ここから本文です
イメージ 27


 ⑳【幕末〜明治の街道風景】東海道.


 私らが生まれていない時代のこと、そしてここに写っているご先祖様は、全て仏様になっておられる事を考えると、これらの写真は、不思議な不思議な世界なのです。

 外国人が日本の珍しい風物を写真に収めたり、当時の日本の写真家に頼んで写し、残された写真です。

 幕末から明治時代にかけての、日本のご先祖様の姿が沢山写されております。

 
 写真に残されている東海道の松並木・・・
 昭和30年に国鉄東海道線を利用しましたが、豊橋、浜松、沼津、小田原、藤沢などには「旧東海道の松並木が、延々と未だに残されているなぁ・・」と云う思いで、列車の窓から松並木を眺めた思いが残っております。
 その後、松喰い虫の猛威により、殆んど失われたのは残念なことですね。

イメージ 1
       厚木市・飯山の土橋 (現在の神奈川県厚木市飯山) 

イメージ 2
             東海道・ 藤沢近く

イメージ 3
               江 の 島

イメージ 4
               江ノ島参道入口

イメージ 5
                 東 海 道

イメージ 25
               帆掛け舟

イメージ 26
                                   漁村にて  (1870年)


イメージ 6
              西伊豆・ 堂ヶ島


イメージ 7
             鎌倉・長谷寺 (1880年)

イメージ 8
                鎌倉の大仏

イメージ 9
                鎌倉・大仏

イメージ 10
               東 海 道

イメージ 11
               東 海 道 

イメージ 12
          東海道 横浜市生麦事件現場付近・・
生麦事件=幕末の文久2年(1862年9月14日)に武蔵国橘樹郡生麦村(現・横浜市鶴見区生麦)付近において、薩摩藩主島津茂久(忠義)の父・島津久光の行列に乱入した騎馬のイギリス人たちを、供回りの藩士たちが殺傷(1名死亡、2名重傷)した事件である。
尊王攘夷運動の高まりの中、この事件の処理は大きな政治問題となり、そのもつれから薩英戦争(文久3年7月)が起こった。

イメージ 13
          生麦事件現場付近  (1862年)

イメージ 14
               鎌倉事件現場
鎌倉事件=幕末、元治元年(1864年11月21日)に相模国鎌倉郡御成)で、イギリス人士官2名が日本の武士に斬殺された事件。


イメージ 15
              神奈川・台の関門

イメージ 24
     横浜・戸塚〜保土ヶ谷間の焼餅坂(建物裏に見える上り坂)

イメージ 28
                小田原宿


イメージ 16
          東海道・藤沢近くで大八車を押す母娘 

イメージ 17
             東海道・横浜〜藤沢間にて

イメージ 18
              東海道・横浜〜藤沢間

イメージ 19
             東海道・神奈川近くで

イメージ 20
以下、明治時代・・・(1980年頃)

イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23








保存保存保存保存

この記事に

イメージ 25

 ⑲【幕末〜明治の街道風景】箱根.


 私らが生まれていない時代のこと、そしてここに写っているご先祖様は、全て仏様になっておられる事を考えると、これらの写真は、不思議な不思議な世界なのです。

 外国人が日本の珍しい風物を写真に収めたり、当時の日本の写真家に頼んで写し、残された写真です。

 幕末から明治時代にかけての、日本のご先祖様の姿が沢山写されております。

 
 写真に残されている東海道の松並木・・・
 昭和30年に国鉄東海道線を利用しましたが、豊橋、浜松、沼津、小田原、藤沢などには「旧東海道の松並木が、延々と未だに残されているなぁ・・」と云う思いで、列車の窓から松並木を眺めた思いが残っております。
 その後、松喰い虫の猛威により、殆んど失われたのは残念なことですね。

イメージ 1
       箱根 の 田舎道・三枚橋付近  (1890年代)

イメージ 2
            箱根 湯本 三枚橋 


イメージ 3
            箱根・芦ノ湖  (1932年)

イメージ 4
               箱根の宿場

イメージ 5
              箱根の宿・芦ノ湖畔

イメージ 19
               箱根の村人


イメージ 6
       箱根宿、宿場の入口に関所がある  (1867年頃)

イメージ 7
              箱根宿場

イメージ 8
               箱根神社か?

