ここから本文です

書庫全体表示

 海軍徴用船「護国丸」(10,439総トン)は、 昭和19年(1944)9月16日海南島を出帆、他の輸送船2隻と共に門司に帰る途中の20日、馬公付近で中国内陸基地発進の米機B−25の空襲を受け、4番艙左舷と左舷プロペラを損傷、右舷機のみの11ノットで高雄、基隆に寄港、基隆で仮修理の後、駆逐艦「響」に伴われて11月7日出航して11ノットで北上しました。

 そのうち「響」に赤痢患者が多数発生して護衛任務が遂行不能となり、佐世保に先航したため護国丸のみの航海となり、古志岐島灯台沖を航行中の11月10日3時40分、魚雷2本が機関室と2〜3番艙に命中、大音響で炸裂しました。
本船は忽ち30度左傾、発電機、無線機が破壊されて船内は暗黒、遭難信号も打てない状態になりました。

立ち往生する護国丸の孤影を見て、大胆になった米潜水艦「ハーブ」が、3時55分、突然、右舷前方に司令塔を現しました。
船砲隊が傾いたデッキから射撃に移ると、潜水艦は直ちに姿を消したが、数分後、深手を負った船に真横から狙いを定めた魚雷1本が4番艙に打ち込まれました。

輸送指揮官・水野孝吉大佐は全員に「天皇陛下万歳」を奉唱させて退船を命じ、
乗組員は舷側より暗夜の海中へ飛び込んだ。
 4時06分、護国丸は船首を直立させて暁闇の東シナ海(北緯33度31分、東経129度19分)に海没しました。
輸送指揮官以下の兵
員47名、台湾からの特別志願兵など217名、及び乗組員60名が戦死しました。
 
イメージ 1
魚雷攻撃を受け水柱をあげる「護国丸」
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 前後部に銃座が増設されている。               迷彩色を施された護国丸の遠望。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  在りし日の護国丸
 

この記事に

  • 英霊に感謝。

    私の祖父も米潜水艦の攻撃で戦死しました。

    傑作○です。

    近野滋之

    2011/1/24(月) 午後 2:50

    返信する
  • 顔アイコン

    任務とは言え、常時「戦死」に直面した日常を
    黙々と日々こなしてゆくのは、人として耐えられないことです。

    先人の、精神力の凄さに驚かされます・・・

    [ 泰弘さん ]

    2011/1/24(月) 午後 6:17

    返信する
  • 大いに同感です。

    先人に恥じぬ日本にしましょう。

    近野滋之

    2011/1/25(火) 午後 4:00

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして・・ブログを拝見し昔父親が話していたことがこのことかなって思いました・・私が子供の頃少し聞いたことなので理解できませんでしたが・・秋津丸・東邦丸・船の名前は忘れましたが7回も沈められたこと・バシー海峡・高雄・基隆・・南方の島はラバウルを始め殆ど行ったことなど話していました・・所持品写真など殆ど海没したそうです・・いまこうして記録をみると大変を通り越して戦を生き抜いた精神力に驚嘆いたします・・父親は暁部隊と言うところに所属していたようです

    [ ターレット ]

    2011/10/7(金) 午前 0:12

    返信する
  • 顔アイコン

    サンタさん、ようお越しで・・・
    私の父も満州へ出征し、17年にラバウルへ移動、ラバウルでマラリアに感染し病院船ブエノスアイレス丸で帰国の途中撃沈されました。
    その様子を調べてゆく内に、轟沈場面の画集にめぐり合いまして記事にしました。↓
    http://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/18447349.html

    サンタさんのお父上は「暁部隊」とのこと、「部隊要覧」で調べますと船舶部隊で柳井、石巻、和歌山、三島などに本拠が在ったとか・・
    輸送船隊の機銃戦闘兵だったのでしょうね。↓
    http://blogs.yahoo.co.jp/y294maself/archive/2011/02/03

    [ 泰弘さん ]

    2011/10/7(金) 午後 1:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございました・・父の事を知る母も亡くなり戦争中のことはわかりませんがアキツ・トウホウ丸・平安丸の船の名前は記憶しております・・ラバウルには何回も行ったような話も聞き温泉があったことも話しておりました・・戦後は仕事もせず家族は大変でしたが父も沢山の友人をなくし大変な目に遭ったことを考えると可哀想に思えます・・

    [ ターレット ]

    2011/10/7(金) 午後 2:10

    返信する
  • 顔アイコン

    あきつ丸、東邦丸、平安丸の参考資料を、

    サンタさんのゲストブックに貼っておきました。

    新しい発見が有るかも・・・参考にしてください。

    [ 泰弘さん ]

    2011/10/7(金) 午後 9:53

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございました泰弘さん・・そうそう神州丸の話もしておりました・・そして宇品・・お陰でうる覚えの話がつながりました・・本当にありがとうございました

    [ ターレット ]

    2011/10/7(金) 午後 10:07

    返信する
  • 顔アイコン

    伯父 母の兄でした。
    この船に乗っていました。
    近年確かな情報で船名の判明したところでしたが文字情報だけでした。
    あなたさまのおかげで映像に会うことができました。

    [ しぶさわあい ]

    2012/11/11(日) 午前 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    しぶさわあいさん・・お早うございます。

    伯父様が乗務されていて、戦死されたのですか。
    長崎県平戸島沖で沈没されておりますね。

    敗退沈没状況など、当時は極秘の体制でしたので、公表されていなかったのですが、大阪商船の岡田社長が、嘱託画家・大久保一郎画伯に、生還乗組員の話を聞いて、忠実に描かせた最期の模様らしいです。
    私も父の病院船撃沈の状況を調べるうちに、出くわせた記事です。

    [ 泰弘さん ]

    2012/11/11(日) 午前 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    11月4日父が87歳で亡くなりました。
    この船に乗っていた生存者の一人でした。

    父の歴史の一部を垣間見ることができました。
    ありがとうございました。

    [ いや〜ん ]

    2013/11/8(金) 午後 11:04

    返信する
  • 顔アイコン

    お父さんの年齢から推測すると、当時は10代の意気盛んな
    青年乗組員でしたのですね。
    当時は、誰もが国家目的遂行のために、一所懸命になっていたのですね。
    多分、ココで救助の後も、別の船で相当な働きをされて来たことだろうとお察しいたします。
    ご冥福をお祈りいたします。

    [ 泰弘さん ]

    2013/11/9(土) 午後 0:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事