過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

つーことで前回のつづきです


持論100%ですよ


スキーにおいて「軸」って呼ばれるものは、具体的な形があるわけでもなく正解がある訳でもない


そう、車軸みたいに目に見えるものだったら「これだ」って分かるんだけど、スキーの軸は「魂」みたいなものなのかも

イメージ 1



イメージ 2



そして不思議な事に、ゆっくり滑ったり ダラダラ滑った場合は「軸」なんてものは意識もしないし、軸が存在しない??


例えば


軽くパンチをした場合 軸はどーでもいいけど、ボクサーのようにビシッてパンチする場合は軸が関わってくると思う

イメージ 3




また、歩く動作に関しても ダラダラ歩く時は別に気にもしなくとも、100mとか本格的に競技してる人に軸は関わってくるだろう

イメージ 4



だからスキーにおいても、テキトーに滑るんなら関係ないかもしれないが、


しっかり滑ったりパフォーマンスを高める時に必要となるのではないだろうか?


逆に言いかえれば、カッコよく滑りたいなら「軸」を作る


コブをウマく滑ったり、検定合格目指すのだったら軸を意識して滑る・・・・・って思うんだけどね




じゃあ、具体的にカラダをどうすればいいのか?


前回の記事で心棒が大事と書いたが


自分が思うに・・・・・


心棒を作るには「カラダの締め」


特に体幹を中心とした締めと

そしてそれに伴って、足元を踏ん張れる形と表現できるものだと思うんだ


これって多くのスポーツに共通すると思う


ピッチングであったり

イメージ 5



格闘技であったり

イメージ 6


これらのハイパフォーマンスな動作にはは存在する

・・・・


最後に軸のある滑りとない滑りを こんな絵で表現してみました

イメージ 7


イメージ 8



ダラダラ滑ったり、おっかなびっくり滑ってる時って紐状  カラダが締まってない


スピード出したり果敢にアタックすることでカラダは軸という堅い棒に変える事ができるのではないだろうか


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
ブログ村にはスキー情報満載ですよ
↓ ↓
イメージ 1



ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓

イメージ 1




ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事