ここから本文です
シフクNOTEブログ
旅やミスチルのことを中心に書いていきます。
GWに行ったアメリカ旅行記です。

この記事は、この記事からの続きとなっています。

レキシントン南部のKFC1号店を見学し、その近くのサンダースパークを見学し、その後からの話になります。

日時は2017年4月30日です。

サンダースパークの目の前に汽車が飾ってありました。
KFCに置いてあった、パンフを読むと鉄道博物館になる予定のようですね。
イメージ 1

その後、再び北上しレキシントンの町に戻ります。

次に行ったのがレキシントン最大の見どころと地球の歩き方に書いてある”ケンタッキー・ホース・パーク”。

馬に関するイベントが行なわれたり、博物館があります。
イメージ 2

ちょうど、馬術のイベントがやっており盛り上がっていましたが、イベントは既に終盤で、チケットを売っている受付に聞いたら「もう終盤だから、外側から見て」と言われてしまいました。

と、言うことで遠巻きに少しだけ見学しました。事前に調べておけばよかったかなと少しだけ後悔。
イメージ 3

その後は博物館見学。
イメージ 4

馬の生物学的な歴史や人との関わりの展示が充実していました。
イメージ 5

外では乗馬をやっていたので、ひょっとしたら出来たのかも知れません。
イメージ 6

この後は夕食の時間までスタバで時間調整。
イメージ 7

イメージ 8

夕食はこちらで食べました。O'Charley’sというお店です。
イメージ 9

食前のパンを頂き、
イメージ 10

こちらがメインです。お肉にポテトとカロリー満点ないかにもアメリカンな食事でお腹が一杯になりました。
イメージ 11


このお店の店員さんがたまたま、大学で日本語を勉強してい女性の方で半分は日本語でサービスして頂きました。なので、チップをはずみチップ込みで20.89ドルでした。

また、旅行は明日に続きます。

ブログランキングに参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
イメージ 12

この記事に

GWに行ったアメリカ旅行記の続きです。

この記事は前回のこの記事の続きになっています。

ラウンジを出て搭乗ゲートのB3に向かいます。

イメージ 1

今のところ定刻のようです。
イメージ 2

しかし、搭乗開始予定時刻になっても一向に搭乗が始まらず、アナウンスもありません。近くにいたおばちゃんが係の人に状況を質問すると、「ゲートが変更になった」と。

それを聞いた周りの乗客たちは一斉に変更先のB5へ大移動。変更になったのに、変更をアナウンスしないとは、これがアメリカスタイル??

変更先のB5に到着。
イメージ 3

しかも、40分近い遅延になるよう。確かにまだ飛行機の姿がありません。成田→ダラス便が50分近い早着で、AAの評価が良かったのに、ここで評価は急降下です(笑)
イメージ 4

12:45頃、ようやく折り返しになる飛行機が到着。機材はERJ-175です。イメージ 5


13:00過ぎにようやく搭乗開始。搭乗券をバーコードリーダにかざすとエラー音が!あれ、間違えたかな?と思ったら、係員がチェック。すると、、、
「アップグレードよ」
と言って新しい搭乗券をくれました!
初めてのいわゆる「ゲートピンポン」でのインボラアップグレードでした!
ここに来てAAに対する評価が再び急上昇(笑)
イメージ 11

こちらが本日の席になります。
イメージ 6

1-2の座席配置で、前方4列が上級席のようです。JALのクラスJみたいな感じでした。
イメージ 7

帰国後に調べると一応キャビンクラスはファーストクラスという位置付けのようですね。ビジネスクラスがないので、実質はビジネスクラス相当なのだと思います。
イメージ 8


離陸前というより、まだボーディングブリッジから離れる前に、ドリンクのオーダーを聞きに来たので、とりあえずコーラを頂きました。
イメージ 9


しかし、すぐタキシングが始まりテーブルが出せない状態なので、手でコップと缶を持ったまま離陸となりました(笑)

ダラス空港を離陸。
イメージ 10

上空に出ると夏らしい雲が広がっていました。
イメージ 12

水平飛行に入ってから、再度のドリンクサービス。今度はビールを頂きました。
イメージ 13

スナックのサービスもあったので、併せてポップコーンを頂きました。
イメージ 14

時計をダラスのアメリカ中央時間から1時間進めてアメリカ東部時間に合わせます。

2時間ちょっとの飛行はあっという間でレキシントンの風景が見えてきました。
レキシントンの空港は"Blue Grass空港"という名前がついており、その名にふさわしい風景です。北海道を思われますね。
イメージ 15

