アニョハセヨ


朝晩涼しくなったね


このブログは涼しさを通り越して真冬の極寒を味わえます


つーことで、今日も見て損をする・・・・じゃなかった、見てお得な情報を記事にしますよ

さて、今日は


ファットスキーでコブを滑るとどうなるか?上手くなるのか?


このブログを見てくれてる人の多くが基礎スキーヤーもしくはレジャースキーの人達だと思う


いつもどんな板を使ってますか?


カービング板の人がほとんどだと思う


自分もこれ

イメージ 1


堅くてハリのあるカービングスキー


おまけにカチカチのプレート付き


正直、コブには堅い


板のしなりなどを考えればモーグルのような板の方が滑りやすいのは事実・・・


だけど、我々がやってるこの基礎スキーというスポーツはターンが評価基準になってる部分もあるので、弧を描くという部分では優れているというメリットもある


現に、自分の中ではコブの中でもカービングターンの感覚だし、振ったりズラしたりなんて意識はない


だから板によっても一長一短


目的にあった板で良いと思う


しかーし・・・・


板を変えたら「上手く滑れるんじゃないか?」というヤラシー心は誰でも持ってると思う


ふふふ💛


そんな中、昨年自分はファットスキーで滑ってみた


これっす

イメージ 2

イメージ 3


長さ177cm ボディーサイズは120-84-109のバックカントリー用?の板


すごいファットって訳ではないけど、普段が165のカービングなので感覚は全然違う


ちなみにこの板で整地でカービングはまずできない(ズレちゃう


はたして、上手く滑れるのか?それとも長さと太さに負けてヘンテコリンになるのか?


映像をほじくり出したので今日はそれをアップしますね


ブログを楽しむ程度でご覧ください



結果・・・・・これは自分の感覚ですが


客観的な見た目はそんなに変わらない・・・と思うんだ


ただ、足元の操作性は全く違うんです


先ほども書いたけどこの板は整地でズレちゃうんだけど、コブでも全然噛んでくれない


勝手に板が振れちゃう


なので弧を描く楽しさはカービングの方が優れてる


単に縦方向に落ちるのを楽しむなら、引っかからない分このファットスキーでもいいと思う

・・・・


最後に


板の形状が違えば、それぞれの特性でそれを楽しむという面白さはありますが、

板を変えたからといってスキーが上手くなることは・・・・・ないですね


映像とコメントで楽しんでもらえましたか?いくらかご参考になりましたでしょうか


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

開く トラックバック(0)

河童とスキーの話し

ハイサイ


昨日すっごいビックリした事があった


それは昨夜TBSのモニタリングという番組を見てたんだけど、その中に「河童や天狗が出てきたら信用するか?」ってコーナーがあったんだよね



観た人いるかな?

