ここから本文です

♪♪中高年の中高年による中高年のための音楽♪♪

最後のご挨拶は8/31にいたします。本当に有難うございました。Amebaブログに移行しますが今後ともよろしくお願いいたします。

書庫全体表示

 最近ザ・スリー・デグリーズを投稿したが、3人組の女性ヴォーカルが多いのに気が付いた。
 
 3回に分けて行うつもりだが、初回は海外で1960年代までに活躍したグループを紹介したい。
 
 まずはこの人たちから。
 
アンドリュース・シスターズ
 
イメージ 1
 アンドリュ−ス・シスターズは、長女ラヴァーン(低音担当)(1911-1967)、次女マキシン(高音担当)(1916-1995)、3女パティ(リードヴォーカル)(1918-2013)の3姉妹のグループ。
 
 昨年(2013年)の1月、パティが94歳で亡くなり、メンバー全員が他界してしまった。
 
 ミネソタ州ミネアポリス出身。1937年、デッカよりデビュー。1938年の「すてきなあなた」で注目を浴び、1940年代末までに「ビア樽ポルカ」「ラムとコカ・コーラ」など数々のヒット曲を連発した。ビッグバンド時代らしいノリのよいリズムの曲が多く、力強い3声一体のハーモニーで魅了する1940年代を代表するグループ。(第765話:アンドリュース・シスターズ参照


ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ(Boogie Woogie Bugle Boy Of Company B
ラムとコカ・コーラ( Rum and Coca Cola
 


マクガイア・シスターズ
 
イメージ 2
 マクガイア・シスターズは、スリー・ビューテー・マクガイア」の愛称で親しまれ、1950年代に活躍したアメリカ・オハイオ州出身の容姿端麗な3姉妹のコーラス・グループ。
 
 1955年、ドゥワップの名曲「SINCERELY」のカヴァーが全米1位の大ヒットを記録。1956年のシングル「Moonglow」は映画「ピクニック」のサウンド・トラック盤と共にヒット。
 
 1958年、SUGAR TIME」が全米チャート最高7位を記録し、この曲も彼女たちの代表曲の一つとなった。


映画「ピクニック」よりムーングロウ(Moonglow)(1956年)
シュガー・タイム(Sugar Time)(1958年)
 


 マクガイア・シスターズは、1968年を以て、活動に終止符を打っている。一番若い妹はソロ・シンガーへと、上の二人は主婦業に専念したそうだ。
 
 この映像は2004年のもので、それぞれ78歳、76歳、73歳の時のもの。右側、次女のドロシーさんはパーキンソン病で2012年、84歳で他界されたという。
 


ザ・ロネッツ
 
イメージ 3
イメージ 4 ザ・ロネッツThe Ronettes)は、ニューヨーク出身の1960年代の女性歌手グループ。フィル・スペクター(現在73歳)(写真)のプロデュースで知られる。
 
 代表曲は、「Be My Baby」「Baby, I Love You」「(The Best Part of) Breakin' Up」「(Walking) in the Rain」など。
 

 リードシンガーのヴェロニカ・ベネッ(別名ロニー・スペクター)(現在70歳)が「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第69位にランクインしている。(Wikipedia参照)


あたしのベビー(Be My Baby)(1963)
ベビー・アイ・ラヴ・ユー(Baby,I Love You)(1963年)
 


ザ・スプリームス
 
イメージ 5 ザ・スプリームスは、モータウン旋風 その スプリームス紹介している。
 
 1964年から、66年までアメリカ・デトロイトを発祥地とするモータウン旋風が巷に吹き荒れた。
 
 その中心は何と言ってもスプリームスだった。
 
 そのメンバーの一人、フローレンス・バラードの悲劇は「ドリーム・ガールズ」として映画化された。


ストップ・インザ・ネームオブ・ラヴ(Stop! In the Name of Love)(1965年)
キープ・ミー・ハンギング・オン(You Keep Me Hangin' On) (1966年)
 

 続く

  • 顔アイコン

    やまさん
    Stop in the name of love....because you break my heart

    [ midmark ]

    2014/2/26(水) 午後 3:51

  • 顔アイコン

    銀色の玉手箱さん、コメントありがとうございます。
    何だか意味深の言葉ですね。
    英語を知らないと、気にしなくていいというメリットと、歌詞が分からないので、歌が深くわからないというデメリットが。やはり、分かった方が良いのでしょうね。

    山ちゃん

    2014/2/26(水) 午後 5:28

  • 顔アイコン

    やまさん
    お気になさらないでください。
    ひとんちのブログでノリノリの歌を発見。。ただそれだけです
    歌詞なんてわかってもわからなくても、いいんです。
    腰をフリフリ関係ナイふり。。。レッツダンス
    (お勉強のできた学生時代のやまさん、まさか英語は赤点ではなかったでしょう。。。ご謙遜を

    [ midmark ]

    2014/2/27(木) 午後 1:36

  • 顔アイコン

    銀色の玉手箱さん、いつもコメントありがとうございます。
    学生時代というか、受験戦争の時代、当時は赤尾の豆単(単語)と綜単(熟語)というのがあり、多分全て覚えたはずです。それで英語は得意でした。
    悲しいかな、大学受験が終わった途端、ほとんど忘れるという詰め込み、丸暗記主義が破綻した瞬間を味わいました。

    山ちゃん

    2014/2/27(木) 午後 11:57

  • 顔アイコン

    やまさん
    そんなことって、あるのでしょうか、丸暗記の破綻。。
    (なぜか「リーマンショック」が頭に浮かびました
    (頂点に達した後、墜落自爆
    「赤尾の豆単(単語)と綜単(熟語)」
    →参考書の類いでしょうか。←わたしは無知です。
    いわゆる読み書きはokなんですね。
    (知られざるやまさんの秘密。。。
    (頻繁に通う馴染みのスナックで、夜な夜なマイク片手に、朗々と歌い上げるアラベスク3人娘
    (やアだア。。。ふふ

    [ midmark ]

    2014/2/28(金) 午前 0:23

  • 顔アイコン

    「丸暗記の破たん」ってあるようです。
    一夜漬けが後に残らないのと同じようなものです。
    >赤尾の豆単(単語)と綜単(熟語)
    綜単はともかく、豆単は受験生なら誰でも知っている英語辞書のバイブルでした。
    中には覚えた矢先から山羊のように辞書を食べる輩もありました。
    カラオケはアラベスクなどとても歌えません。プレスリーのバラードなどが得意です。もちろんひらがな英語で歌っています。

    山ちゃん

    2014/2/28(金) 午前 0:29

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事