山と渓流行脚

登山とフライフィッシングを楽しんでいます。 最近はカメラも真剣に・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 8

娘婿から一緒に酒を飲んでいる時 「山に登りたい」と言われていたようだが、酔っ払っていたので本気にしていなかったが、昨年の還暦に家族からもらった寄せ書きにも「近いうちに山に連れて行ってください」と書かれていた。 これは本気だ! 息子の「穂高」も9年振りに付き合うというのでさっそく計画に
 
まったくの初心者で、装備がない。 最初からあんまり揃えて直ぐやめたらもったいないので、とりあえず靴と雨具は自分で用意してもらい、その他は貸してあげると伝えたものの、本人ネットでいろいろ見て結構投資したようだ()
 
さて、どこに連れて行くか? 一緒にハイキングしたことさえないので、どれくらい歩けるのかも解らない。3時間くらいの歩行で、アルプスの雄大な景色が望められる山小屋は・・・ ロープーウェイが使える初級コースの中では、景色No1の唐松岳頂上山荘をチョイスしたが、616日までは小屋が開いていない。

やっぱり、最初に頭をよぎった(歩行時間が短すぎるので一旦却下)西穂山荘しかないか・・・ ちょっと物足りないけど、下山後に野趣のある露天風呂もあるし、高山の街もあり。初めてならこれらセットで楽しい旅になるだろう。

 
心配していた梅雨入りも、土日の天気予報も晴れマーク。 (さあ、行こう!)

イメージ 1
千石平園地の水芭蕉


イメージ 2


もう登山道の雪もほとんど解けていると思っていたら、直前にHPで確認すると、稜線上はともかくロープーウェイ山上駅から西穂山荘までは7割に残雪があるようだ。自分一人ならアイゼンも要らないところだが、初心者用に軽アイゼンを持参(これが正解だった)
 
また、3月の大山でも韓国からの団体が多かったが、西穂山荘までは半分は韓国人だった。
道案内の竹さおを抜いてストックの変わりにしているマナーの悪さを目にすると、こういった人達は日本の山に来てほしくないね。

 
イメージ 4
霞沢岳をバックに

 PM2:00 順調にコースタイムで西穂山荘に到着。 時間も早いので、丸山までを往復することに、 大阪を出る時はあれだけ青空が広がっていたのに、高山道から眺める乗鞍もそこだけ雲に包まれ、黒い雲が天上を覆い陽がさえぎられる。どうやら夕焼けは望めそうにないな〜

 
2食付の小屋泊と考えていたら、リクエストは自炊。 いつもの定番「鶏チャン」と野菜の炒め物に、もう1品が決まらない。 蕎麦を注文するとサービスで山菜の天ぷらをくれるいつもの屋台に寄ると、ネマガリ竹を売っているではないか・・・ 山の上で焼いて食べようと購い、ちゃっかり味噌のおねだりまでして、これで夕食のおかずが出来た()

イメージ 5

 
 3時頃からビールで始めて、9時過ぎまでしっかり飲んだので、4時に目覚ましが鳴っても頭が重い。ご来光447に間に合うようにと、気を奮い立たせてようやく4時半に布団から抜け出す。

外は、昨日とはうってかわって変わって快晴。 

イメージ 6
笠ヶ岳から抜戸岳


イメージ 7
焼岳に乗鞍

 
 我々は独標までのピストンだが、ヘルメットをかぶった皆さんは、西穂岳を目指す。
 昨日の酒が抜けきらず一歩一歩が重い。若い2人は身軽に登っていき、これじゃどちらがリーダーだかわからない()

イメージ 17


イメージ 19

 独標直下の岩場。二人ともすたすた登っていくが、後ろから見ているこっちは、万が一に事故でもされると・・・ 気が気でない。

イメージ 3
AM6:05 独標(2701M)

初めての山登り、アイゼン付けての残雪歩き、独標直下の岩場を越えて、たどり着いた本山行のピーク登頂。 誰が言ったか「残雪の山は3倍綺麗」 残雪をまとった笠ヶ岳から双六岳への稜線、ピラミッドピークの鋭峰、奥穂~前穂の岩峰が大迫力で迫る。
 見せてあげたかった北アの雄大なパノラマを背景に2人ともいっぱしの山男顔で写真に納まった。

イメージ 9
ピラミドピークまで行きたいなー

イメージ 10
アップで笠ヶ岳


イメージ 18
独標の下り


イメージ 11
残念だが安全第一 今回は独標まで


イメージ 12
登山道に咲くミネザクラ


イメージ 13
AM9:00までテラスでゆっくり



イメージ 14
深山荘の露天風呂



イメージ 15


イメージ 16
「君の名」の舞台 飛騨古川にて

 初めての山行は、天候にも恵まれ二人には満足してもらったようだ。機会があったらまた一緒に良い所を案内しよう。 でも、早くしないとこっちはだんだん齢をとって登れなくなるかもね・・・













 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

初登山をサポートできてよかったですね
初アルプスが良かったので山に興味を持つんじゃないですか、一緒に行けることを楽しみにいつまでも頑張ってください

2018/6/10(日) 午前 5:29 ken**55 返信する

> ken**55さん
皆さんの元気さには脱帽です。65歳までは、何としても頑張りたいと思っていますが、今年からテントもツェルトに変えてULで

2018/6/10(日) 午前 9:50 [ ヨッシー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事