そして、16:10過ぎにケンタッキー州のレキシントンに到着。
イメージ 16

レキシントンと言えば、サラブレッドの産地として有名。
イメージ 17

そして、郊外に行けばバーボンの蒸留所が点在するバーボンの産地でもあります。
イメージ 18

空港には現地在住の友人に迎えてに来てもらいました。

今日から2泊友人宅でお世話になります。

友人の買い物に付き合い、近くのスーパーで買い物。
イメージ 19

そして、夕食については怪しい日本食に連れていってもらいました。今日は機内食を食べてばかりいたので、アメリカのカロリー高めの食事は無理そうでしたので(笑)

「OSAKA」という、いかにも海外の人が付けそうな名前のお店です(笑)
イメージ 20

「チキンすき焼き」なる怪しげなメニューがあったので、それにトライ。
イメージ 21

味はすき焼き風味なのですが、やはり肉がチキンというのが妙な取り合わせでした(笑)味は普通でした。

食事の後はレキシントン郊外の友人宅へ向かいました。夜8:00前でこの明るさ。日が長いのですね。
イメージ 22

ブログランキングに参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
イメージ 23

この記事に

GWに行ったアメリカ旅行記の続きです。

この記事は前回のこの記事の続きになっています。

今日はダラスでの乗継の際に利用したアメリカン航空のADMIRALS CLUBラウンジの様子です。

成田からダラスまでのAA176便は定刻より50分ほど早くダラス・フォートワース空港に到着しました。

入国審査と税関審査を抜けるのに約1時間近くかかりました。成田からの便はターミナルDに着いて、乗継のケンタッキー州レキシントン行きAA3233便はターミナルBからの出発のため、移動する必要があります。

ダラスの空港は所々に日本語表記があり、ありがたいです。
イメージ 1

セキュリティーチェックで全身ボディースキャナーデビューして、制限エリアへ。
ターミナルBへ移動するため、SKYLINK乗り場へ。
イメージ 2

この奥がSKYLINK乗り場になります。
イメージ 3

SKYLINKを降りて、ゲートB3方面へ歩いて行くとラウンジの入り口があります。入り口が質素なので、危うく通り過ぎてしまうところでした。
イメージ 4

入ってみます。
イメージ 5

受付で写真のようなドリンクのバウチャーをもらいました。私の英語能力で聞き取ると、このバウチャーでアルコールかミネラルウオーターが1杯無料で飲めるようです。
イメージ 6

今回は利用しませんでしが、アルコールは飲み放題ではないようですね。ソフトドリンクはお替り自由でした。

また、無料のWifiが利用できます。

ラウンジの中の様子です。(イスはここ以外にも沢山あります)
イメージ 7

↓パンやフレーク類。
イメージ 8

↓果物やソフトドリンク類です。
イメージ 9

↓裏手に回るとコーヒーマシンがありました。
イメージ 10

新聞なども置かれています。
イメージ 11

私はアルコールはパスして、パンとジュースを頂きました。
イメージ 12

ラウンジからの眺め。アメリカン航空の本拠地だけあり、アメリカン航空だらけです。
イメージ 13

ラウンジで2時間ほどまったりして、レキシントン行きに乗るためゲートへ向かいました。
イメージ 14

次回はレキシントン行きの飛行機の搭乗記を書きたいと思います。

ブログランキングに参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
イメージ 15

この記事に

GWに行ったアメリカ旅行の往路、成田→ダラスのアメリカン航空の搭乗記です。

この記事は、前回のこの記事からの続きになっています。

ラウンジを出て、73番ゲートへ向かいます。本日は10分早発です。
イメージ 1

今日お世話になる機材はB777-200です。
イメージ 2

今回はダラスまで飛び、そこからケンタッキー州のレキシントンまで乗継ます。予約はコードシェアのJL便名で入れています。
イメージ 3

搭乗します。今回は幸運にも、非常口席の窓側が抑えれらて26Aにお世話になります。
イメージ 4

↓肘掛下に電源が備えてあります。
イメージ 5

席に座るとかんな感じに見えます。ドアの出っ張りが邪魔ですが、足元は広くエコノミーとしては快適な席です。
イメージ 6

さて、非常口席は緊急時の作業のヘルプが求められます。で、今回アメリカの航空会社ということで英語の能力が試されるのではないかと、ちょっと緊張していましたが、実際には英語で「緊急時の手伝いに同意するか?」と聞かれて「YES」と答えればOKでした。
ちなみに、隣2席はアメリカの方でした。

