ハロハロ


つーことで、昨日は往復4時間以上かけて秘密のスキーの会議に行ってきましたよ


イメージ 1



やっぱシーズン間近、最近はスキーの会合や会議が多い


想いとしては、やっぱスキー界を盛り上げていきたいし、活性化させていきたい


具体的なやりたい事もあったりして


そういった活動をされてる団体の役に立ちたい気持ちはあるわけで


でもやっぱそれを実現させるには一人じゃ無理なわけで・・・・


なので、今はコツコツと色んなところに出て勉強させて頂いております



でね、自分はスキーの要職についてるわけではないんだけど、昨日はある敬服することがあったんだよね


それは・・・・


昨日の会議は古くから組織を支えてる人達が大勢来てたんだけど、話の中である要職につかれてる方が「春から今日まで80回のスキーの会議を経ている」と言ってたんだ


80回だよ


これは嘘偽りなくこの数字は会議してると思う


スキーってさ、個人でやってればそんな会議にも出ることもなく自分で楽しんでればいいよね


ただ、クラブに入ったり、競技をやったり、組織に携わったり、資格を取ったり


そして役につくようになるとそういった会合が次第に増えていくわけで


その中で、もっとスキー楽しみたいし、もっと盛り上げたい


その為には行事、大会とか検定とかを決めたり、人事や役職、規約を制定したり、そうそうお金の管理も大事・・・その他あれやこれや


そりゃー、会議が必要になるよね


  


自分もなんだかんだで会議にはそれなりに出てる方ですが・・・


年間にすると12〜15回くらい?かな


でも自分より遥かに多く出てる人は山ほどいて、その人達がスキーを快適に行う土台を作ってくれてるわけで


そのなかでも昨日は半年で80回なんて人が居たわけ


たかがスキーの会議って思うかもしれないけど、日本全国あらゆるところにスキーを盛り上げようって活動してる人はいるんだよね


さあ、今週もう1回 秘密のスキー会議がある


これまた往復4時間コース

スキーがより楽しめるように・・・・いってきま〜す


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハイサイ


今年の夏はあんなに暑かったのに・・・・・もう寒くなった


やっぱ、冬は近づいてる


つーことで、昨日は神田スキー街に行ってきましたよ


神田スキー街を知らない人のために、場所はここだ


イメージ 1


車で行ったぜ
(都内は人と車がいっぱい居てコワイ)



