山と渓流行脚

登山とフライフィッシングを楽しんでいます。 最近はカメラも真剣に・・・

全体表示

[ リスト ]

塩見岳 2017.7.15-17

 梅雨明けを思わす猛暑の連続 海の日の3連休も天気が良さそうなので、こりゃ出撃せねば・・・ 2年前に撤退した、雪倉〜朝日岳の縦走に行きたいが、往復の行程を考えるともう1日ほしいところ、ならば、金曜夜からユーエスチームも出発するらしいので塩見岳に変更。 2日目のアタックは同行できるかなー

 土曜日の5時に出発。 さすが百名山。10時に着いた時には、既に第3駐車場まで満杯で、何とか路肩にスペースを見つけてレディーゴー。 

 予報通りの快晴で容赦ない日差しが降り注ぎ早くも一汗、40分ほど歩いたところが鳥倉登山口。 数台、自転車をデポしてある。日帰りで塩見岳をピストンする強者がいるらしいのだが、年寄りは無理せず一歩一歩


イメージ 1
11:30 鳥倉登山口


イメージ 2
12:45 やっと半分  まずまずのペース


イメージ 3
14:07  実際は210歩だった(笑)


イメージ 4


 ほぼ3時間で三伏小屋に到着も 駐車場同様、テン場が満員だ。 最悪ユーエス・テントに泊めてもらおうと探すものの、どのテントか見つけられない。(連絡の行き違いで、ユーエスチームも今朝出発、到着4時だった) 
    
 林の中に好適地を見つけたが、小屋のお兄さんに「森の中はキャンプ禁止です」と言われ、ルールを守って、撤収。 一緒に着いたほかの人たちも、道横や新館の軒先などの小スペースを見つけて設営しているが・・・困ったな〜  GOOD LUCK! 一つスペースを見つけて滑りこむ(喜)

 計画では、到着2時過ぎなので、今日のうちに烏帽子岳をピストンしようと思っていたが、あれだけ晴れていたのにガスが湧いてきたので、あっさり行動終了。 テントに潜り込んで、ビールを飲んでひと眠り。


ユーエスチームと明日の出発時間をAM4:00と約束し、早々に就寝。



 近そうに見えるのだが、ぐるーと谷を回り込むので、塩見山までのコースタイムは、往復8時間。 7時間くらいで行けるんじゃないかとAM4:30出発したものの・・・


イメージ 5
AM4:40  三伏山でちょっと残念なご来光


イメージ 7
AM5:30 中央アルプス



イメージ 6
AM6:08  コルから望む塩見岳



イメージ 8
AM6:55 南アルプスの主峰たち

イメージ 9
緑あふれる登山道  思った以上に遠いね・・・


イメージ 10
AM7:10 やっとこさ塩見小屋に到着 (2時間40分) 


 小屋から見る塩見岳は、天狗岩を従えた尖鋭の双耳峰 かっこいいねー!
 小屋までの登山道はよく整備もされ(台高の縦走路の様)樹林帯の歩きやすい道なので、順調にタイムを稼げだが、頂上までのコースタイムは、まだ1H20もあり、おまけにここから岩場も現れる難路。


イメージ 11
 

イメージ 12
天狗岩への登り


イメージ 13
イワカガミ

 
イメージ 14



イメージ 15
大好きなハクサンイチゲ


イメージ 16
AM8:25 塩見岳 西峰(3047M)


イメージ 17
百名山36座目


イメージ 18
富士山が見える南アはやっぱり良いね!


イメージ 19
去年登った荒川岳  聖はどれかな?





イメージ 20
PM12:20 (8時間弱)

 帰りも長く、ほぼコースタイム通りの8時間かかって戻ってきた。 まだ天気がもっているので、もう一泊と決めて、ユーエスチームとは別れて、烏帽子岳を目指すことに。



イメージ 21
遠そうに見えても1時間で着いた


イメージ 22


イメージ 23
お花畑

 
イメージ 24
烏帽子岳(2726M) 

 烏帽子岳は、真正面に塩見岳が見える絶好の展望台だが、こっちに登って来る人はほんの僅かしかいない。
もったいないな〜  十分展望を楽しんで、さあビールが待つテントまで急いで下る。

 この日の行動時間は、10時間。 1ヶ月半ぶりの登山にしては、まずまず歩けた。 8月のテント縦走への自信になる山行であった。

 塩見岳は、兜のようなどっしりとした山容、簡単には近づけない登山道。 ええ山でした!!! 




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事