あら、いらっしゃい


お待ちしてましたよ


今日もごゆっくりしていってくださいね


さて、おととい(11/12月)は軽井沢で初滑りしてきたのですが・・・・


実は前日の11日(日)は信州でオフトレしてきました


イメージ 1




富士見パノラマスキー場の近くにあるトランポリン施設”Base”です


イメージ 2



写真には写ってませんが、この日は日曜なのでたくさんのお客さんで賑わってました


ここではスキーを履いて飛ぶ事もできますよ


専用の板があります
イメージ 3




それ〜

イメージ 4


今年のオフもほぼ毎週 トランポリンかWJでオフトレをしてきました


こういったジャンプというのは面白いもので、上達の目安がハッキリ分かります


それは何かというと・・・・・・技ができるか?できないか というもの


たとえば、360度回転ができるか?できないか


バックフリップができるか?できないか


コーク720(斜めに2回転)ができるか?できないか


理屈抜きでそれができるか?できないか で上手さが分かる

・・・・・・


スキーのアルペンだったらポールを滑って速いか?遅いか?


ノルディックのジャンプだったら、いかに遠くまで飛ぶか


これらは全て何かしらの基準があって、客観的にも上手さの度合いが分かる


ところが・・・・基礎スキーの場合上手さを測る基準がない


たとえば上級者というレベルは何が基準だろう?


「2級を持ってれば上級?いやいや、クラウン持ってないと上級と呼べないよ」


人それぞれ違う


また「上手くなった」というニュアンスも曖昧であり、他人から見ても分からない部分でもある


「○○教室に入ったら上手くなったよ」「一日中ハの字やったら上手くなったよ」


本当か?ウソか?スキーの何が上手くなったのか?


第三者が見ても分からないし、本人の気のせいの可能性も高いし


まあ、なにしろ基礎スキーの「上手い」は基準がとっても分かりづらい


ところが・・・・・・


その「抽象的な上手い」を「具体的な上手い」にする方法がある


それは滑りを技として「できる?できない?」の基準とすることだ


たとえば、「片足カービング小回り」


自称上級者でもできない人はいっぱいいるだろう


「ドルフィンターン」


そもそも、皆できないと思ってるからやらないよね


そう、レッスンにこれらの「滑り方」を導入して これができるような指導をする


理屈抜きで上手くなれる


次回は自分がレッスンでやってる滑り方を「技」として紹介します


それが全てできればプライズだろうが指導員資格だろうが、コブだろうが制覇できる基準がクリアすると思ってる


やっぱ具体的で、誰が見ても上手いがあれば怖いものなし
(逆にこれらができてプライズが不合格なんてあり得ない、コブが滑れないなんてあり得ない)


抽象的な「上手くなった」はいらないぜ


つづく


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハイサイ


つーことで、11/12(月曜日)軽井沢プリンスホテルスキー場で2019年度の初滑りをしてきましたよ〜


イメージ 1


滑走可能ゲレンデは2コース


天候は晴れ


気温は・・・・何度か分からないけど全然寒くない



イメージ 2



イメージ 3



平日の割には結構お客さんはいました


午前10時くらいが一番混んでたかな?


リフト待ちは最大で3〜4分くらい 午後は空いてました




スキーとスノボの割合は・・・・・5:5・・いや4:6くらいかな


ボーダーの方が多かったように感じます

イメージ 5


コース幅は狭いモノの大回りも小回りもそれなりにできたよ〜




ランチを終えると突如凸凹コースが出来上がってたんだよね


これ幸いとコブの練習もバッチリしてきましたよ


イメージ 4



大回りも小回りも、そしてコブも、今シーズンは早々に仕上がりました


よかったです


仕上がってよかったね〜って思って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(10)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハイサイ


あら、またお会いしましたね


どうぞごゆっくりしていってくださいね


つーことで、今日も見て損・・・・じゃなかった、徳をするような記事で攻めてみたいと思います


さて前々回、研修会テーマの表現が変わったと記事にしました


そう、今まではプルークに対して「基礎的・基本的」の指導と表現してたのが


今年度は「初歩動作」の指導に変わりました


基礎や基本なんて言葉を並べられると、どんなに上達してもその呪縛から逃れられなくなりますが・・・


初歩動作と表現されれば、「うんうん、初心者が覚える技術ね」ということで、誰からも必要以上に強要されずにすみますものね


そんな中で、本日ピックアップさせていただくのは


今年度、SAJオフィシャルはパラレルターンの指導という項目に力をいれたな〜と思う所でして


その話をする前に・・・・


このニセ外人ブログでは上級者がそれ以上の上達を目指す場合は、「低速とかハの字なんて技術向上にはつながらない」的なことを書いてきました


自分が推奨してるのは、アルペンやってる人が常にポールで練習するような「高速・クローチング・カービング」


こういったものは効果的だと思ってますし、危険と隣り合わせのハードなものが更なる上達には必要と感じてます


これらは記事としても何度もアップしてきたし、時には内脚カービングターンや片脚スキーの動画もアップしました(後ほど片スキーの動画もアップします)


・・・・さて、話は戻って


今年度のSAJオフィシャルブックには「パラレルターンの指導の実践」という項目があります


そこにはなんと・・・・


・レールターン

・内脚カービング(グリュニゲンターン?)