そして、イヤホンの配布。必要な人だけ受け取る感じです。
イメージ 7

正面のテレビには非常口席と、しっかり書いてあります。
イメージ 8

ちゃんと個人用ディスプレイは日本語に対応していました。
イメージ 9

↓エンターテイメントの中に「君の名は」があったので、、、、
イメージ 10

見ました。
イメージ 11

そうこうしているうちに、おつまみと飲物がサーブされました。
イメージ 12

そして機内食。お肉の味付けもまぁまぁで、美味しく頂きました。
イメージ 13

食後にはペットボトルの水が配られました。ここら辺は日系と同じですね。
イメージ 14


飛行機は洋上をひたすら東へ。
イメージ 15

まだ、半分も来てない感じですね。
イメージ 16

機内はおやすみモードになり、照明が暗くなります。その間、後方ギャレーと非常口席付近にスナックと飲物が置かれ、「ご自由にお取りください」状態となっていました。
イメージ 17

「君の名は」を見終わったら、続いてダン・ブラウンの「インフェルノ」を鑑賞。
イメージ 18

その間に軽食配布。
イメージ 19

そして、北米大陸が見えて来ました。
イメージ 20

そして、朝食です。パンとフルーツの簡単なものです。
イメージ 21

この時隣のアメリカ人が「パイナップルアレルギーだからパイナップルあげるよ!」って言って来ました。
「残念ながらお腹がいっぱいで、入りそうにありません。」と答えると、逆側に座っているアメリカ人にあげてました。

眼下には雲が広がっています。
イメージ 22

ダラスまでもう少し。
イメージ 23

そして定刻より何と約50分早く到着しました。
イメージ 24

ダラスで入国審査と税関抜けて荷物を再度預けて、レキシントン行きに乗継のターミナルを探します。。。。

次回はダらスのラウンジの様子から書こうと思います。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願い致します。
イメージ 25

この記事に

GWにアメリカに旅行して来ました。

航空券は日本発着のものは高くて買えなかったので、JALのクアラルンプール発の航空券を発券しました。
航空券については、こちらの記事を参照して下さい。

4/29、連休初日に出国しましたが、成田からはアメリカン航空運航便利用でした。この記事では、チェックインからアメリカン航空のラウンジの様子をお伝えしようと思います。

連休初日ということで、混むことが予想されたので出発の3時間前くらいに成田空港へ向かいました。

予想通り、カウンターはすごく混んでいました。アメリカン航空のカウンターで手続きしましたが、写真の左がプライオリティーレーンですが、ここで15分待ち、手続き完了まで20分程度かかりました。
イメージ 1

今回はダラス経由でレキシントンまで飛びますが、ダラス行きは10分早発になるようです。
イメージ 2

続いてセキュリティーチェック。こちらもご覧の通り、長蛇の列。写真奥が一般列、手前がプライオリティーレーンになりますが、一般側はおそらく30分以上待つのではないか?と思われるくらい列が続いていました。
イメージ 3

プライオリティー側も結局15分位待ちました。。恐るべしGW。

その後、出国審査で少し並んで、ようやく制限エリアへ。

そして、今回初めて利用するアメリカン航空のラウンジ"Admirals Club(アドミラルズクラブ)"へ。
イメージ 4

このラウンジはアメリカン航空以外にもフィリピン航空、海南航空、そしてJALの指定ラウンジにもなっているようです。
イメージ 5

JALは2012年から"JAL LOUNGE with American Airline"として、JALのサクララウンジと同じ料理の提供などを行っています。
詳しくはこちらを参照して下さい。

中に入るとまず、和のテイストを取りこんだインテリアが目に付きます。外国の人にはこういうのが受けるのでしょうね。
イメージ 6


イメージ 7

そして、JALのサクララウンジと比較して空いているのが特徴です。
イメージ 8

窓側からの採光も充分取られていて明るい雰囲気です。
イメージ 9

そして、気になる飲食コーナーですが、まずはお酒です。日本のものは少ないですが種類はそれなりにあります。(私がお酒に詳しくないので、どういうランクのものが置いてあるかはわかりませんが。)
イメージ 10

世界の代表的な都市の時間を知らせる時計がお酒コーナーの上にあります。
イメージ 11

JALからの提供品コーナー。ご飯やお味噌汁、サラダなどがあります。
イメージ 12

ハムやチーズはコーンフレーク系なども置いてあります。
イメージ 13

私は和食を頂きました。ちなみにビールは日本の銘柄が置いてあります。
イメージ 14

雑誌類・新聞類は日本のものも豊富にあります。
イメージ 15

今回は利用しませんでしたが、シャワールームもありラウンジとしてのクオリティーは充分と思います。サクララウンジなどが混んでいる時は、比較的空いているこちらを利用しても良いと思える落ち着いたラウンジでした。

次回はアメリカン航空の搭乗レポを書きたいと思います。

ブログランキングに参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
イメージ 16

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事