振り込みになった時に、「銀行振り込みなんて俺にはムリ」って思ってた人も知らず知らずに銀行振り込みができるようになり 時代についていったと思うんだ


これからの時代 デジエントリーを使っての申し込みは多くなります


この冬から導入する団体も絶対あるハズです


ここで少しでもやり方を知っておきましょう





なので、使ったことのある方 是非感想をコメントください


メリットでもデメリット、どちらでもいいです


また使った事のない方も何かしら、コメント頂ければ嬉しいです


みんなで情報を共有して時代についていきましょう


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(20)[NEW]

開く トラックバック(0)

ヘルメットの価値観

ハイサイ


本日もご来場いただきありがとうございます


真夏ですがスキーの話題満載でお届けします


さて、前回の記事で あるコメントを頂きました


それはヘルメットに関する事なんですが、それに対して他の方からもメッセージ頂きましたので 今日はそれを元に記事にしたいと思います


(○○さん、××さん、△△さんコメントありがとうございますブチュー)



最初に頂いた○○さんのコメントがこちら


イメージ 1




それに対してニセ外人はこのように返信しました


イメージ 2




そして××さんからもコメント頂きました


イメージ 4




××さんにこのように返信しました


イメージ 3



ちなみに「モンペ」ってモンスターペアレンツ?のこと・・・と思う


教師(イントラ)、学校(スクール)に文句言う人ね


だから、これらを引き合いに出すのは控えないとモンペに間違われるよね





△△さんからもコメント頂きました


イメージ 5




このように返信しました


イメージ 6



まあ、△△さんがおっしゃってるように「普通のスキーでヘルメットが必要な場面ってそうそうない」

臨機応変、ケースバイケースで使い分けする

決めつけないほうがいい


これが正論だと思いますが


ヘルメット嫌い、被らない人が


たまたま頭を打って大ケガ・・・・血がダラダラ


自業自得ですね



これに対して


「俺は頭を打ったけどヘルメットをかぶってたので大事に至らなかった」(自慢



よかったじゃん


ヘルメットは必要って思う人は被ればいい


・・・・・

ヘルメットかぶってれば安全なのではなくて、安全装置の一つ


他人は他人、それぞれの価値観で滑ってるんだから、他人のことは気にするなって


これでいいんじゃないのかな


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(30)

開く トラックバック(0)

ナマステ


先日、hotさんからこんなコメントを頂きました


「最近、スポーツ界の問題が取り上げられて おかしい事をおかしいと言えるようになりましたね」


そう、理不尽なことを「それは間違ってる」と言える時代になったってことです


まだそれは道中半ではあると思いますが、スポーツ界の体質は徐々に変わろうとしています


そんな中、今日は昔のスポーツ界の体質にも踏み込んで記事にしたいと思います


たとえば昔こんな経験をお持ちの方はいらっしゃらないだろうか?


炎天下の運動でも水を飲むことさえ許されない


また、監督や先輩に殴られたり蹴られたりしたことがある



自分は多々あるよぉ〜ワッショイワッショイ


今でも思い出すと超ムカつくことがあったんだけどその話をします


高校生の時にスケート部に入ってて、真夏に地域の高校3校が集まって合同合宿してたんだ(女子高もアリ)


その中の一環で メチャ暑い日に15km走らされたんだよね


一般道路を走らされたんだけど、何人かの生徒がダウン寸前で途中にあった水道で水を飲んだんだ


水道が1つしかなかったので自分は仲間が飲み終わるのを待ってたんだけど、その時に教師が来て「水飲むな」って怒られたゲー


自分はまだ飲む前だったんだけど、怒られたんでそのまま走り出した

・・・・

どうにかゴールして皆が集まった時にその教師が「さっき水飲んだヤツ前に出ろ」って言ってきた


数人が前に出て、そして自分は飲む寸前だったんだけど、飲もうとしたのは確かなので男らしく前に出た


すると教師が自分たちに怒鳴り殴り始めたんだよね


殴り始めたら、エンジンがかかっちゃったみたいでボコボコ殴り始めた


その中で自分が一番殴られたんだよぉ


他の奴は確かに水を飲んでいた


自分は本当は飲んでないのに多めに殴りやがってチックショー


女子高生をはじめとした大勢の部員の前でマジ公開処刑だぜ


先輩や監督に殴られた事は色々あるけど、これが一番ムカついてる


何はともあれ、スポーツ界ではこんな事が普通にあって、弱い立場の生徒たちはされるがままだったんだよねクソー


でも、今は違ってきてる・・・・よね


あまり殴らなくなった

水飲んでも怒られないみたいだし



いつがきっかけ?


何かきっかけがあったはずだ


そう、誰かが「これはおかしい」と声をあげたから変わってきたんじゃないかな?


スポーツ界の理不尽をまかり通す体質の中 「これは違う」と誰かが声を上げる


これが大事だと思うんだ

・・・・


最近の女子レスリングにしても、アメフトにしてもボクシングにしても 発起人となって声を上げてる人って相当の覚悟があってやってると思うんだ


失敗すれば完ぺきに干されるし


スポーツの未来の為に戦ってくれてると思います


「おかしい事をおかしい」と徐々にですが言える時代になってきたのかな


ボクシング界をはじめスポーツ界、何よりも基礎スキー界が良い方向に進んでくれることを望みます


・・・・

それにしても、あのスケートの教師 超ムカついた〜


今だったら逆にオマエを女子高生の前で恥ずかしめにあわせてやる〜


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(24)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事