全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

薬・・・・・・・

イメージ 1

先日の診察で、しんどいのがなかなか改善しないことを話すと、医師は、「睡眠の質が悪いのかも知れないですよ。」と、言った。


先々回のときに、何度も夜に目が覚めるというと、レンドルミンとドグマチールを睡眠前の薬として処方されていた。


でも、今回さらに、もう少し長く効くらしい中間型の「ロヒプノール」が、睡眠前薬に加わった。


しかーし、11時前に飲んで、たぶん11時過ぎには眠っているのだろうけど、4時台、早い時は3時半に目が覚める。

深い眠りが得られてるのだろうか?

わからない。

で、目が覚めたら、横にはなってるけど、眠れない。

おまけに、動悸と発汗。

薬のどれかの副作用だろうか。

とても、不快。

眠れないから、余計なことを考える。

せめて、5時半までは眠りたい。


朝がとても、しんどい。



息子が、最近、やばいくらいしんどいと言う。

私の様子を見ているせいもあると言っていた。

8時半には、寝ると言って、部屋に上がる。

申し訳ないと思うけど、しんどいのはしんどい。


今の時間は、比較的楽なんだけどね。

だいたい、ウツは、午前中調子悪かったっけ。

開く トラックバック(2)

イメージ 1

新型インフルエンザの感染が、広まっていますね。

隣県まで、来ているので、次は、うちの県かな・・・・と不安な日々です。


昨日、職場で、薬事法とか健康食品の研修を受けましたが、大阪の本社から来た講師の方が、「大阪ではほとんどの人がマスクをしてるけど、こっちは、全然なので、びっくりした。」と言っていました。


まだ、県内では感染者がいないので、それほど危機感がないのかも知れません。


ところで、今週の日曜日は、息子の学校の通信制課程の遠足があるのです。


行き先は、お隣兵庫県の「但馬高原牧場」

でも、このたびの新型インフルエンザを警戒して、県内の某所に変更になりました。

県の危機管理メールでも、兵庫県・大阪府・京都府には極力行かないように、行かなければ行けないときは、しっかり予防するようにと注意が喚起されていました。


対岸の火事では、済まされない事態です。


とりあえず、手洗いとうがいで予防でしょうか。

イメージ 1

慣れない仕事のせいか、しんどい日々が続いています。

今日は、休みだけど、横になっていても、犬のことやら、お金のことやら考えると、ドキドキしてきます。

ウツのせいか、薬の副作用か、ダルいです。

何もしたくないけど、しなきゃいけない。

でも、庭は、草むら状態。
それを見るだけで、気が滅入る。

だって、時間ないし。

元気もないし。

嫌な自分。

ありがとう

イメージ 1

今日は、娘の21歳の誕生日でした。

研修の休憩時間に、デコレーションメールで、「今まで、元気に育ってくれてありがとう。これからは、中身を磨いて、素敵な女性になってね。」と、送りました。

研修後、返信に気付きました。

「ありがとう。誕生日って、ほんとは、子どもが生んでくれた親に感謝する日よね。ありがとう。がんばって、いい女になります」と返してきていました(笑)


「いやいや、こんな親だけど、よろしくね。離れてても愛してるから」と、ハートをつけて返しました。






いつの間にか、大きくなっちゃって・・・・・。


片手で抱いてた日が、うそのよう。




ほんとに、ありがとう。

あなたたちがいたから・・・・・・その存在が、支えだったよ。



これからも、よろしくね。

飼い犬に腕を噛まれる ケータイ投稿記事

イメージ 1

今朝は、ゆっくりしたいと思っていた。


でも、犬が、しかも二匹いるとなかなかゆっくりもしていられない。


れんは、最近、運動能力も上がり、柵を越えるようになったのと、料理に毛がよく入るようになったので、玄関の上がったところにかじらないように鎖で繋いである。

朝、じゃらじゃらていう鎖の音で、目が覚めた。まだ、5時過ぎ。

らんは、れんがいると鳴かないが、絡まらないように離して繋いであるので、れんは退屈するらしく、えさ入れをかじってたりする。

今朝は、かじらないように高いところに上げておいた。

でも、ガジガジ音がする。

トイレのトレーかと思って、降りると、壁の角。

かなりかじって、壁紙は剥がれ、粉まで落ちていた。

朝の私は、非常にしんどい。動悸はするし、汗はかくし。

それで、私は切れた。

今から思えば、異常な位、れんを叱った。

綱で、ビシビシ叩き、首の上を持って、叱った。


れんは、ウゥーっとうなって怒っている。

ここで、止めればよかったけど、壁を見た私は、また、れんを叱った。きつく。

れんは、次の瞬間、私の左腕に噛みついた。

歯が、腕に食い込むこと二ヶ所。

朝から、流血の惨事だ。


痛い。


腕も、心も。


でも、傷口を見せて、ダメだと叱った。


足の傷(先日、主人を見て怒ったのか、興奮して噛みついた)もまだ、残ってるのに。


考えて、考えて、飼ったのに、最近思う。「無理なんだろうか?」


しつけてきたのに。


難しい。

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事