イメージ 20
                 箱根神社 


イメージ 9
            箱根芦ノ湖畔にて・・

イメージ 10
               箱根・・芦ノ湖

イメージ 11
              駕籠による箱根越え

イメージ 12
            箱根の杉並木 (1880年)

イメージ 23
             箱根・塔ノ沢温泉


イメージ 13
            Two carriers of Kago, (1920年)


イメージ 24
              富士市・河合橋

イメージ 14
             東海道・・富士市河合橋


イメージ 15
        富士のふもとで農作業帰りの農民  (1918年)


イメージ 16
             駿河湾にての帆掛舟・・


イメージ 17
          富士吉田付近から・・ (1866年)

イメージ 18
           富士吉田にて  富士登山口

イメージ 21
              東海道の松並木光景

イメージ 26
            茶店の点在する東海道


イメージ 22
          東海道の松並木光景と並ぶ茶店








保存保存保存保存保存保存保存保存

この記事に

イメージ 25

 ⑱【幕末〜のサムライたち】3.


 私らが生まれていない時代のこと、そしてここに写っているご先祖様は、全て仏様になっておられる事を考えると、これらの写真は、不思議な不思議な世界なのです。

 外国人が日本の珍しい風物を写真に収めたり、当時の日本の写真家に頼んで写し、残された写真です。

 幕末から明治時代にかけての、日本のご先祖様の姿が沢山写されております。



イメージ 1


イメージ 7


イメージ 2
新撰組の近藤勇と沖田総司

イメージ 3
近藤 勇(こんどう いさみ)

イメージ 4
土方歳三  新撰組副長

イメージ 5
            新選組の集合写真らしい。
(後列左より)井上源三郎、尾形俊太郎(一人おいて)谷三十郎、長倉新八、
松原忠司、原田左之助。
(前列左より)南部与七、斎藤一馬、沖田総司、



イメージ 6
          斎藤一の鮮明な写真【新撰組幹部】


イメージ 16
              若き頃の斎藤一


イメージ 8
                  松平石見守康直。第一次遣欧使節団の副使を務めた。


イメージ 9
1870’s, Japan, a few years after the abolishing of the samurai by the command of the Emperor..

イメージ 10
               役人の写真

イメージ 11
       島津珍彦(うずひこ)(久光の四男)(1867年)


イメージ 49


イメージ 12


イメージ 13
 織田信福(おだ・のぶよし)。高知市内で歯科医をしていた。(1878年頃)

イメージ 14
            若い頃の鍋島直大。(1866年)

イメージ 15
              正装した・上級武士

イメージ 17
          お役人 in Nagasaki (1868年)

イメージ 18


イメージ 19
western style rifle and back mounted sword by Ueno Hikoma late 1860s ( Boshin war)

イメージ 20
侍 (1880年)

イメージ 21


イメージ 24



イメージ 22
          Japaner mit Kind. Burger, Wilhelm.

イメージ 23


イメージ 43



イメージ 40

      

イメージ 26
         宇和島藩主、伊達宗城(1818〜1892)

イメージ 27


イメージ 47
               幕臣  勝 海舟


イメージ 28
               山岡 鉄舟

イメージ 29
               大久保 利通

イメージ 30
               幕臣 榎本武揚

イメージ 31
               横山主税常守

イメージ 32
       中津藩の藩主で、宇和島藩主・伊達宗城の四男。
    
イメージ 33
                高杉 晋作

イメージ 34
            木戸孝允と養子・孝正

イメージ 48
             渋沢平九郎  (1867年)

イメージ 35
                吉田 松陰

イメージ 36
            十五代将軍 徳川 慶喜

イメージ 37
         十五代将軍 徳川 慶喜 (1867年)

イメージ 44
            十五代将軍 徳川 慶喜


イメージ 38
      Samurai, By Felice A Beato, late (1868年)


イメージ 39
                同心の侍

イメージ 41


イメージ 42


イメージ 45


イメージ 46
Members of the first embassy of Japan to the United States,1860.

