ここから本文です
シフクNOTEブログ
旅やミスチルのことを中心に書いていきます。

2017年10月香港行き(2)

10月の香港行の続きです。

前回は、この記事です。

沖縄から到着し、遅めの昼食にします。本当は日ごろ行かない3階で食べようかと思ったのですが、入りたいと思ったところは大抵混んでいたので、2階の国内線到着階に戻って、うどんを頂きました。
イメージ 1

香港までは、キャセイパシフィック航空で向かいます。チェックイン開始時間は出発時刻の3時間前からです。それまでTSUTAYAで地球の歩き方を買ったり、薬を買ったりして、過ごします。

そして、チェックイン開始時間の少し前に国際線出発ロビーのCアイランドへ。
イメージ 2

私はJALのダイヤモンド会員(ワンワールドエメラルド会員)なので、こちらのカウンターで手続き。
イメージ 3

元々は機内後方の席を指定していましたが、カウンターで非常口席に変更してもらいました。
↓搭乗券。
イメージ 10


無事チェックインが完了したら、保安検査へ。ここが結構な列でした。関西空港はプライオリティーレーンなどが無いんですね。。。
イメージ 4

さて、関空の国際線はめったに利用しないので、ラウンジ事情には詳しくありません。少なくとも今回は北側なので南のJALサクララウンジは使えないので、インビテーションを頂いた通りNORTH LOUNGEへ行きます。
イメージ 5

こちらがNORTH LOUNGEの入口です。出国審査を抜けて左側にあります。
イメージ 6

特にめぼしいものがなかったので写真は撮りませんでしたが、軽食と飲み物がおいてありました。
私はコーヒーだけ頂きました。

ラウンジを出て16番ゲートへ向かいます。乗る便はCX507です。私はコードシェアのJL7059で予約を入れています。
イメージ 7

乗る機材はB777−300ERです。
イメージ 8

ほぼ時間通りに搭乗開始。今日は非常口席で、座席上の収納スペースへの荷物収納が必須なのでエメラルド会員の優先搭乗で一番乗りさせて頂きました。
↓今回の座席(窓側)です。
イメージ 9

隣の座席には女性が座りました。身のこなしから、かなり旅慣れた方とお見受けしましたが、話を聞くとツアーの添乗員の方でした。
今回は南部アフリカ方面10日間のツアーだそう。しかも、往復ビジネスクラス利用のツアーで料金が約110万円という、庶民には手が出ないツアーですが、添乗員さんはエコノミー利用のようです。

離陸前に日本人CAさんが、わざわざ挨拶に来てくださいました。
「JALのエメラルド会員様ということで、もしサービスにお気づきの点があれば何なりとお申し付けください」とのこと。
以前、香港→ドーハのCXに乗ったときも同様の挨拶を頂きましたので、CXはエメラルド会員を差別化しているようですね。

さらに離陸後、外国人のチーフパーサさんにも同様の挨拶を頂きました。(今度は英語でした)

シートベルト着用サインが消えた後、スナックがサーブされました。
イメージ 11

次の機内食ですが、驚いたことに優先的に注文を聞きに来てくださいました。そして、他のお客様より先に機内食がサーブされました。これは、今までに経験がないサービスでした。
ちなみに、隣の添乗員さんの方と、ずーっとお喋りしていたためか「お連れ様にも、お先に機内食をお持ちしました」と言って、先にサーブされました()
一応「いや、連れではないのですが」と否定してみましたが、「あっ、そうですか。でも、まぁ大丈夫です」と結構アバウトな感じでした(笑)
通常予約記録を見れば、連れかどうかは一目瞭然だとは思いますが、外資なのでそこら辺はラフなんでしょうね。

で、機内食です。カレーを頂きました。
イメージ 12

4時間はあっという間で、香港国際空港に着陸しました。
イメージ 13

2015年11月にアフリカに行ったときにトランジットで利用して以来の香港国際空港です。
イメージ 14

イミグレーションと税関を抜けて、エアポートエクスプレスと香港の交通系ICカードOctpusを購入。
香港市内へはエアポートエクスプレスで向かいます。
イメージ 15