イメージ 1


なんと、自分の家のすぐ下の河原が映ってた〜


まじビックリ


そもそも、この地域には本当に「河童伝説」があっるなんて言ってたけど・・・・ないっつーの


何はともあれ、よくよく考えてみると1ヶ月くらい前にうちの横にロケバスみたいなのが停まってて気になった事を思い出したんだよね


どーしても、誰かに言いたくて記事にしたんだけど


まあ、世の中には迷信とかオカルトって数多く存在するよね


それが、現実の社会に入り交ざってるとこも多い


今回の河童やら天狗


またツチノコだの口裂け女、そしてメジャーなところで宇宙人


見たと言うだけならともかく、宇宙人に連れ去らわれただの、口裂け女に追っかけられたなんてことも


そして、それを信用する人がいるのも現実だ


ふふふ・・・・おもしろいね



さて、今日はスキーの話しが出てこないと思いきや、スキーの話しを一つ


ブロ友さんのalienさんが興味深い記事を書いてた


子供の頃ピアノを習ってたんだけどあまり上達しなかったという話し


「バイエル」という基本練習本を元にレッスンを受けてたが、これといった成果が現れなかった


しかし、弾きたいと思った曲は上手くなった・・・・ということです


勝手に想像するに、スキーに当てはめると


教科書通りのシュテムや横滑りをレッスンを受けるが上達しなかった


だが、カービング小回りをやりたいと思って練習したら、カービング小回りが上手くなったってことだと思います


実は自分も音楽で同じような経験があります


中学2年生の時に必修クラブ(1週間に1回の授業)でギター部に入ったんだ


イメージ写真
イメージ 2

ギターは素人


ベンチャーズのようなドコドコドコドコ〜ってあの曲を弾いてみたいって思ってた


これね



ドレミはすぐ分かった


amとかcとかfとかもだいぶ覚えたし、ジャカジャカジャカと弾けた


そして基本ということでアルペジオをずっと教わった


そして1年経ったが、「四季の歌」をどーにか弾ける程度しかいかなかった


は〜るを愛するひ〜と〜は〜 っていう音楽の教科書にのってるやつです


つーか、四季の歌じゃイヤなんだよ〜


ベンチャーズ弾きたいつーの


ベンチャーズにアルペジオ出てこないじゃん


結局、ベンチャーズの先っちょにも触れず、ギターリストの夢は破れました


ちなみに、中学3年生の時は「釣りクラブ」に入りました目指せプロアングラー


でね、今から思うに・・・・・たしかに、アルペジオは大事だと思う


でも、ベンチャーズ弾きたかったらベンチャーズに取り組まなきゃだよね


基礎だ基本だなんて言って、そんな事ばかりに時間を費やしてたら1年も2年もあっという間に過ぎちゃう

 


