過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

いらっしゃ〜い


シーズンは(ほぼ)終わっちゃったけど、弊ブログはシーズン真っ盛りですよ


本日もインチキ臭く・・・じゃなかったマニアックに動画も交えて記事にしたいと思います


つーことで今日は「コブをゆっくり滑る」・・・・・現実はゆっくり滑れる都合のイイコブばかりではない という内容です


コブってさ、ゆっくり抑えていこうと滑り始めても、抑えきれないコブの形状ってあるよね(斜度も大きく関係する)


整地と違って、コブはゆっくり滑れないシチュエーションってゼッタイある


やっぱさ、深くてピッチの短いコブはブレーキを掛ける隙間がないと思うんだ


そんなところをズラせと言われても無理だよね


ムリムリー


斜度が増せばスピードが出ちゃうので、そういった所に出くわした時にどっか飛び出ちゃうってパターンが多い


緩斜面でコブも浅くピッチも大きければ余裕なんだけどね



でね、こういった凸凹をクリアできる技術があればコブには強くなるって思う


じゃあ、何が必要かと言えば ズラす技術より耐える技術じゃないかな


暴走に乗っかってでも目的のゴールまでたどり着く


コブってさ、整地と違って一回ミスをするとそこで演技が終わっちゃうじゃん


だからリカバリーしながら暴走に乗っかって耐える



つーことで、先日 田代スキー場でピッチの細かいコブに遭遇したんだよね


やっぱ斜度があって細かいとスピードが出ちゃって難しいッス


スタート直後からすでに暴走して、でもバランバランになりながらもどうにか耐えた動画がありますのでアップします


普通のピッチのコブと細かいコブを比較できるように編集してみました


楽しむ程度にご覧ください




やっぱ世の中、都合のイイコブばかりじゃないからね


こういった、ズラす隙間もないようなコブも耐えれば達成感もあるし


つーことで今日は ゆっくり滑れる都合のイイコブばかりではない 暴走に乗って耐える という記事でした


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事