↓エアポートエクスプレスの車内です。
イメージ 16

↓車内にはUSB端子と電源端子が備わっていて、スマホなどの充電が可能です。
イメージ 17

今回は、香港駅22:00に今回の集まりの幹事の方々と待ち合わせをしており、香港駅まで乗ります。

↓22:00ちょっと前に香港駅に到着。
イメージ 18

少し遅れて、幹事の方と落ち合い、ここからは完全お任せコースで夜の香港を案内して頂きます。
私が初香港なので、まずはピークへ連れて行って頂きました。総勢5人なのでが、香港には5人乗りのタクシーがあるそうで、そのタクシーで一気にピークまで登りました。
ピークトラムに乗るよりタクシー割り勘の方が安いようです。

そして、100万ドルの夜景といわれる香港の夜景です。ただ、深夜過ぎて少し明かりの量が少ないそうですが、私には十分きれいでした。
イメージ 19

山頂で様々な位置から夜景を堪能し、ミニバスでセントラルへ下ります。
イメージ 20

そこからMTRで数駅移動して、佐敦の夜の街へ。
イメージ 21

イメージ 22

堂泰海鮮菜館というお店に連れて行っ頂きました。
イメージ 23

ここは酢豚がお勧めということで酢豚と炒麺などを頼みました。
イメージ 24

さらに蒸貝も追加。ビールも進みます。
イメージ 25

ひとしきり飲んだり食べたりした後、お開きになり油麻地にあるホテルまで送って頂き、至りつくせりの初日の香港でした。

今回泊まったホテルは、シルカ シービュー ホテル(香港海景絲麗酒店)です。
↓ホテルの部屋です。
イメージ 26

時刻は深夜1:30過ぎ(日本時間深夜2時30分過ぎ)。
長い1日が終わりました。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
イメージ 27


この記事に

2017年10月香港行き(1)

この前の3連休、香港で集まりがあり出かけてきました。

その時の様子を何回かに分けて書こうかと思います。

2017年10月7日(土)、出発は羽田空港からです。
羽田空港と言っても何故か、国内線からです(笑)
イメージ 1

今回は大回りでまずは関西まで飛びます。元々、JALのダイヤ修行のために沖縄経由にしていたのですが、早々にダイヤになってしまったため完全に無駄な行程になってしまいました(笑)
イメージ 2

航空券は2種類のものを併せて使っています。
羽田→沖縄は、KUL発券で用意した、
KUL→NRT(S/O)HND→OKA/FUK→HND(S/O)NRT→KUL
の往復オープンジョーの航空券の一部を使用(FUK以降は1月以降に使います)。
HND→OKAの3連休を初日の午前便はとても高く、ウルトラ先得でも3万円台ですので、とても手が出ないので割安な海外発券にしました。

沖縄から先は
OKA→KIX→HKG→NRT
の片道国内線を付けた香港往復航空券を購入しました。

羽田のFカウンターで搭乗手続きとクラスJのアップ手続きをしました。3連休の初日とあって空港は混雑しています。JGCカウンターが混むのはいつものことですが、今日はFカウンターにも列が出来ていました。

残念ながら、HND→OKAは空席待ちになってしまいました。番号はS6でした。
拾い物だったのは、別切で用意していたOKA→KIXのNU4便のクラスJアップも羽田で手続きできたことです。別のeチケットを見せて乗り継ぎ登録までしてもらいました。国際線への24時間以内の乗り継ぎなので、免税で926円の差額を支払い。

