ここから本文です
柴北川だより
「柴北川歳時記」として流域情報、時々私的記事を。

平成22年に始まった昔ながらの田植えも、今回で8回目。

愛する会会員と共助研の皆さん20名程でのスタートでした。
共助研の皆さんの呼びかけ、特に波多野さんの西の台小学校への呼びかけで
参加者が一気に増えていきました。
その西の台小学校、今年は64名の申し込みをいただいています。
地域の方などの参加を入れると、おそらく150名ほどになりそうです
川野新市長も、お昼には間に合うように参加します、の連絡をいただきました。

本番へ向けてそれぞれ準備が進んでいます。
本日午後、稲作班長の邦ちゃんと君さんが代掻きをしてくれました。

イメージ 1
邦ちゃんは愛車「青いトラクター」で最後の代掻きを
その後の高さ調整は君さんが、トンボを使って均します

イメージ 2
畔草と集合場所の広場の草は君さんが刈ってくれました

いただいた苗も、充分すぎるほど・・・・

後は本番を待つのみですが、天気は明日から下り坂
特に明後日の降水確率は80%

これまで、
中止になったことはありませんが、23年と26年は雨の中の田植えでした
小学生が沢山参加しますので、小雨程度であってほしいなあと願うばかりです




いただきもの

一昨日は隣保班の春ちゃんから、
家庭菜園で収穫した見事なキュウリをいただきました。
それも20数本

酢の物や一夜漬けで食卓に上がったのは、言うまでもありません。
えっ、そんなに食べきれんじゃろう
要らぬお世話と言いたいところだが、

イメージ 3


 立派なこと








イメージ 4



  これから、お馴染みの「キュウリ
  のキュウちゃん」になります。

  今日の夕食のテーブルには、
  きっと上がってると思う・・・




採れたては、やっぱり美味しい
ありがとう



我が家の完熟豊後梅のことも、書いておかなくっちゃ

イメージ 5
 
イメージ 6

大きなタッパーに4つほど入ってます  ⇒   梅味噌になっていきます。

暑くなって、食欲がなくなるころに活躍してくれます

追記
 
我が家流の作り方

 梅味噌、正確には「梅酢味噌」です。
 ・完熟梅を包丁で小さく切って(下の写真のように)、種を除きます。
   量は、1.5㎏くらいかな
 
 ・刻んだ梅 + 酢1ℓ + きび糖500gくらいを容器に漬けこみます。

 ・刻んだ梅の苦みが取れたら、味噌1㎏と一緒にミキサーにかけます。

 ・小さく刻んであるので、梅の実も一緒に食べられます。

 「カミさんのレシピ集」より

 今日も最後まで、ありがとうございました 

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事