ここから本文です

♪♪中高年の中高年による中高年のための音楽♪♪

最後のご挨拶は8/31にいたします。本当に有難うございました。Amebaブログに移行しますが今後ともよろしくお願いいたします。

書庫全体表示

 女性ヴォーカルトリオ海外編の第2弾は、1970年代以降に活躍したグループを特集したい。
 
 今回紹介するのは次の人たち。
 
イメージ 1

 順番に沿って紹介して行こう。
 
ポインター・シスターズ
 
ファイヤー(Fire)(1979年)
 
 ポインター・シスターズは、アメリカ・カリフォルニア州オークランド出身。長女ルース(現在67歳)、次女アニタ(現在66歳)、3女ボニー(現在62歳)、4女ジューン(2006年、52歳で没)の4姉妹で、1971年にデビュー。
 
 1977年解散したが、1979年、ジューン、ルース、アニタの3人で再スタートし、ブルース・スプリングスティーンのカバー曲「Fire」を大ヒットさせた。
 

 1990年代以降は表舞台から遠ざかったが、1996アトランタオリンピックの閉会式で歌を披露している。2006、ジューンが癌のため死去。(Wikipedia参照)


 次は、1980年代のディスコブームを牽引した2組。
 
アラベスク
 
恋にメリーゴーランド(In For A Penny In For A Pound(1981)
ミッドナイトダンサー(Midnight Dancer)(1981年)
 


バナナラマ
 
ヴィーナス(Venus(1986年)
第一級恋愛罪(Love In the First Degree (1987年)
 


アトミック・キトゥン
 
アトミック・キトゥン/The Tide is High2002)

 
 アトミック・キトゥン (Atomic Kitten) は、イギリスリバプールで結成されたアイドルグループ。主にイギリスで大ヒットした。
 
 グループの結成は1997年。当時のメンバーはリズ、ケリー、そしてハイディ・レンジ。ハイディはデモソングだけ歌い、すぐに脱退。現在はシュガーベイブスのメンバーとして活躍している。
 

 結成当初のグループ名はハニーヘッド、後にオートマティック・キトゥンズ 、そしてアトミック・キトゥンとなった。世界でのCD売上は1000万枚以上。(Wikipedia参照)


ラス・ケチャップ
 
アセレヘ(Asereje)(2002)
 
 ラス・ケチャップLas Ketchup)は、スペイン・コルドバ出身。
 
 デビュー・シングル「アセレヘ(ケチャップ・ソング)」は世界的なヒットとなった。
 
 ピラール、ローラ、ルシア、ロシオの4姉妹で構成されているグループで、父親はエル・トマテ として知られているフラメンコギタリストのファン・ムネスである。
 

 なお、ロシオは母の許しを貰えなかったため,一時期メンバーから外れていた。 


ヤンブー
 
 ヤンブー(Yanboo)は、シルビー、ジゼル、ミシェル&メディから成る 3 人のドイツのダンス・ポップ女性グループ。1999 年に結成。
 
Fiesta De La Noche1999年)
Kalinka2001年)
 


ディクシー・チックス
 
Cowboy Take Me Away1999年)
 
 ディクシー・チックスDixie Chicks)の現在のメンバーは、アメリカ出身のエミリイ・ロビスン(ギタードブロバンジョーとヴォーカル担当) 、マーティ・マグワイア(フィドルマンドリン、ボーカルを担当、 リーダー) と、ナタリイ・メインズ(リード・ヴォーカル、ギターを担当) からなるカントリー・ミュージック3人組グループ。
 
 1989年にテキサス州ダラスで結成され、数年の下積み時代とメンバー変更を経て、1990年代末にカントリーとポップスの両ジャンルで成功を収めた。
 
 カントリーだけではなく、全ての音楽ジャンルで販売枚数が最も多い女性グループである。


シュガーベイブス
 
Push The Button(2005)
 
 シュガーベイブスSugababes)はイギリス出身の3人組女性歌手グループ。
 
 21世紀最も成功している女性グループと言われている。1998年に結成されて以来12枚のシングルを発売しそのうちの6枚はUKチャート1位を獲得。アルバムもこれまでに6枚リリースしている。
 

 2003年にブリット・アワードベスト・ダンス・アクト賞を受賞(これまでに4回ノミネートされている)。(Wikipedia参照)


  • 顔アイコン

    やまさん
    "You had a hold on me right from the start....."
    "A grip so tight, I couldn't tear it apart...."
    (→"Fire")

    80年代以降は、世界的にMTVの台頭で、猫も杓子もw
    ミュージックビデオでレコード売上げ競争時代。
    「歌唱力そこそこ」+「見た目勝負」
    女性歌手、グループは特にその時流に乗っていったように思います。ソロですが、「マドンナ」とか、ね
    (日本のキャンデイーズ・ピンクレデイー(←ふたりだけ!)みたいなものw)
    この第2弾で取り上げられている「お姉さん方」に限っていえば、おとなの歌が歌えていたのは。。。
    ポインターシスターズくらいまでかしらん
    "Woooo....Fire...."...おんなごころの歌ヨ

    [ midmark ]

    2014/2/27(木) 午後 2:51

  • 顔アイコン

    実はディスコ音楽ファンで、アラベスク、大好きです。
    アラベスク、悲しいかな本国のドイツではさっぱりで、日本などアジアで人気があった、いわゆる「ビック・ジャパン」といわれるメンバーでした。
    歌手は見た目もたいせつですよね。

    山ちゃん

    2014/2/28(金) 午前 0:05

  • 顔アイコン

    やまさん
    「男性ファンから見た女性歌手の見た目は」と訂正してくださいませ。
    「歌唱力そこそこ」は「見た目プラス」と「男性ファンの後押し」でなんとかなることも往々にしてあった、ということです。
    わたしは男女、外見にはこだわりません。中味で勝負よ。

    [ midmark ]

    2014/2/28(金) 午前 0:28

  • 顔アイコン

    >わたしは男女、外見にはこだわりません。中味で勝負よ
    嬉しいお言葉です。ありがとうございます。

    山ちゃん

    2014/2/28(金) 午前 0:31

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事