ネットを見てると幾つかのスキー場がオープン日を発表されましたね


間もなくシーズンですよ


ちなみにこのブログは1年中シーズンです


つーことで、今日もスキーの話題全開でいきますよ

イメージ 1




さて、本日は指導において常々感じるある事をテーマに記事にしてみます


それは、「無難な指導と思い切った指導」



たとえばストックを持たずにコブに入るとか


はたまた、凹凸を使って高くジャンプターンをするとか


長い距離を延々小回りとか



でね、普通のレッスンでこんな事は中々やらないと思うんだ


ましてや、個人ではもっとやらないし


一方、コーチがいるようなトレーニングだったら結構やるよね


これはコーチングと普通のレッスンの大きな違いだと思う


普通のレッスンは怪我をしないようにとか、あまり疲れさせないようにとか、受講者の上達よりも無難な指導を優先しがちだと思うんだ


しかし、コーチングの場合、選手や受講者を上達させてナンボでしょうから、思い切った練習も取り入れる


普段は躊躇するような事をやらせたり、やらざるを得ない状況を作ったりします


これって上達にはとっても大事



やらなきゃ出来ない、経験しなきゃ感覚がつかめないって事っていっぱいある


だけど、恐怖からその一歩を踏み出した練習ができない


最後の一押し、背中を押してあげるのも指導者としての役割だと思う


無難な指導や簡単な指導って誰でもできる


低速でハの字をやって、基本が大事って言えば、それが通用するのが基礎の世界


しかし、こーいうのって上達するわけではないし、何しろつまんないんだよね(個人的意見ですが


躊躇してるものを背中を押すということは、レベルアップには欠かせないものだと思ってます


でね、ここでスキーの種目で比較をしてみる


アルペン、クロカン、フリースキー、基礎


アルペンの場合、速度MAXでポールを滑る練習をする

スピードが速いのでポールにモロに当たったら怪我する可能性もある


クロカンの場合、よだれが出ても拭けない位追い詰めた練習をする

マジしんどい


フリースキーの場合、たとえば縦回転のエア

一歩間違えれば大ケガする


アルペンもクロカンもフリースキーも本格的な選手でなくても、ほとんどの人がこのような思い切った指導を受ける


一方、基礎の場合

ハの字や低速に命を燃やしてる指導を多く見受けられる


どんなスキー競技でも「上手くなりたい」は誰もが思ってること


やっぱ上手くなると思い切った指導(練習)は密接な関係があると思います



今日は無難な指導と思い切った指導という記事でした




この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



毒ぶどうTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 6

毒きのこTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 2



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

ひでー話だ


台風のおかげで楽しみにしていたバカンスが中止になったぜ

イメージ 5



つーことで、9/17(日)と18(祝)はトランポリン修行


17日は関東某所にあるエックステックで練習


まずは場外に吹っ飛ぶ


イメージ 1

ドンマイ、ドンマイ



次は頭から落ちる

イメージ 2

マットがあったおかげで命拾いしたぜ


この日は一日中雨


湿度MAXでたんまり汗をかいたッス


翌日、18日(祝)


ピークトゥピークガレージにGO


少しでもスキーの実践に役立つように練習


うおりゃー

イメージ 3

気合入れ過ぎた




転んだ時に空中を舞う練習

イメージ 4

この日は台風一過


30度を優に超える暑さの中、飛びまくったッス

  