           




保存保存保存保存保存保存保存

この記事に

イメージ 29

 ⑰【幕末〜のサムライたち】2.


 私らが生まれていない時代のこと、そしてここに写っているご先祖様は、全て仏様になっておられる事を考えると、これらの写真は、不思議な不思議な世界なのです。

 外国人が日本の珍しい風物を写真に収めたり、当時の日本の写真家に頼んで写し、残された写真です。

 幕末から明治時代にかけての、日本のご先祖様の姿が沢山写されております。


イメージ 1
    万延元年(1860)遣米使節団のニューヨーク訪問。使節団随員。

イメージ 2
    万延元年(1860)遣米使節団のニューヨーク訪問。使節団随員。

イメージ 3


イメージ 4
            薩摩藩・二人の子息と家来

イメージ 5
          薩摩藩・子息と家来たち  (1866年)

イメージ 6
      戊辰戦争(ぼしんせんそう)中の薩摩藩の藩士(1968年)

戊辰戦争(ぼしんせんそう)
慶応4年〜明治2年(1868−69年)は王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩・土佐藩らを中核とした新政府軍と旧幕府勢力及び奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦。
名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。
明治新政府が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅したことにより、これ以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められることとなった。


イメージ 7
                 薩摩藩最後の藩主・島津 忠義

イメージ 8
                                  Boshin war era samurai .

イメージ 9
                      Satsuma clan, Boshin war era, late 1868

イメージ 10
   Samurai from the Satsuma clan, Boshin war era, late 1868

イメージ 11
  Samurai from the Satsuma clan, Boshin war era, late 1868.

イメージ 12
   Boshin war era samurai, late edo period. 上田藩 military band.

イメージ 13
      Samurai troops, Boshin war ers, late Edo period.


イメージ 14
         Boshin war era samurai, late 1868.


イメージ 15
              幕 府 陸 軍。



イメージ 17

イメージ 19



イメージ 16


イメージ 18


イメージ 20
            大河原 邦男   相馬藩副軍師.

イメージ 21


イメージ 22

イメージ 23


イメージ 24
       Samurai in armor wearing a jingasa,  1870


イメージ 25

イメージ 26
            Samurai in armor, 1870。

イメージ 27
               具足を着用した侍

イメージ 28
               具足を着用した侍

イメージ 30
            軍配を持ち甲冑を着た武士




保存保存保存保存保存保存保存保存

この記事に

イメージ 28

 ⑯【150年前 幕末〜のサムライたち】1.


 私らが生まれていない時代のこと、そしてここに写っているご先祖様は、全て仏様になっておられる事を考えると、これらの写真は、不思議な不思議な世界なのです。

 外国人が日本の珍しい風物を写真に収めたり、当時の日本の写真家に頼んで写し、残された写真です。

 幕末から明治時代にかけての、日本のご先祖様の姿が沢山写されております。



イメージ 1


イメージ 2
写真家の始祖、上野彦馬が長崎で撮った写真(1862年)


イメージ 3
          井上 馨、     久世喜弘、
       中井 弘、   大隈重信、    伊藤博文、


イメージ 4
              若き日の 伊藤 博文

イメージ 32
    大隈重信、佐賀藩士、明治元勲の一人で、早稲田大学の創設者


イメージ 17
      倒幕活動に身を投じていた志士時代の 伊藤 博文


イメージ 5
          長州藩士   井上 聞多 (井上 馨)


イメージ 6
     A group of samurai with a foreigner (far right)


イメージ 7
   A group of samurai with three foreigners in the middle..

