山と渓流行脚

登山とフライフィッシングを楽しんでいます。 最近はカメラも真剣に・・・

全体表示

[ リスト ]

 今年のGWは仕事で山に行けなかった。 ようやく仕事も落ち着いたので、1日休みを取っての山行計画。
昨年のジャンダルム踏破に続いて、山登り引退までにしたいことの一つ、「積雪期の槍ヶ岳を北穂山頂から眺める」を実行に・・・
  例年GWにたくさんの登山者が上り、30度を超える斜面に滑落事故の報告に、ビビりながらも、昨年のGWは西穂沢も登れたので何とかなるさ・・・いつものパートナーYASSANも一緒なのは心強い。


イメージ 1

大好きな前穂の北尾根をバックに


 涸沢ヒュッテに4時までに着こうと、自宅をAM4:20に出発。 上高地バス停(9時)出発。 ここから横尾までの3時間の歩きは、何度往復したことであろう。 河童橋や明神岳 最初の頃は、「きれいだなー」と写真もたくさん撮ったが、最近は珍しくも無くなってw

 小梨平を過ぎるとニリンソウの一面のお花畑が広がり、こちらにカメラを向けてパチリ  みどりのニリンソウは「幸運のしるし」と教えてもらい 登山の無事を祈りに込めてパチリ!


イメージ 3



イメージ 2



イメージ 4
AM11:30 徳沢に到着  

 連休中は沢山のテントの花が咲くサイトもひっそり、観光客は明神までで、横尾に着くとさらに人の数は減る。 この3日間の天気予報は、高気圧に覆われ最高なのに、GWの反動か本当に人が少なく、今日泊まる涸沢ヒュッテも土曜日は40人、日曜日は20人くらいしか泊まっていなかった。
 混み込みのGWに無理して行かずとも、外して行ければ、こっちの方がよっぽど快適だなー


イメージ 5
PM2:10 本沢橋から望む北穂


イメージ 7
横尾谷〜涸沢の冬道を登ること2時間


イメージ 6
こいのぼりが見えたらもう少し


イメージ 8
PM4:10 最後はちょっと時間が掛った(汗)


イメージ 9


イメージ 10
穂高の全景


 景色は本当に素晴らしい。 雲一つない紺碧の空に、標高差800Mの雪壁が迫り、山のでっかさは格別。 これまで何度も訪れているが、この季節は一番の雄大さを感じた。

 明日登る北穂沢の雪壁は、見るからに急峻な斜面。下から見ている限りではもはや壁と行っても過言ではないくらいの迫力だ。 西穂沢と比べても、より切り立っているようにも見え、恐ろしや!  雪は腐って、下りはアイゼンが効かず、スリップしたら100M滑落  本当に登れるのだろうか?




イメージ 11

 今朝は早起きしたので、夕食後はすぐに寝床に潜り込んだが、この晴天の星空を逃すのはもったいない。
11時過ぎに寝床を抜けだし星空を眺めるが、期待ほどの満天の星は拝めず。 涸沢槍をシルエットに天の川の写真をイメージしていたが、天の川が見えず、残念無念。


イメージ 12
東大天井(左)


イメージ 13



イメージ 14
モルゲンロードもあまり焼けずに・・・


イメージ 15



イメージ 27
5時の先発組の小さい列が


 我々もAM6:00に出発 標高差800M 時間にして3時間 小屋に2連泊なので、ゆっくり安全第一に・・・
いざ登りに入ると、昨年の西穂沢と傾斜とはあまり変わらないのだが、圧倒的な広さ、圧倒的な迫力。

 ちょっと登ると、一番大好きな前穂のⅢ〜Ⅵ峰のギザギザの光と影  カッコイー!!!


イメージ 16



イメージ 19
次第に小屋が小さく


イメージ 17
良いねー


イメージ 20
常念はもうだいぶ雪が少ない


イメージ 18

 AM7:30  途中小規模の雪崩も起こるが、GW辺りと違って新雪が降る時期でもないので大規模な表層雪崩の心配もほとんどない。 雪は腐っているものの、ステッップもはっきり残っているので、時期的には一番登りやすいのではないだろうか。
 先行者は、最大斜度のインゼル(左上)に入ってややスピードダウン。 手前のやや傾斜が緩む松涛のコルで一服 して、核心部へ備える。 

 ちょうど先行の女性がインゼルで足を滑らせたけど、股の間の雪片がブレーキとなりゆっくり20Mほど滑って停止。 これなら下りも危なくないわ  それよりも、気温はぐんぐん上がり上高地でさえ25度を越す猛暑 暑さにバテ気味 


イメージ 21
AM9:20稜線に到着  笠ヶ岳を覗く

 ここまで来たら後少し、岩と雪のミックスの壁を30Mほど登ると3106M北穂高岳の頂上に出た。 ワオー!最高の景色じゃないか。 念願の雪の槍ヶ岳もバッチリ。 黄砂の影響か遠景はやや霞んでいるものの360度の大展望をほしいままにする。


イメージ 22



イメージ 23



イメージ 28
大キレット


イメージ 24


イメージ 25
クライマーの殿堂 滝谷


イメージ 26
北穂ブレンド


 早く戻る必要もないし、1時間ほど独占状態の北穂のテラスでコーヒーを飲んでまったりと景色に浸る。 



イメージ 29
ここの下りはちょっと慎重に






イメージ 30



イメージ 31



イメージ 32



最高だ!

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

念願の雪をまとった槍ヶ岳、申し分ないですね
最高!!いつか行きたいけれど、歳かな〜〜?

2017/5/28(日) 午前 10:08 ken**55 返信する

> ken**55さん
この季節ならゆっくり登れば、安全安心。涸沢でビールとおでんのご褒美が待ってますよ‼

2017/5/28(日) 午後 2:07 [ ヨッシー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事