現在自分のトランポリンのレベルは初級者に毛が生えたくらい


だから、まだ成長できると思うんだ


できないものが できるようになったり


少しづつですが、レベルアップしてる過程が分かるし


ところが、スキーの場合 もう長年やってるので目に見えて上達するというのはほぼなくなりました


だから上手くなる瞬間なんて感覚はないんだよね


これはどんなスポーツでも言えると思うんだけど、初心者の内は数をこなせば上手くなる


自分自身でも上手くなったのが分かるし、他人が見ても分かる


でも上級者になればなるほど、それが小さくなる


今年は例年以上にトランポリンやジャンプ練習をしています


2018シーズンにならないとその成果が分からないけど、少しでもレベルアップした滑りができればな・・・って思ってる


瞬発的なものをいっぱい練習してるので、コブと小回りがレベルアップできればいいな〜


今日は連休中のオフトレ修行の記事でした


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



毒ぶどうTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 6

毒きのこTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 2



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

このブログ

ハロハロ


本日もニセ外人ブログにようこそ


インチキ臭い記事も多い中、いつも多くの方にご訪問頂き嬉しく思ってます


また、今までたくさんの方にネコ吉LINEスタンプやTシャツ等を購入頂き感謝っす

イメージ 1

イメージ 2


ヤラシイ話、毎月LINEからの売り上げ報告が楽しみです  ほんとヤラシくてすいません


このブログを見てくれる方がいるからこそ、このブログが続けられてる


だからこそ、このブログを覗きたくなるような記事を書いてるつもりです


イメージ 3



自分がこのブログを書き始めたのは2009年


はじめた当時はスキーに行った記録的なものだったんだけど、自分にはこんな思いがあった


それは、組織の封建的閉鎖的体質を改革したい

もっと基礎界を盛り上げたい(普及)という思い


↑ ↑これらは本気


だから、それをブログに綴ったんだよね


現在は技術論とか組織にモノ申す記事などは当たり前のようにアチコチのブログで見かけるが、当時はそのようなブログはあまりなかった


自分が一たび書くと容赦なくコメント欄を荒らされ、某掲示板ではクレーマー達がクソだカスだのはやし立て


実際の組織の中で批判されることも少なくなかった


こんな事を言うのもなんですが・・・


当時ニセ外人ブログを含め、いくつかのブログしかモノ申したり思い切った事を書いてなかったけど、

今は技術論や基礎とかの批判ブログがアチコチ増えすぎて、クレーマー達がどこをターゲットにしようか追っつかない状況なのかも


また現在、ちょっと荒らされたり批判コメントを受けるとブログを辞めちゃったり休んだりする人もいるけど、それじゃ勿体ないよ


ネット上はクレーマーだらけだから、そいつら以上にブログで悪タレ付くくらいの精神を持たないと


話は戻って

まあ、たかがニセ外人ブログにクレーマー達はよくこんなに過敏に反応してくれたなって思いと・・・・・


されど、多くの方がこのブログをよく読んで頂いたなって思いもあります


たいした知識や経験もないのに出しゃばった事をかけばこの世界では叩かれるのは分かってます


だけど、自分としてはずっと組織に携わり、資格も一通り取り、選手もして、普及活動だって、なにより職業としてのスキー指導をしてる


だからこそ書ける部分がある


だから書いてる


技術だって、「昔上手かったんだよ」なんて過去の事は戯言になってしまい、今現在も挑戦してなければ興味をもってくれない


ブログで思い切ったことを書くからには責任もあります


やることをやる


やれなくなったら、もうこのブログは書けないかな

イメージ 4




そんな中、このブログを長年書いていて得たものがあります


それはたくさんの方に信頼を頂いたこと


ネコ吉Tシャツやステッカーでのつながりを持って頂いた方も多く


また、クラブ設立の時には大勢の方から問い合わせが


それ以外にも組織のこと、クラブのこと、滑りのこと等々、多くの方から相談のメールや連絡を頂いたり


その人数はトータル数百人に及びます


これって、自分にとってとてつもなくスゴい事なんです


信頼していただき交流を持って頂いた方には感謝です


当初のブログの目的であるスキー普及活動が少しはできたかなって思ってます

イメージ 5



で、

たとえば、クラブに悩んでる方ってたくさんいらっしゃるんですよね


クラブに入りたいけど躊躇してる人、クラブに違和感を持ってる人


そんな人がたくさん自分の所に相談してくれてるんだよね


こういった人たちの声ってとても大事で、何を求め、何に不満を持ってるかわかる


現在、日本全国どこのクラブでも1級とか2級のスキーヤーを1人入会してもらうのも大変だと思います


たった1人が入らないってクラブは多いんじゃないかな


でもね、これだけは言えることなんだけど、クラブに入りたい人はいっぱいいる


現在どこのクラブも指導員資格を持ってる人が多く、持ってない人が少ないでしょ