イメージ 8
             Samurai. ~ 1860 –

イメージ 9


イメージ 10
              薩 摩 藩 士

イメージ 11


イメージ 15
     幕末から明治にかけて活躍した偉人たちの集合写真

幕末の志士たちが揃いも揃ってこれだけ写っているとは・・・と思っていましたが、https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n344006 サイトを確認しますと・・・
「原板に写る佐賀藩士の一人で、中老などを務めた伊東次兵衛の日記に、明治元年10月8日に長崎にあった上野彦馬の写真館にフルベッキらと出かけ、写真を撮ったことが記されている。「若い武士は月代(さかやき)をそっておらず、時期は幕末から明治期。日記にある通り明治元年の撮影と考えられる」と言う。フルベッキを囲んで多数の武士が写るこの写真は、もともと明治時代に致遠館の生徒の写真として世に出ており、龍馬没後の明治元年に同館に留学した、岩倉具視の息子2人が写っている点などからも、志士の写真ではあり得ない。だが、約40年前に「慶応元年(1865年)に志士が長崎で撮った写真」とする説が出され、写真に名前をつけたものが売られたことから、「志士の集合写真」として広まった」
志士たちが同時期にフルベッキから教育を受けたのかも疑問です。


イメージ 16
●幕末students at the school.  included Ōkuma Shigenobu, Itō Hirohumi, Ōkubo Toshiimichi, Sagara Tomoyasu, Soejima Taneomi,...

イメージ 19
                勝 海舟

イメージ 20
             土佐藩士  中岡 慎太郎

イメージ 33
            土佐藩士  中岡 慎太郎


イメージ 30
                                   土佐藩脱藩  坂本 竜馬

イメージ 31
          高杉 晋作(中央)と 伊藤 博文(右)


イメージ 12
   A group of samurai wearing jingasa and walking with…

イメージ 13
              外国人警護担当の侍

イメージ 14
桂小五郎(木戸孝允/後列中央)と毛利元徳(前列右端)明治3年(1869)

イメージ 18
桂 小五郎

イメージ 21
福田作太郎、太田源三郎、福澤諭吉、柴田貞太郎、
文久2年(1862年)オランダにて。

イメージ 34
福澤 諭吉   慶応義塾大学創立者。 啓蒙主義者


イメージ 22
            福沢諭吉 (幕府使節団 通詞)


イメージ 23
      生麦事件現場を訪ねて来た侍 (神奈川宿 1862年)

イメージ 24
      第2回遣欧使節団の使節三名と思われる(1863年)
   
右から河津伊豆守・副使、池田筑後守・正使、河田相模守・目付。

イメージ 26
            Samurai   (1860年)

イメージ 27
(1865年)

イメージ 25
         江戸末期の侍 (薩摩藩士 1860年)



イメージ 29


● オールド にっぽん ↓↓↓

120年前 京都】1. https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36756469.html
②【120年前 京都】2. https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36767922.html
120年前 金刀比羅神社参道】 https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36783968.html
120年前 大阪・道頓堀界隈】1.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36795845.html
120年前 大阪】2. https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36811686.html
120年前 神戸・有馬・城崎温泉】3. https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36854631.html
150年前 幕末〜明治の風俗】1.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36866385.html
150年前 幕末〜明治の風俗】2.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36879106.html
⑪【150年前 幕末〜明治の風俗】3.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36892754.html
150年前 幕末〜明治の風俗】4.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36907067.html
150年前 幕末〜明治の風俗】5.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36918040.html
150年前 幕末〜明治の子供たち】1.https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36930103.html
150年前 幕末〜明治の子供たち】2. https://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/36942689.html 



保存保存保存保存保存保存保存保存保存

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事