・クローチング

そして

・1本(片スキー)カービング 

これらが記事としても、DVDでも紹介されてるんです


上級者が更にパラレルを上達する為の練習方法として


これって、何度も何度もニセ外人ブログで記事にしてたやつじゃん
(オフィシャル書いた人はニセ外人ブログの愛読者か?)


誰も言ってくれないだろうから、自分で言うけど


レッスンでも多用してるし、クラブ合宿なんてほぼコレやってるよ


・・・・


オフィシャルブックの歴史の中では常に 低速系基礎系?のものばっかり贔屓してたけど


昨年はシュテムターンばっかり・・・・その前は横滑りばっかり


もうちょっと前は自然で楽〜なんて言って、高い姿勢でチンタラ滑って・・・・


そんなんで、上手くなる訳ないのに、過剰に持ちあげちゃってクソー


何はともあれ、今年度のSAJオフィシャルは何かが変わったように感じます


最後に、以前アップした1本(片スキー)滑りの動画です(一度削除しちゃったので、今日再アップしました)


やっぱ、こういった技術に挑戦して、できるようになればパラレルのベースも上がるって思うんだけどね


動画最後には片スキーで体育座り(コザック)ターンにも挑戦します


果たして成功するのか




教訓・・・・


1本(片スキー)で座ったら立ち上がれないゼッタイムリ


2019年SAJオフィシャル・・・・何かが変わった という記事でした


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(16)[NEW]

開く トラックバック(0)

いらっしゃーい


本日もニセ外人ブログへお越しくださいましてありがとうございます


さて、先日「基礎・基本なのか?初歩動作なのか?」という記事を書きました


そんな中、カリスマ指導者のKさんから貴重なコメントを頂きましたアリガトウゴザイマス


ボーゲンを極めに極めても、パラレルターンは上達しない とよく口にしています


とメッセージ頂きました



自分も全く同じ考えでして、ハの字の運動方法とパラレルの運動方法は違っていて・・・

ハの字を完ぺきにする必要はないですし・・・

たとえばハの字低速で「基本ポジション」とかやっても、実践では全くといって効果がないと思ってるからです


そもそも、ハの字低速で「基本ポジション」練習した人って無数にいると思うけど、それがきっかけで実践が上手くなった人っているのかな?


その練習が悪いとかではないんだけど、上級者がそれ以上の上達を目指してる場合は低速ハの字では意味がないと思うんだよね〜


ここで、ちょっと別の角度から低速ハの字を見てみる


逆に低速ハの字の良いところを考えてみる


いくつか答えがあると思うんですけど、今回持論でいくつか挙げたいと思います


・まず、初心者には必要な技術

はじめっから高速で平行スタンスでは無理でしょうからね


・実践のためのバリエーショントレーニングをやるため

これはよくあるパターンだよね


・そしてもう一つ、指導者検定種目のプルークボーゲンのため
もしくは指導者が見本を見せるために練習する


思いつくところではこんな感じかな


こういった目的があるんだったら有効的です


話しは戻って・・・


じゃあ、上記以外で上級者がそれ以上の上達を目指してる中で、低速プルークを極めるのは必要か?


それは必要ないし、練習したところでなんも変わらない 

ってのが持論なんだけどね

(これはマジ持論ですよ。ボーゲンや低速大好きな先生もいますけど、そっち派の人はそういう先生の持論も聞いてね)


  


やっぱね、プルークって両方のインエッジが噛んでるいわばハの字でしょ


パラレルってそうではなく 常に平行だよね


要はプルークって簡単なんだよね


生まれて初めてスキーをした人でもほとんどの人が30分くらいでできちゃうもの

イメージ 1
いらすとや さんからお借りしました

ところが、パラレルという技術ってとてつもなく難しくって何日もかかる

イメージ 2


年に数回しか行かない人だったら10年20年経ってもハの字は抜けきらない場合もあるし


また、どんなシチュエーションでも常にパラレルスタンスを維持するのは至難の業


たとえば自分は上級者だと思っていても、急斜面の切り替えで脚が開いて三角ができたり


また、コブでパカパカ開いたり、ハの字になったり


やっぱ、それってパラレルが未完成だからだよねキャー、ヤメテー


運動能力にしても筋力やバランス能力にしても、スピード対応力にしても・・・何かが足りない


緩斜面ではみんな同じように平行にできるけど、ハードなバーンになると一目瞭然・・・・滑ってる本人だってそれは分かってると思うんだ


低速ハの字の練習では何の解決にもならない、その逆をやらなければ


高速パラレルでの練習をメインにしなければ


最後に・・・


これは自分が上級者の指導として使ってるものなんだけど(研修会は別)


