ここから本文です
北緯37度付近の中世城郭
北緯36度付近の中世城郭の姉妹ページです。
http://blogs.yahoo.co.jp/xym92373/57768573.html
で河内(こうと)向館をアップした。

城館といっても「自然の山に若干手を入れただけの簡素なものであり、人によっては、城と認識することもできないかもしれない。
イメージ 1

自然の山としか見えない可能性もある。そこは是非、自分の目でご確認いただくしかない。・・でも、わざわざ行くだけの労力も無駄と言えば無駄とも思える。」と書いた。
極めて懐疑的な記述である。

しかし、河内向館はもう1つあった。

城のある常陸大宮市鷲子は常陸と下野の境、那須氏との境目の地区である。
このため河内城の周辺、向館が2つ、さらに北側には高沢城、高沢向館が並び、谷筋の1㎞間に5つの城郭が密集する要塞地帯である。
イメージ 2





















もう一つの河内向館は以前記事にした館の西500m、主城の河内城から緒川と国道239号線が通る谷の反対側、南に300mの場所にある。
地元はここを「向館」と言っているそうである。

今回紹介するもう1つの向館、こっちも簡易な物件である。
鋭い切岸、腰曲輪もちゃんとあるけど、曲輪内はだらだらとした緩斜面、背後に続く山には堀切も何もなし。
あくまで物見の場所であり、攻められたら逃げるを原則にしたものである。

それでも麓は緒川が大きく蛇行して流れ、天然の水堀であり、2、3軒の小屋位は十分に建つスペースがある。
小さな櫓くらいは建っており、本城とともに谷の両側から谷筋と谷にある根小屋地区を抑え、守るのが役目だろう。

では、HP http://www7a.biglobe.ne.jp/~ao36/
http://yaminabe36.tuzigiri.com/ibaraki_kita2/oomiya2016.htmにて

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 新元号予想

    2019/3/26(火) 午後 6:59

    4月1日に新元号が発表される。 漢字2文字だと思うが、ズバリ当てるのはまず無理。 そこでどんな漢字が使われるか勝手に予想した。 平成のH、昭和のS、大正のT、明治のM、つまり「は行」「さ行」「た行」「ま行」の読みを持 ...すべて表示すべて表示

  • 元上司

    2019/3/18(月) 午後 7:49

    以前、ケガをして医者に行ったら昔の上司に会った。 俺がペーペーだった時、彼は係長だった。俺が課長だった時は部長だった。 多くの上司がいたが、俺が好きだった上司の1人であり、仕事の仕方を参考にさせてもらった恩人の1人である。 ...すべて表示すべて表示

  • 3.11から8年

    2019/3/11(月) 午前 9:54

    Yahooブログの閉鎖ニュースで一気に記事アップのモチベーションが低下した。 けっこうショックを受けているようだ。 それを乗り越えてアップ。 またあの日がやって来た。 ずいぶん前だったような、ついこの間のこと ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事