ここから本文です
てくてくやまさん
のんびりゆっくり自然を満喫

書庫全体表示

映画「岳」観て来ました。
久々に大感動です。
こんな山岳映画始めて見たような気がする。
主人公のあの明るさがとても新鮮で、あっという間に引き込まれてしまった。
山に捨ててはいけない物
 「ゴミ」と「命」
この言葉、心にずっしりと重く響いてきた。
山で死ぬのは美学でもなんでもないってこと。
そして、「規律」を重んじ「感情に流されない正確な判断」と「撤退する勇気を持つ事」「惜しみない協力」「決して諦めない」
山でトラブルを最大限回避するには、周到な準備と自分に見合った山を選ぶことと、決して見栄を張らない。
とはいってもかなり矛盾していると思うけど、チャレンジ精神は捨ててはいけない。
トラブルが起きた時の対処方法も少しは身に付けておくべきでしょうね。
山に行くのは自己責任にで行くのだから関係ないと言うことを言う人がいるけどもそれはそうだけども、それ以上に社会的責任があると言う事を忘れてはいけないと思う。
ひとたび何か起こした時や起こった時、は多くの人に迷惑をかけると言う事を肝に銘じておくべきだと思う。
どんな山に行く時にも必ず「登山届けを出す」「山岳保険に入っておく」
 若い頃は、いけいけどんどんの特攻隊的な登り方をしていました。
なんか起こっても、救助隊がいるからなんて安易な考えを持っていました。
今思うとなんてムチャクチャだったのだろうかと思う。何も無かったのはたまたま運が良かっただけ。
どんなに注意を払っていても、事故は起きるもの、また事故に巻き込まれる事もある。そんな時でもあわてず行動できるように心がけたいですね。
何も無い事が続くと感覚が麻痺してしいがちですよね。
 
とにかく、安全登山で思いっきり楽しみましょう。
 
今年の夏は、大好きな八ヶ岳へまた行く事にします。
今年は、黒百合から白駒池を回る予定です。
北アルプスは来年かな?
穂高、槍、白馬、剱岳、行きたいところのオンパレード
 
イメージ 1
雲取山付近より
 

 

  • 顔アイコン

    こんにちは、初めまして、山好きの父の娘のリフティです、タイトルから訪問いたしました。
    映画「岳」を見て、とても感激しました。舞台になった北アルプスは、私も、何度も足を運んだ思い出の場所。(^^♪
    中でも穂高の涸沢と後立山がロケ地になっていて、とてもスケールのよい出来栄えだったと思います。
    この映画、多くの人に見てもらいたいと願っています。(*^^)v
    ポチ☆

    リフティ2006

    2011/6/10(金) 午後 4:53

    返信する
  • 顔アイコン

    リフティさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    北アルプスへの思いが再び燃え上がってしまいました。
    (点の記)にしても、山岳映画たまらないですね。

    「岳」また見に行きます。

    沢山の人に見てもらいたいですね。

    ゴールドりっキー

    [ てくてくやまさん ]

    2011/6/10(金) 午後 8:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事