まあ、話しをスキーにもどせば、自分がどう滑りたいのか、どんなスピードで滑りたいのかイメージや目標はあるはず


その気持ちが中途半端だと、いつまで立っても基礎や基本の呪縛に獲り憑かれ、時間だけが過ぎていくヤダー


目標の滑りを「どれだけやりたいか」?取り組み方で違うんじゃないかな


って思うんだけどね〜


何はともあれ いいたい事は・・・・そーいうことです


今日は河童からベンチャーズの話しでした


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハイサイ


ここ最近、ブログではコブシリーズを連載しております


つーことで、前回の続き「吸収」について記事にしたいと思います


今日は超マニアックな練習動画もあるよマニア度9.3


まず、前回も書いたんだけど大事なポイントとしてスピードがあります


スピードが速ければコブへの衝撃が強く吸収せざる負えない


逆にスピードがなければ衝撃も少ないので敢えて吸収もしなくていいわけだよね


ま、バッジテストにしてもコブ好きの人にとってもそうだけど、コブを速く滑るというのは魅力なわけで・・・


コブの上達にはスピードと吸収は欠かせないものなんじゃないかな





あとね、他にも吸収で大事な要素をいくつか


それはそもそも、膝を抱え込むだけの筋力や柔軟性がなければ無理っすよね


イメージ図なのであしからず
イメージ 1


常に曲げたり伸ばしたりを素早く行うわけだから、筋力や柔軟性は元より、膝を怪我してたりしたら 難しいよね


まあ、細かい事を言ったら運動能力やバランス能力やら年齢なども関わってくるけど、フルスクワット的な動きはできた方がいいと思う




さあ、そんな中で整地でできる吸収の練習方法をご紹介します


昨日も書きましたけど整地で抱え込みの練習をする場合、内力を使っちゃうんだよね


そうじゃなくて、やっぱ外からの圧をしっかり受けて吸収の感覚を養えればより良いじゃん


ここで紹介するのは発想をチョット変えて、初めから抱え込んだ形を作ってスタート


それに対して脚を伸ばして外圧を感じ、切り替えで元の抱え込みに戻す・・・・その繰り返し


言葉じゃ分かりずらいと思うので、恒例のマニアック動画を用意しました


昔撮った動画を編集してあるのであしからず


この動画で行ってる動作は、体育座りしながら角付けで切り替えてるのですが


その時に側方に脚を伸ばすと、大きな外圧を感じます


そのまま伸ばしたままだとスッ飛ぶので切り替えで元の体育座りに戻さざるを得ない・・・・


最後に


外力・・・・・


スキーの上達には欠かせないものだよね


内力ってやっぱ理屈なので、それはそれで頭に入れて


コブとかでは、自分しか感じ取れない外からの圧力ってあるから、まずはその感覚を知る事が大事だと思う


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

ブオンジョルノ


いつも当ブログにお越しくださいましてありがとうございます


今日もハイシーズン並みのテンションで攻めてみたいと思います


先日「コブでの上体のシルエット」という記事を書きました


上体は立たす


そうすることによって上体は潰れずに吸収だってウマくいく

イメージ 1



つーことで、今回は「コブでの吸収」について記事にしたいと思います


一応辞書で調べるとこういう事です

イメージ 2



自分のものにすること・・・・・なるほど〜


さて、コブを滑るに当たって吸収について悩まれてる方は多いと思う


上手な人はクイックイッしなやかに膝が曲がり吸収してるが、「自分はなんかぎこちない」「しっくりこない」な〜んて人もいるんじゃないかな


やろうとするとわざとらしくなったり、吸収するのも忘れたり


やっぱりこれはいつも感じてる事なんだけど


そもそも、スピードがあるから吸収するわけで、なければ吸収する必要はない


ってことだよね


いくらコブだからといって、それだけの外圧がかからなければ吸収はいらないし


逆に、ストレッチングで滑ったっていいわけだ


これはコブだけじゃなく整地でもそうなんだけど、内力と外力があるわけで


スキーがビギナーのうちは自分から仕掛ける動作(内力)を使う


ところが上手くなればなるほど、スピードが出せれば出せるほど外力を利用したり、時には余分な外力を逃がしたりするわけ


その中の一つが吸収だよね


だから、スピードを出してコブが降りれる人は必然的にそれを多く経験するので吸収が上手いし


逆にスピードを出せない人は、吸収するほどの外圧を経験することもないので中々慣れない・・・・思うように上達しないと思う




つーことで吸収の動画をアップします


先日の動画を吸収用に加工しました 


使いまわしですし、ブログ用なのであしからず




整地でもコブでもそうですが練習方法で「ベンディング」ってあるでしょ


やった事がある人も多いと思う


だけど、その練習は内力なんだよね


自分で意識してわざとらしく膝を曲げる


これはこれで練習の一つだけど、多くの人がやりたいコブでのベンディングとは違うよね


実際は外力の吸収だから


それをいつも内力でやろうとすると、わざとらしくなったり・・・・結果しっくりこないんだよぉ〜


連続したコブを頭で考えて脚を動かそうとするとゴッチャゴチャになってついていけなくもなるし


内力って要は理屈じゃん 言葉で伝えられるものだと思う


しかし、外力はその人だけがカラダで感じる、いわば感覚です


吸収って要はスピード出せなきゃはじまらない・・・・


スピードを出すという事は正直簡単ではないけど


やっぱ外力をいっぱい体感して、わざとらしくない「吸収」できるとカッコいいね


つーことで、今日はコブの吸収について綴ってみました


※ニセ外人講習会はそういったレッスンをやってるよぉ
この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1






ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

オラー


つーことで、9月10日 月曜日は西武園ゆうえんちにスキーの練習に行ってきましたよ

イメージ 1


朝11時


開店と同時に到着


すると、イベントが開催されてるみたいで既に多くの人が集まってました


後から話を聞くと、大学生向けのフリースキーのイベントだったみたい


イメージ 2




さあ、自分も張り切って練習です


あんな事やこんな事に挑戦


果敢にアタックするとバランスが崩れこんな感じになります


イメージ 3


どぼーん





また、しっかり踏み切ろうと気合を入れ過ぎ・・・・


飛んだ瞬間から片スキーがハズれたりして


板外れてるし〜
イメージ 4


当然、こうなった後は水面に叩きつけられます


あれ〜


生きててよかった

・・・・・・


スキーってそもそも雪の上を滑るスポーツです


ところが、スキージャンプ(90mとか70m)はスキー+飛ぶ


フリースキーやモーグル等もスキー+飛ぶ


基礎スキーのゲレシュプもそうだし


アルペンの滑降とかでみられる、地形を利用したジャンプもスキー+飛ぶだ


自分はまだフリースキーの初心者くらいなんですが、近年この「飛ぶ」ことに関してすごい魅力を感じてます


なにしろ面白いトレーニングにもなるし


テレビでは観た事あったけど、自分がスキー履いて縦に回転したり3Dやるなんて思いもしなかった


着地がプールであったり、巨大マットだからこそ挑戦できるので、このような施設があるのはありがたい


あと1ヶ月くらいで寒くなるので、それまでにもう1〜2回行ければいいな


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事