山と渓流行脚

登山とフライフィッシングを楽しんでいます。 最近はカメラも真剣に・・・

全体表示

[ リスト ]

 去年から狙っていた冬の大山  頂上から望む剣ヶ峰への稜線を写真に収めたい。
 冬の大山は、日本海からの風がきつく、1729Mの標高の割には、北アルプス級の冬山  天気図を睨んで、すっぽりと高気圧に覆われた日を狙って登ろうと・・・

 天気予報では2日続きの高気圧圏内が到来。   Let’s Go!  気合十分、朝4時半に自宅を出発。

 8時に登山口に着いて、下山駐車場を探すが、雪に埋まって冬は使えないようだ。 南光河原駐車場は既に満車で、スキー場横の大駐車場に1000円払って駐車。 登山口へはものの8分

  天気予報通り下界は晴れているが、大山だけは雲に覆われている。 まあ、登っているうちに雲も切れるでしょう。 天気予報を信じてAM8:25夏山登山口をスタート


イメージ 1



イメージ 2
樹林帯の中を抜けて


イメージ 3
さすが百名山 冬山なのにたくさんの人


イメージ 4

スキーヤーも交じる



イメージ 5


 AM10:10 6合目避難小屋で一休憩   さすがにここまで登ると風も強く、ここでフリースとオーバーグローブを装着。 再び稜線に出ると、すさまじいブリザードが顔を襲い、風上の右頬が痛い  日が射し、山頂までの稜線が見えてきたので、風雪と格闘しながらシャッターを切る


イメージ 20
別山バットレスが圧し掛かるように聳え、パーティーが攀じっている



イメージ 7
三鈷峰(1516M)



イメージ 6
雪煙を巻き上げる


イメージ 8
大分 登って来たね


イメージ 9
ガスが切れて頂上が見えた 


イメージ 10
 頂上への最後の登り  風も静か


イメージ 11
日本海と米子の街並み


イメージ 12
カッコ良い!!!  念願のショットをGET!



イメージ 13
AM11:30 到着


 弥山頂上は風も静かで、避難小屋の外でも多くの登山者がお弁当を広げて車座に。 買ったばかりのスープジャーにトマトクリームスープを入れてきたが、ジャーの半分ほどしか分量が無いので、残念ながら冷めていた。
 でも、陽が射すと寒さもさほどではないので、活躍は次回の楽しみに。


 ゆっくり頂上からの景色を堪能して、12:30に下山開始    14:07登山口


イメージ 14





植田正治写真美術館


イメージ 15



イメージ 16
窓から覗く大山





色々な顔の大山


イメージ 17
西側から


イメージ 18
南側から


イメージ 19




 自宅からの距離にして、270Km ほとんどが高速で3時間余りで到着でき、信州方面に行くより近く、登山口から弥山まで2時間半 高見山に登るのと同じ時間で、この雄大な景色に出会える。 すっかり気に入ってしまった。

 紅葉の時期もよさそうだし、避難小屋に泊まって星の写真を撮るのも良いなー  是非、近いうちのまた来たいものだ!



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事