本日の目的は初夏にカスタムフェアで予約した早割チケットを石井スポーツでもらってくることです


その前にランチ



神田で有名なラーメン屋ッス


イメージ 2




店内はこんな感じ

イメージ 3




イメージ 5




さて、スキー街をトコトコ歩きます


イメージ 4



予約しておいた早割チケットをGET、それ以外にもチケットをいくつか購入


ミッション完了です

・・・・・


さて、神田のスキー街はまだ時期が早かったせいか賑やかさは今ひとつでしたけど


しかし、ショップにはブーツを試し履きしてる人やウエアを試着してるひとも結構いて冬が近づいているんだなと思ったりして


ここに通い出して早30年


途中、何年か来なかった時はあったものの、年に1回ほど街をウロウロするのが楽しみで・・・・


バブル時とは様相が若干変わりはしたものの、スキー街はいつ来てもワクワクします


スキーの楽しみは実際のスキーの他にもいっぱいあるからね


今日はスキー街の記事でした


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

チース


昨日、SAJ会員証が届きました〜(y〇さんありがとうございます


今年の色はこれだ〜

イメージ 1


っす



ちなみに去年はっす

イメージ 2



2017年、2016年はというと

イメージ 3

黄色と緑です


さて、今日はこのSAJ会員証にまつわるお話しを・・・・


SAJ会員になるためには2つのやり方があって、会員証も若干違いがあります


それは、本当の会員と一時的な会員の2つ


まず本当の会員とは


都道府県連盟に所属してるクラブからでないと入会できないんだよね


これが、キモ・・・というかミソ


だから個人として本当の会員になることは不可能で、○○県連の○○クラブの○○さんとなるわけだ


ちなみに自分の所属する県連は市町村連盟にも加入しなければいけないので


全日本スキー連盟
○○県連
○○市連
○○クラブ


とカードには記載される


上記の○○には全て会費を払わないといけないので、本来SAJ会員登録は3000円なんだけど


指導員資格を持ってなくても、会員になるだけで6,000〜10,000円くらい払うことになるウギャー


ここには言いたい事が山ほどあるんだけど・・・
とりあえずここでは「普及発展のために・・」って思うようにして納めてますシクシク



次に一時的な会員とは


これは1級が合格したり、テクニカル・クラウンを受験するだけの方が活用することが多いんだけど


いわゆる「暫定会員」だよね


その年度だけ使えます


ただね、これには実はルールがあって、表向きにはそれ以降はどこかのクラブに入って本当の会員になる必要があるんだよね


だから、1級が合格した時に「暫定会員」になると思うけど・・・・受付の人に「来年度は地元かどっかのクラブに入って登録してくださいね」って言われると思う




さて、会員登録のメリットなんだけど


SAJ公認の大会に出れたり、テクニカルクラウンを受験する事ができたり・・・


提携している宿やスキー場(リフト券)の割引があったりするんだよね


そんな中でSAJがこんなメリットも謳ってる


それは・・・


役員、委員となって諸行事の立案・計画・実行等に参画できる


↑↑要はさ、SAJにしても県連にしても、理不尽と思ったり納得がいかない不満もある人もいると思う


そういう人は、外であれやこれや言っても 何にも変わらないので、まずはここに入口があることを知ってもらえれば


何はともあれ、SAJ会員登録制度にはモノ申したいこともあるけれど、メリットもいろいろあります


スキーの楽しみ方って色々ありますが、ここにはここの良い所がありますからね


今日はSAJ会員証の話しでした


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

■スキーの技術■

秋涼のみぎり、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます


さて、今日は技術について記事にしたいと思います


技術を辞書で調べてみると


技術・・・・科学の原理を役立ててものを生産するしくみ


いやはや、何か難しい


一方、日本大百科全書ではこんな解説もありました


技術という言葉ほど広く使われる用語は少ない。
手法あるいは手段という言葉に置き換えても差し支えないところに、最新の意味が含まれているかのように使われる


うお〜、たしかにその通りだ


技術というと、「俺スゲーこと覚えたぜ」的に感じるけど・・・手法や手段だと「一つのやり方ね」って感じだし〜


あ、、、、もしかしたら


「スキー技術論」というから、重々しくそれが正解で「こうやらなくっちゃいけない」なんて思っちゃうのかもしれないそーだー


「一つの手段」←この方がいいのかも


だから自然で楽なスキーの時も、「一つの手段」として出したなら、結果は違っていただろう


・・・・・・・・

さて、


スキーには滑り方の(技術・手法)は無数にあると思います


その中で、やはり自分が強く思ってるのは技術論に正解を作らない方がいい


たとえば上達する為にこんな言葉がよく使われる


 「外脚に乗る」 「外向傾」


たしかにプロ級の人が言えば、「なるほどそうか!」って思いにもなるけど


実際に、ネットとかでもそうだけど昔の人はよくこの言葉を使ってた


もちろんその人達のレベルは上手い人からそうでない人まで様々


そうなると、外脚や外向傾をこれでもか!ってくらい唱えてる人でも そんなに上手くない人も多いわけで


じゃあ、「外脚に乗る」「外向傾」はその程度なの?って思いも大きい


だからね、一つの手段でイイと思うんだ


ただ、実際に外脚は内脚に比べて安定感があります また外向傾はズレを伴った時や小回りに適すことが多いですので練習としては大いにアリです
(内脚も同様に価値はあります)


だからといって、これをスキーの正解のように過剰に持ち上げる必要もないでしょう



さあ、今日もいろいろ書きましたけどスキーって緩斜面の滑り方もあれば急斜面の滑り方もあり・・・


楽に滑る滑り方もあれば本気で滑る滑り方もある


3級テストの滑り方もあればクラウンテストの滑り方もある


状況条件で手法は変わってきます


実際は万事共通する技術を探す方が大変かも


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

本日もご来店頂きましてありがとうございます


シーズンまであと僅かです 本日もマニアックに攻めてみたいと思います


今日は 「上手くなる為のコツ」は誰でも手軽に入手できるようになった という記事なんですが・・・


まず・・・・


前回の記事でも書いたように、10/7(日)はウォータージャンプ行ってきました


そして、翌10/8(祝月)は、これまたスキー三昧


午前中から午後にかけてスキーの秘密の会議


そしてその後、X-TECHでトランポリントレーニングしてきましたよ


ここのメインはスケボー施設
イメージ 1



この日もハリキって飛びました


張り切り過ぎて、何度か死んだばーさんと遭遇した


イメージ 2

なんでこんなカッコになるのか不思議だ


昨日のWJでもそうなんだけど、横回転ってとっても難しい


コツはある程度知ってはいるつもりなんだけど・・・・できないんだよね


スケート選手がよくこんな感じで回るでしょ

イメージ 3

いとも簡単にクルクル回ってるように見える


4回転やっちゃう選手いるけど、こりゃー超人だぜ


でね、自分はWJでもトランポリンでも横回転はいっぱいチャレンジしてるけど・・


最近 痛感するものがある


それは、こういったものを華麗にこなすのは「そもそもトランポリン(WJ)の上手さ」が必要


要はトランポリンを飛び慣れてる、ジャンプを飛び慣れてる


そこに、横回転という技のコツをプラスすれば、スムーズに横回転が上手くなるわけで・・・・


そもそも、自分はまだジャンプ自体が未熟なので 結局は不安定なんだよね



これね、スキーに当てはめると


たとえばシュテムターン


これもこのように考えられる 「シュテムという技」+「そもそもスキーが上手」


この2つが組み合わさって、シュテムターンの上手さの度合いが決まる


シュテムターンで合格点を出すためには・・・・・


「開いたり閉じたりする技」と「そもそもスキーが上手」 両方が大事であって


でも比率にすれば・・・・2:8 いや、1:9くらいの割合で「そもそもスキーが上手」が必要になるって考えた方がイイのかも


・・・・・

昨今、有名選手キャンプでも、雑誌でも、DVDでも、ネット上でも上手な人が惜しみなく技術を伝授しています


ネットも普及し「上手くなる為のコツ」は誰でも手軽に入手できるようになった


でも技術を知ったからといって上達するわけではないよね


やっぱ「そもそものスキーの上手さ」 があって、技術という情報が役に立つのだと思います




今日は 「上手くなる為のコツ」は誰でも手軽に入手できるようになった という記事でした


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事