外脚から外脚はあり?

春になり各スキーブログの記事もだんだんUPが少なくなってきたよ


しかーし、ニセ外人ブログは春だろーが夏だろーがスキー記事を発信し続けるでー


ネタは豊富(インチキ臭いネタが豊富


日常の出来事も無理やりスキーに絡めて記事にしちゃうもんね


さあ、今日は外脚から外脚はあり?ってタイトルで記事にしたいと思います


よくさー、スキーの基本は外脚だっていう人いるじゃん?!


決めつけちゃってる人


それってホント?


基本って言葉はちょっとおかしい気がするよ


ただ、外脚は内脚より安定する脚であることは間違いないけどね


ここからが本題


特に、パラレルで滑れるようになった時に外脚から外脚は基本だなんて思ってると大きな落とし穴があると思うんだ


そもそも、ある程度滑れるようになったら大事なのは同調でしょ


外脚も内脚も大事になる


敢えて、外脚から外脚が基本だなんて思ってると踏み換えたり色々弊害があると思う


ではここで、自分の場合使う脚の違いでシルエットが違うので見てください


まずは外脚から外脚を意識したターン

イメージ 1


自分は外脚を意識し過ぎるとX脚になるギャー


この時 脚はカラダからあまり離れずパフォーマンス的にはあまりカッコよくない

 


そして次は切り替えの時に内脚から

イメージ 2


スッポ抜けてるけど、それは今回は無視してね


イメージ 3


でも内脚から入ると安定感は少ないけど、カラダから脚が離れパフォーマンス的には有利だと思う


何が言いたいかというと


滑りはあーだ、こーだと決めつけない方がいい


特に外脚から外脚なんて固定観念を抱いてては逆に上手く滑れないんじゃないかな?って思っちゃう


レベルアップしてきたなら、まずは同調


その中で配分などを調整してパフォーマンスに繋げればいいと思う


でね、もう一つ言わせてもらえば内脚を使うのって難しい


難しいけど、検定などで点数出すなら内脚を使えるようにすると有利だと思うんだけどね


今日は外脚から外脚はあり?って記事でした


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 4


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(14)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハーイ


今日はスキーの楽しみ方に「あーだ、こーだ」と言う・・・・という記事です


まずは、よく耳にする「レッスンばかり受けてないで、自己練習をした方がいい」


という言葉に対して「それは他人が言う言葉じゃないよ」って言いたい


どういう事か?


有名選手のキャンプをはじめ、スクールなどのレッスンを受ける方ってたくさんいらっしゃると思います


その人達に対して、「レッスンばっかり受けてたって上手くならないよ、自分で練習しなくっちゃ」って唱える人っていますね


それは正論でもありますが、余計なお世話なんです


自分は長くスキー指導をやっていて、若かりし時そんな事も思ったりもしたこともある(イントラ半人前の時)


しかし・・・それは単なる余計なお世話であって、個々のスキーヤーの気持ちを考えていなかった


なぜならば、スキーヤーって目的や楽しみ方がそれぞれなんだよね


たとえばデモレッスンに多く通われてる方がいる


それに対して「教わってばかりいないで自分で練習したら?」なんていうのはナンセンス


デモに教わるステータスや完ぺきな滑りを見れるという楽しみがあるわけだ


同じアーティストのコンサートに何度も行くのと同じだと思う


良いものは良い


お金に余裕があるのだから通ってるわけで


他人がとやかく言う必要はないのでは


これはスクール入るのだって、一般講習会にいくのも同じ


こういったレッスンが楽しかったり、同じ目的を持った仲間と滑って楽しみたいって思ってる人はたくさんいるんだ


その講習に行ったことで「上手くなったのでは?」って思う楽しみだってあるんだよね


上手くなりたいって思ってる人が大半だと思うが、その上手くなる到達点は人それぞれ・・・・そしてその道のりも人それぞれ


何より楽しみ方は人それぞれなんだよね


他人の価値観を押し付ける必要はないと思う



そして、検定などを受ける方に対してもあーだ、こーだという人もいるよね


ネット上でもあちらこちらで見受けられる


級別やプライズを何回も受験される人や落ちたばっかりなのに、また受験する人に対して批判したり


受けるレベルに達してないと批判したり



その人のスキーの楽しみ方を否定するほど、情けないものはないぞ


あと、ブログやSNS上で滑りの動画を載せてる人に対しての、くらだないアドバイス


「オレのアドバイス、すげーんだぜ」的なのは痛々しいんだよー


その人はクソバイスが欲しいんじゃなくて、SNSで動画を載せて楽しんでるのが分からないのかなぁ


書かれた人は場の雰囲気を壊さない為に、返信も気をつかってるのも分かってあげなくちゃ


スキーの楽しみ方にあーだ、こーだって言ってる人に限って、スキー技術はあーしなければいけない、こーしなければいけないって決めつけてるんだよね


スキー技術に正解がないのと同じように

スキーの楽しみ方に正解なんてない


人それぞれ楽しんでるんだからね


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 1


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

ハロー


今日もお忙しい中、ニセ外人ブログに訪問頂きありがとうございます


おととい(4/17月曜日)は群馬県丸沼スキー場に行ってきましたよ


今回はお友達と4人で平日スキーですイエー

イメージ 2



週間天気予報によると、この日は雨降ってビショビショになるでー・・・・的に脅されましたが夕方まで降らずにもってくれた


よかった〜


スキーには最適っす


そして、やっぱ平日は空いてていいね〜


リフト待ちなんてなーい

イメージ 3




午前中はバーンもさほど荒れずに快適に滑れましたよ

イメージ 4



しかーし、午後になると急に板が滑らなくなっちゃった



ま、この時期はしょうがないね


そしてシルバーのコブコブバーンももちろん行きました


イメージ 5

イメージ 6


そう、この季節って思い切った練習ができると思うんだ


固いコブだとどうしても恐怖心から腰が引けて多くズラしたり縦に滑れなかったりする


しかーし、春コブだったらグサってるので多かれ少なかれ恐怖心から解放される


コブをいつ練習するの?