保安検査の後はダイヤモンドプレミアラウンジで軽い朝ごはん。
イメージ 3

空席待ちの呼び出しが8:05だったので、8時前にはゲートへ。
本日機材はB777-300です。
イメージ 4

空席待ちの呼び出しは種別Sが11人もいます。厳しそうでうね。
イメージ 5

しかし、何と私が種別Sのトップだったようで、見事クラスJが落ちてきました。残念ながら国際線への乗り継ぎ免税の適用はなく1000円を払いました。
イメージ 6

アサインされた座席は、クラスJの前側セクションの最後列でしたので、座席のリクライニングは後ろを気にせずできました。
イメージ 7

プッシュバックはほぼ定刻でしたが、離陸は9:00過ぎで、若干の遅れになりそうです。シートベルト着用サインが消えた後のドリンクサービスはコーヒーを頂きました。
イメージ 8

後はウトウトして、沖縄には5分ほど遅れて到着。こちらは夏の陽気です。
イメージ 9

このまま沖縄で観光したい気持ちをグッと抑えて関西空港行きへ乗り継ぎます。搭乗口は28で、バス搭乗のようです。
イメージ 10

沖縄の青い空に、南西航空塗装のB737が映えます。
イメージ 11

元々座席は2Cでしたが、ドアクローズ後CAさんから
「前側の席が空席のようですので、宜しければお移りください」
と言われありがたく1Kへ移動させて頂きました。隣2席が空席だったので、3席を占有させて頂きました。
イメージ 12

隣にはジェットスターが駐機していました。
イメージ 13

離陸後しばらくすると、滑走路が3本あるのが特徴の伊江島が見えました。奥の1本が伊江島空港の滑走路、手前2本は米軍施設のものです。
イメージ 14

ドリンクはスカイタイムを頂きました。
イメージ 15

しばらくすると「お替わりはいかがですか?」と聞かれたので今度はコーヒーを頂きました。
イメージ 16

その際CAさんから
「東京→沖縄→関西→香港とお乗り継ぎのようですが、仕事ですか?」
と聞かれました。いやいや、仕事なら東京から香港へ直行します(笑)と内心、思いつつ、「いえいえ、プライベートです」と答えました。決して修行ではありません。

