過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ハロハロ


今日は昨日の記事のつづきみたいなものです


本日も持論100%だぜ

イメージ 2




自分も過去に多々経験したのですが・・・


レッスンを受講した時に、緩斜面で低速ばっかりやらされて結局得るものがなかった。。。。という経験


基本ポジションは「頭→へそ→足裏」なんて言われ・・・・


ハの字で前傾だの後傾だの微妙な動きを言われ・・・・


大回りや小回りに役に立ったか?と聞かれれば「全く役に立ってない」
(おまけにリフトも使わず長い話された日にはたまったもんじゃない)


やっぱ自分の理想は実践が上手くなる、またはそれに繋がること


たしかに低速をやる事によって閃くこともある


しかし、ある程度上達しちゃうと今更ハの字でどのうこうのやったって、全く上達なんてしない


ハの字低速で細かい事言われたって、実践じゃ役に立たないんだよぉー

イメージ 1


自分だけじゃなく多くのスキーヤーがボーゲンが上手くなる為にスキーをやってる訳じゃない


実践的な大回りや小回りやコブを上手く滑るのが目的だと思うんだ


ハの字や低速は初めは必要だけど・・・・・

・・・先生によっては上級者にもハの字や低速を思う存分やり、実践とのつながりを持たない指導をしてる人も多いと思うんだ


そんな人に当たると、もー最悪

  


ここで実践低速練習を比較してみます


低速練習では得ることができない大事なものを書いてみたいと思います


まずは前回お友達からのコメント頂いた言葉なんですが


外力


低速では自分から仕掛けて内力でターンをするけど、実践では外力を多く利用する


それに伴って


また、低速ハの字では絶対に覚える事のできない スピードとキレ


スピードがあるから角に乗ったり、角で圧がかけられる


回し込むにしたって、スピードと圧があるからできることだし


外力・圧・スピード・キレ


すっごい大事なのに低速じゃこれらを習得することはできないんだよね

・・・・


ハの字でいくらポジションを練習したって、パラレルでスピード出した途端に乗る場所なんて分かんなくなってるし
(そもそもポジションは前後左右に動くんだから)



ハの字でいくら外脚乗る練習したって、パラレルでスピード出した途端にうまく乗れない時が多々ある
(そもそも状況条件で外脚・内脚なにより両脚を使うんだから)


低速練習ってつまんないし、上級者にとっては実践に役立たない事が多いんだよね

  


最後に・・・・


誰しも、ある程度上達したらレベルUPは停滞する


要は、長年やってってそれ以上伸びなかったら、そこが限界の可能性があるし・・・ちょっとやそっとじゃ伸びないんだよね


そんな中、低速やハの字でどうにかなるんだったら・・・・そんな都合はよくないよね




もちろん、この記事は持論ですので楽しむ程度に読んでくださーい




この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



クラブ員の皆さん 2018年度のご案内を10/3メールにて送りました
届いてない方はご連絡ください



毒ぶどうTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 6

毒きのこTシャツはこちら
↓ ↓
イメージ 2



ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事