やっぱ今しょっ


シルバーコースのコブは深いんだけど柔らかさがあるので、思い切ってイケル


チョー楽しいんですけど


Iさん、Nさん、Mさんお世話になりました


また一緒に滑りましょ〜ブチュー


  


それはそうと・・・・・


なんと、なんとこのブログの総訪問者数が1000000人突破してました
知らぬ間に突破してた


百万人だよ


普通に数字を数えたら たぶん100で嫌になる


1000まで数えたら、よっぽど暇な人


百万って言ったら・・・気が遠くなる数字だ


みんなー、雨の日も風の日も吹雪の時も見に来てくれてホントありがとねー



これからもますますインチキ臭い・・・・じゃなかった、楽しいスキーブログを発信していきたいと思います


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

ハロー


いやー、前回は某スーパーの餃子事件の話で熱くなってしまって、スキー操作の記事が書けなかった


今日こそはつづきを書くぜ


つ―ことで 振るだけの小回り回す小回り(トップが左右に動く)の違いの比較です


振るだけの小回りと

イメージ 2



回す小回り(トップが左右に動く小回り)

イメージ 3




ぶっちゃけ、簡単に言うと回す小回りができるという事は技術レベルが高い・・・・ということ


でも、これだけだと記事にならないので具体的に違いを自分なりに書いてみます


やっぱ振るだけの小回りの場合


をかけられないのが大きな要因になると思う


いわゆるカービングやら捻りを使って雪面へ推進する圧がかけられない


なのでザーザーって止めたり振ったりしてしまう


また大回りの時点でしっかり圧をかけて板を回すことができなければ、もちろん小回りでもできない


大回りでカービングができても、小回りになった途端、振るだけの操作になる人もいるよね


この場合、大回りでも圧をかけずに角を立ててるだけなのかも


推進させる圧がかけられないと、小回りで回し込むのは難しいと思うんだ





他には、自分のカラダの下まで板を持ってくるとかも大事だと思う



でね、以前も絵を使って記事にしたんだけどこんな事も大事ではなかろうか?


足だけで小回りをしようとすると、どうしても振りやすくなっちゃうので上体も使う


その上体上部と下部では違う動きを意識する


絵にするとこんな感じ

イメージ 4
詳しくは過去記事で


上体の胸部分は小回りみたいに正面向いて、腰や骨盤は大回りみたいに回す


一見、上体は常にフォールラインを向いているけど、骨盤とかは大回りと一緒で左右に動いてる


こうした方が、板は回せると思う


・・・・・・

最後に


ひと言で板を回した方がイイ と言っても簡単ではありませんが、できないよりできた方がカッコいいよね


今回、色々具体的なものを書いたけど・・・・・やっぱ・・・


重要なのは板を回すための

バランス、
筋力、
スピード対応力、
経験など

ベースが必要なんだけどね



つーことで、今日は振るだけの小回りと 回す小回りについての記事でした


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く トラックバック(0)

ちーす


昨日の記事は小回りにおける「板を振ってるだけ」とか「ワイパー状になってる」滑りについて途中まで書きました


今日はそのつづきです


前回の記事


テールを振る小回り

イメージ 1



トップが左右に動く小回り

イメージ 2



今日はテールを振る小回りとトップが動く小回りを比較してみよーと思う


が・・・・・ちょっと待ってくれ


その前に聞いてもらいたい事がある


某スーパーで事件が発生したんだ


先日、スキー行く時にお腹が空いたので車の中で何か食べようと思って某スーパーに寄ったんだ


イメージ 4


ま、コンビニで良かったんだけど、たまたま他の買い物があったのでスーパーに行ったんだけどね


そしたらさ、美味しそうな餃子があったのでそれに決めた


でね、やっぱ温めて食べたいじゃん


惣菜を並べてる女性店員がいたので 電子レンジがあるか聞いてみたんだ


その時の会話を再現してみましたのでご覧ください


ちなみにその女性店員は見るからにうだつの上がらなそうな雰囲気を漂わせてた


ニセ外人:すいません、こちらには電子レンジありますか?


店員:・・・・・・(ボケーっとしてる)


あれ?外人に話しかけられたと思ってるのかな?

しばらくすると・・・・


店員:うちには電子レンジは
売ってません(白々しく)


ニセ外人:







ぎゃー、久しぶりにバカ女発見した〜


惣菜売り場で餃子見ながら「電子レンジありますか?」って聞いた客が”家電を買いに来た”って普通思わないだろ?


逆を考えてみろ

家電売り場で餃子温めるヤツがいないのと一緒



天然ボケしてるのか?それとも仕事の気分が乗らないのでニセ外人をからかったのか?


天然だったら、あなたはゼッタイその仕事は向いてないぞ


オレは電子レンジが欲しいんじゃないんだ〜


餃子を温めたいんだ〜


餃子の前に立って話してるんだから察しろよ〜


そもそもスーパーに電子レンジ買いにくるやついないだろ?



ちっくしょー



しまったー、今日はスキー操作の記事を書くはずだったんだけど、余分な話してスペースを使っちゃったじゃねーか


なので、今日はおしまい


これもぜーんぶあの女のせいだ


ニセ外人の気持ちを察して頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 3


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事