関西の街並みが見えてきました。
イメージ 17

そして、関西空港へ着陸です。
イメージ 18

ほぼ定刻に関西空港へ到着です。
イメージ 19

ここから香港へ乗り継ぎます。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
イメージ 20

この記事に

GWに行ったアメリカ旅行記、最終回です。
JL7便、ボストン→成田までの搭乗記です。

前回までは、この記事を参照してください。

ボストン空港の出発ロビーです。
イメージ 1

JALのカウンターで手続きをします。
イメージ 2

もともと、エコノミー席で予約していたのですが、出てきた搭乗券はプレミアムエコノミー!インボラです!
イメージ 3

これには、昨日から前兆があり、webチェックインしようとすると、「お座席調整中」のコメント。これはインボラの前兆です。
イメージ 4

ルンルン気分で出国審査を終え(出国スタンプは押されませんが)、BAのラウンジへ向かいます。
イメージ 5

↓お食事
イメージ 6

↓飲み物とお菓子。イメージ 7

↓お食事スペース
イメージ 8

機内食もあるので、軽めで頂きます。
イメージ 9

また、奥に"Concorde Dining"なるものがありました。
イメージ 10

"Reserved for first"と書かれているので、ファーストクラス客専用スペースでしょうか?
イメージ 11

ラウンジからはボストン市街が遠望できます。また、空の飛行機雲の多さから、いかにアメリカの発着回数が多いかがわかります。
イメージ 12

ラウンジを出てゲートへ向かいます。さすがに日本人が多いです。
イメージ 13

B787-9です。
イメージ 14

PY席の最前列で帰ります。
イメージ 15

ほぼ定刻にプッシュバックを開始。
タキシング中に、遠くにイスラエルのエルアル航空の機体が見えました。
イメージ 16

離陸して一路成田を目指します。
イメージ 17

最初のドリンクサービスはワインを頂きました。(これが後で、苦い経験の元になるのですが。。。)
イメージ 18

1食事の機内食です。飲み物はエビスを頂きました。
イメージ 19

食事後しばらく寛いでいると、急に気持ち悪くなってきました。急いで、後ろのトイレに行きましたが、混んでて間に合わず、エチケット袋のお世話になってしまいました。。。。これまで100回以上飛行機に乗っていますが、初めてエチケット袋のお世話になりました。。。
おそらく、アルコールの影響なのですが、今回は初めてのアメリカで、時差ボケもきつく、知らず知らずのうちに疲れもたまっていたのだと思います。
その疲れと、ワインなどのアルコールが相まって、このような事態になってしまったのかなと。。。
反省です。

CAさんにもご迷惑をおかけしてしまいました。
その埋め合わせに、あとで機内販売を購入しました。

症状が落ち着いた後は、座席で安静にしていました。

間食の時はコーヒーにしました。
イメージ 20

飛行機はアリューシャン列島を抜けて、カムチャッカ半島沖まで飛んできました。
イメージ 21

到着前の機内食です。もちろん、アルコールではなくオレンジジュースにしました(笑)イメージ 22

いよいよ日本の大地が見えてきました。
イメージ 23

そして、ほぼ定刻に成田空港に到着しました。
イメージ 24

ボルチモアから成田までスルーにした荷物もちゃんろとプライオリティータグ付きで出てきました。
イメージ 25

税関も特に何も聞かれず通過できました。
イメージ 26

アメリカ旅行記終了。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
イメージ 27






この記事に

ジェットブルー搭乗記

GWに行ったアメリカ旅行記の帰国編です。

この記事は、こちらの記事の続きになっています。

2017年5月4日、今日はボストン経由で日本に帰国します。
↓一晩お世話になったボルチモア空港近くのHoliday inn。
イメージ 1

ホテルから無料送迎バスで空港まで送っていただきました。ドライバーがすごく陽気な人で、英語でジョークを飛ばしまくるのですが、いかんせん英語の能力が追い付いていかないので、すべてを理解するのは無理でした(笑)
降りるときにチップを1ドル渡しましたが。

↓ボルチモア空港。
イメージ 2

今日はボストンまでLCCのジェットブルー、ボストンから成田までJAL便で帰ります。ただ、航空券自体はJALで予約購入しているため、ボルチモア→ボストンはコードシェアでJL5857の便名で予約しています。

ジェットブルーのカウンターで搭乗手続き。航空券はボストンまでしか発券できず、成田まではボストンで受け取ってほしいといわれました。
ただし、預け入れ荷物は成田までスルーできました。
イメージ 3