プルークや低速ってまずやらないです


この時のレッスンって、生徒さんを1列に並ばせて、「チョロっと滑っては止まって、またチョロっと滑って」の繰り返しになる


こういったレッスンは理屈っぽくなるし、なにしろ効果もないしつまらないから


やっぱりパラレルが主体となって高速で滑ったり、キレを重視したり、低い姿勢やクローチングを多用してます


まあ、指導法ってたくさんあるけど、その先生のコンセプトがはじめから分かっていれば

「この先生に教わろ〜かな」「この先生じゃ上手くなれそうもないな」とか目安にもなりますしね


何はともあれ、低速ハの字はつまらないから嫌なんだよ〜「1列に並ばせてチンタラ滑らせるな〜」・・・・って記事でした


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

ハイサイ


先日BSで世界マスターズ陸上の番組が放映されてました


そこに挑戦するオリンピックメダリストの朝原選手、タレントの武井壮さんらが「45歳〜クラス」のリレーで世界記録を目指すというもの


一度は現役を引退した彼らのアスリート魂には「やっぱ、この人達はスゴイな」って響くものがあったりして


さて、今日はマスターズにちなんでスキーの、それもマスターズ(シニア)技術選について記事にしたいと思います


自分はまだ県連の普通の技術選にも、マスターズ(シニア)技術選にも両方出場してます


県の大会は毎年同日程で行われる為、1年おきに普通の技術選→シニア技術選→普通→シニア・・・って感じで出てるんだけどね


若かりし頃はシニア技術選なんてなかったもので、県の普通の技術選→ブロック技術選→全日本技術選・・・・ここだけを目標にしてたんだけど


そんな中、時代の流れと共にスキーヤーの年齢層も徐々にあがり、公式大会でも草大会でもマスターズ(シニア)というカテゴリーができるようになったんだよね


でね、あらゆるスポーツにもマスターズ的なカテゴリーがあると思うんだけど、


それらとマスターズ技術選を比べて、やはり思うところがある


それは、マスターズ技術選に対して「歳を取った人の大会」とか「レベルが低い」という偏見を持った人が多いように感じるんだギャー


何故かと言うと・・・それは直接自分が言われてきたことだから


多くの人にそれらしきことをよく言われてるからクゥー


昨年もある幹部役員からこんな事を言われた


「シニア技術選なんか出てんじゃねーよ」「勝ってんな」 って


やっぱ、言う人は目標もなく挑戦してない人なんだけどね・・・

・・・・・


まあ、解釈によれば自分のことを認めてくれてるのかな?って思うんだけど、やっぱりシニア技術選の事を低く見てる感じがしてならない


歳を重ねていくと、やはり体力や運動能力は落ちる


練習しつづけなければ、いくら若かりし頃上手かった選手でもあっという間に技術レベルは低くなるだろう


現在、県大会にしろ、草大会にしろマスターズ技術選で上位に入る人ってやっぱ楽してそこにはいない


上位にいる人は皆そうだ

・・・・


マスターズって、全員が同年代で、齢がいっても楽しめる


それぞれが目標を作って挑戦できるし、健康維持にも仲間作りにも適してる



だが、練習も努力もしないで上位なんていけるわけない それがスポーツだと思うし


  


これからスキーヤーの平均年齢はもっともっと上がっていきます


そんな中で技術選というものは若者だけが挑戦するという概念は薄れてると思うんだ


歳がいっても挑戦できる場所、それがマスターズ(シニア)技術選だと思うし


それはレベルが低い大会でも年寄りがやるという大会でもない


マスターズという年齢の枠の真剣な大会だと思ってる


出場するからには上位は目指したいし、周りからレベルの低い大会だなんて言わせたくないし・・・


だからこそ、シニア技術選以外の大会に出ても上位に入らなければ・・・


その為にはトレーニングや練習もしっかりやってね



マスターズ(シニア)技術選、ライバルと切磋琢磨しながら、盛り上げていきたいと思ってます


この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓
イメージ 1
ブログ村にはスキー情報満載ですよ



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事