<W杯>公式球ジャブラニが不評なのは「中国製だから」ではない!中国紙が猛反?

2010年6月30日、中国紙?中国青年報は、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の公式球?ジャブラニの不評の原因が「中国製」であるとの見方が広まっていることに対し、「ひどい偏見だ」と反論した。【その他の写真】アディダス社製のジャブラニは、中国江西省九江市の台湾系スポーツ用品工場で生産している。記事によれば、W杯開幕当初から「軌道が読みにくい」「球速が速すぎる」「雑貨屋から買ってきたみたいだ」などの不満や苦情が続出しているが、各メディアは「中国製」であることをわざわざ強調する論調で報道。こうした現象に対し、記事は「何を暗示しているのか」と不快感を表し、「わざわざ生産国が中国であることを出す必要があるのか。設計の責任はアディダスにある」と反論した。記事はさらに、98年のフランス大会でも公式球に対する不満の声が上がったが、最後はうやむやすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事