この体制がメインになると将来的に普及発展は困難になる間違いない


もっと、若い人や一般スキーヤーが入ってくれないといけないよね


自分がクラブを作った時に指導員資格を持ってるのは自分だけ そう1人だけ


逆に指導員資格を持っていない人が50人入会してくれたんだ


だからね、現在クラブに人が集まらないんじゃなくて


クラブが人を寄せ付けない体質を作ってしまってる って思う


ならば、一般スキーヤーを勧誘したら人が入るかって言ったら、それはNO


やることやって、信頼を頂けなければ人は集まらないと思う


今日はチョットばかし生意気なことを記事にしましたけど、この世界まだまだ盛り上がると思います


その為にはやることやって、やらなくていい事はやらない


自分はブログを通して貢献していきたいと思ってます


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



毒ぶどうTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 6

毒きのこTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 2



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(11)[NEW]

開く トラックバック(0)

スキーとイチジク

朝晩がめっきり涼しくなりました 皆さま如何お過ごしですか


さて、このブログはスキーブログなので、どんな日常のビッグな話題があっても、無理やりスキーに絡めます


つーことで、本日のテーマはスキーイチジクですよ


うちの庭にイチジクがなってます


イメージ 1
あ、違った



↓ ↓こっち

イメージ 2


今年は大量に実ってます


食べごろに熟したものを20個採って・・・


ジャム作りをしてみたいと思います


皮むいて鍋にポイっ


イメージ 3



火攻めにするぜ

イメージ 4


砂糖はチョットだけ


グツグツ

イメージ 5

完成


メチャうま、これ売れる


1瓶5000円で売ろう


閑話休題


ここはスキーブログだった


イチジクって万人から愛される果物ではないと思います


メロンや桃みたいにメジャーな果物ではないけど好きな人は好きっ


イチジク大好き(マニア)がいる


あ、スキーも同じじゃん


野球やサッカーみたいにメジャーなスポーツじゃないけど好きな人は好き


マニアも多い


同じだね〜


そっくり


なんだかイチジクが愛おしく思えてきました


つーことで、今日はスキーとイチジクという話でした



今日は泣けるようなイイ話だったと思うので ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



毒ぶどうTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 6

毒きのこTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 2



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

ハロハロ


ヤバイ、台風がこっちに向かってる


天気予報のねーさんが関東に直撃する可能性があるなんて言ってたし


3連休はブラックバスとナマズを釣りに行くから来てもらっちゃ困るんだよね


あっちいけ

イメージ 3



つーことで、シーズンまであとチョット


冬を匂わす例のモノがきましたよ


じゃーん

イメージ 1


SAJ会員登録証だ



今年は赤色ですよ


ちなみに2017年度は黄色、2016年度は緑色っす


イメージ 2


これに青色とかが加わってローテーションで年度によって色が変わるんだよね


このSAJ会員証は加入していないと資格が維持できないので入ってるんだけど


まあ、それだけでなくこのお金がスキーの活性化に少しでも手助けできてるって思ってます


ちなみにこの会員証はクラブごとにまとめて県連の手続きを経てSAJに申請します


そしてSAJ→県連→各クラブ→登録スキーヤーの順番でカードが来ます


SAJではトータル約10万人分カードを手続きし、県連(わが県連)では約3500人分を担当の方が処理をします


3500人分を各クラブに発送するだけでも大変な労力です


お仕事として給料をもらってやってるならイイのですが、県連とかは役員の方がボランティアでやってくれてたりします


本当に感謝ですブチュー


スキーって個人で楽しむってイメージですけど、色んな場所でこういった活動をされてる方がいます


大会にしても検定にしても行事にしても・・・裏方は必ずいます


そういった影の力持ちがスキーを衰退させないように頑張っているのを知って頂ければ・・・・・嬉しい限りです


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 1



毒ぶどうTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 6

毒きのこTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 2



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事