山と渓流行脚

登山とフライフィッシングを楽しんでいます。 最近はカメラも真剣に・・・

全体表示

[ リスト ]

 3連休、天気予報は登山日和、紅葉求めてLet'Go! と行きたいところが、毎年孫の運動会と重なる。 家族の「山と孫のどっちが大事なの?」の問いかけに、「もちろん山! 紅葉は今しかない」と答えたいものの、黙って運動会に行くことに(涙)  午前中にさっさと終わらせて、午後から行ける山行計画を・・・  
 当日、朝から降ったり止んだりの微妙な天気。中止になって、日にちがずれたら計画がパーに。 「何とかやってくれ」願いが叶って、保育所が好決断。 途中、地面にたまった水たまりを雑巾で吸い上げながらもなんとか行事を終え、役目を果たして家族から解放。 (喜)  さっそく500Km先の新潟に向けて出発。

 最近は、山登りのしんどさよりも、運転の方が堪える。 休憩を取りとり7時間走り続けて妙高高原ICに到着。
インターを降りたところで、晩飯を食べようと思っていたら、コンビニ一つも無し。 笹ヶ峰キャンプ場は、シーズンオフで、自動販売機も補充が無くて売り切れのランプ。 山頂でのおつまみ用に買った竹輪一本だけの夕食にウィスキーを飲んで8時過ぎに眠りに

 さて、もう一つの心配事は、テント場の空き状況。 最近の山ブーム、おまけに山小屋よりもテント泊の人気に、塩見岳、茶臼岳でもスペース取りに苦戦。 紅葉シーズンでたくさんの登山者が予想される。まだ暗いAM5:20に早立ち。 軽装の登山者には追い抜かれても、テント装備には抜かれるな、ガンバ!

 
イメージ 1
黒沢までは、木道の緩やかな登りで、体が慣れる


イメージ 2
AM7:00  つづれ折の十二曲がりは30分で


 十二曲りがこの登山道一の難所かと思ったら、むしろここからの登山道の方が急で、昨日振った雨のため登山道がぬかるみ悪路。 ズボンのすそをドロドロに汚しながらの行軍。


イメージ 3
AM8:00 富士見平 
黒姫山の後ろに富士山が見えると言うが


イメージ 5
火打山と高谷池ヒュッテ


イメージ 4
白馬連峰もくっきりと   テンション上がる〜〜


イメージ 27
AM9:15 に高谷池(2113m)到着


 写真を撮りながらも、ほぼコースタイム通りに高谷池に到着。 さっそくテン泊の受付(410円とは今時珍しい安さ)をして、テン場に向かうと、予想通り激混み。 多少石が出て寝心地悪そうだが、良い場所を選ってる場合じゃない、ギリギリ場所を確保できた。 ちょっと後に着いた人たちからは、通路や茂みに中に場所を求めて。

 まだ時間は早く、今日はたっぷり時間がある。 ゆっくり一休憩して、軽装で天狗の庭〜火打山の撮影ハイクに出かけよう。  おっとその前に、ビールが売切れたら大変、早めに買っておこう。



イメージ 15



イメージ 6



イメージ 7
逆さ火打


イメージ 8



イメージ 9



イメージ 28
雷鳥の北限だとか・・・  天気良すぎて姿なし


イメージ 10
登って来た道と雷鳥平


イメージ 13
百名山38座目 2461M 


イメージ 11
妙高山  急登だなー


イメージ 12
焼山と雨飾山(左)


イメージ 14
錦秋の山肌




 2日目 帰りの7時間の運転を考えると、3時までには登山口まで着きたい。 休憩入れた行動時間を9時間とみて、この日も暗いうちにテントを撤収。 5時10分、まだみなさんテントに中をしり目に出発。

 まずは茶臼山(2171m)をこえて黒沢池ヒュッテ(2014m)まで  出発間もなく木道は途切れ、またまた粘土質の悪路に足を取られ、おまけに暗いのでペースが上がらない。 登ったり下りたりで、足もかなり疲れ・・・  ご来光に気を取られ足元がおろそかに・・・ ズルッ滑って笹原の斜面側に・・・やばー!!! ザックの重さで、ずるずる落ちそうに、笹に摑まって止まった(ホッー)


イメージ 16
ちょうど茶臼山の東斜面似てたところでご来光


イメージ 17
黒沢池ヒュッテ こちらのテン場はもっと狭い


イメージ 18
大倉乗越から妙高山


 火打山には比較的穏やかな登りだが、こちらは大倉乗越への100mの登り降りの後に、一気に500m高度を上げる急坂に息が切れる。 前回の聖岳では自信を取り戻したが、今回は調子が今一つ。 1時間も続けて歩けず、ハアハアと息が苦しい。 下りでさえもこの調子がずっと続いて、30分ごとに休憩、コースタイムをオーバーする有様。

 「3時までには下山」 タイムリミットを気にしながら、うまく休憩を取って頑張るしかないのだ。 しんどいからって、歩くの止められないのがつらい所、それなのに、何で山登ってるんだろうって本当に思う(爆) 


イメージ 19
百名山39座目 2454M


イメージ 20
日本岩


イメージ 21
北峰から南峰を望む


イメージ 22
紺碧の碧空バックに



イメージ 23
南峰から北峰方面


イメージ 24
長助池とダケカンバの紅葉



イメージ 25


 復路は、黒沢池から富士見平に向かう。 大湿原に真直ぐに伸びる木道。 誰も歩いておらず、青空と両サイドに広がる草紅葉を独り占め。 笹ヶ峰からの2座周回コース、後半にこのルートをとるのはお勧めですね!

 往路は、まだ陽の上がり切らない中を来たので感じなかったが、中腹以下の紅葉はちょうど見頃で、疲れを幾分紛らわせてくれる。 さあと少し・・・がなかなか進まない(汗)
 

イメージ 26
PM2:10 登山口に到着


  駐車場の紅葉が一番きれいだった














この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ハードなスケジュールのなか遠征登山お疲れさまでした
テント泊装備は重くてつらいけれど、テント場が確保されればマイペース、これがいいですね、紅葉が美しくすばらしい山行でした
僕はこの近くでは雨飾山に行ったことがありますが、いつか行きたい山です

2017/10/16(月) 午前 11:34 ken**55 返信する

顔アイコン

さすが新潟、紅葉のベストにはやや遅かったですが、天気に恵まれ気持のよい山旅でした。1泊して山容の異なる2つの百名山を登れるのはお得感がありますね! 7月ハクサンコザクラやワタスゲが咲くころにも行ってみたいです。

2017/10/17(火) 午後 6:19 [ ヨッシー ] 返信する

顔アイコン

僕もいきたかったな〜!三連休真ん中の日曜日に仕事が入って身動き取れずトホホ
紅葉シーズンも終わり、これからは冠雪の季節!
又天気の良い日に雪山に行きたいものです。

2017/10/18(水) 午前 6:06 [ yut*k*3123 ] 返信する

顔アイコン

YASSANも復活したみたいなので、また3人でどこか行きましょう!

2017/10/20(金) 午後 5:43 [ ヨッシー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事