イメージ 4

セキュリティーチェックを通り、D2ゲートへ。
イメージ 5

jet Blue626便でボストンへ飛びます。
イメージ 6

乗る機材が到着しました。エンブレア190です。
イメージ 7

9:30過ぎに搭乗開始。なんとwi-fiが使用できるようです。
イメージ 8

座席は2-2の配置です。
イメージ 9


また、各席には個人用モニターがあり、LCCとは思えない設備です。
イメージ 10

離陸してしばらくすると、お菓子が配られました。
イメージ 11

出発して30分もしないうちにニューヨークが見えてきました。
イメージ 12

さらにコーラが配られました。
イメージ 13

着陸態勢に入るとボストンの街並みが見えてきました。
イメージ 14

港には大型の客船が停泊していました。
イメージ 15

定刻より多少早く着きました。
イメージ 16


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
イメージ 17

この記事に

GWに行ったアメリカ旅行記の続き、ワシントンD.C.観光2日目です。

前回までは、この記事を参照してください。

昨日と同様の簡素な朝食をいただきます。
イメージ 1

今日は明日の帰国に備えてボルチモア空港のホテルに移る予定なので、ホテルはチェックアウトして荷物だけ預かってもらいます。

地下鉄に乗って、最初の目的地の最寄駅へ。
イメージ 2

地上に出て少し歩きます。
イメージ 3

今日はまずアーリントン国立墓地へ来ました。
イメージ 4

荷物検査をして敷地内へ入ります。
無数ともいえるお墓が生前と並んでいて、何とも言えない感覚に襲われます。
イメージ 5

"SILENCE AND RESPECT"ちょっと上手い日本語が当てられませんが、「静寂と敬意」をと言ったところでしょうか。
イメージ 6

ちまみに、ここからはペンタゴン(国防総省)が少し見えます。
イメージ 7

ケネディー大統領などの有名な方のお墓もあります。
イメージ 8

アーリントン国立墓地の北側には硫黄島記念碑が立っています。
イメージ 9

遠くには昨日見たワシントン記念塔や国会議事堂が見渡せます。
イメージ 10

アーリントン国立墓地を後にして、地下鉄を乗り継いでスミソニアンまで来ました。昨日みた国会議事堂が見えます。
イメージ 11

今日はスミソニアン博物館の中から最も見たかった航空宇宙博物館を見学します。
イメージ 12

入口から入ると早速宇宙関係の展示が目に入ってきます。
イメージ 13

ハッブル宇宙望遠鏡です。
イメージ 14

ミサイルも展示してあります。今年シリアに打ち込まれたトマホークもありました。
イメージ 15

戦時中活躍した零戦も展示してありました。
イメージ 16

スミソニアンを出て今日は日本食で昼ご飯です。ラーメン屋「大鍋屋(ダイカヤ)」でさんです。
イメージ 17

こちらが頼んだラーメン。可愛い店員さんに「トッピングはいらないの?」とか聞かれてしまったので、チャーシュー追加してしまいました(笑)
味はまぁまぁでした。
イメージ 18

昼ご飯の後は食後の運動を兼ねて周辺をブラブラ。しかし、中華街って世界中どこに行ってもありますね〜。
イメージ 19

散歩の後は、今日の夜のボルチモア空港までの交通手段を確認しに行きます。
ボルチモア空港までは、メトロのGreen Line の終点”Greenbelt”駅からバスが出ているというのは、事前の調べで分かっているのですが、最終バスの時間がわからなかったので、確認しにいきます。

いざ、地下鉄の駅で電車を待っていると、なぜかGreenbelt駅まで行く電車はなく、1つ手前の"College Park-U of Mid"行きの電車ばかりです。
とりあえず、乗ってCollege Park-U of Mid駅まで行ったら謎が解けました。何らかの理由で最後の1駅は運休で無料の代行バスがあるということでした。
イメージ 20

で、無事について時刻表を確認すると夜は10:00が最終のようです。
イメージ 21

ところで、今日はタマタマ同じくワシントンに来る予定のマイミクさんがいらっしゃるので、簡単なオフ会をすることに昨日決まりました。
市内に戻りMetroCenter駅近くのホテルに到着したマイミクさんを向かいに行きます。今日が初対面の方でしたが、無事お会いできました。

近くのスタバで3時間近くお茶して、いろいろお話させて頂き、大変楽しいひと時でした。

そのあと、ホテルに荷物をピックアップしに戻ります。
↓今回、止まったAMERICANA HOTEL。

イメージ 22

20:40のバスを捕まえて空港へ。今日はボルチモア空港近くのホリデイインに泊まります。空港からは無料の送迎サービスがあるのですが、到着時間が読めなかったので送迎予約はしてこなかったので、うまく送迎してもらえるか心配でしたが、なんとばバスが空港に着くと、すぐ近くにホテルの送迎バスがいました。

すかさず、乗せてもらいました。
チェックイン時に明日の空港までの送迎を頼み、部屋へ。

部屋は昨日までのホテルより格段に良い部屋です。

イメージ 23

しかも湯舟つき。これで疲れをゆっくり落とせます。
イメージ 24

明日の帰国の長距離フライトに備えてゆっくり休みました。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
イメージ 25

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事