ここから本文です
あなたに元気をあげたくて!!
皆さんがきょうも素敵な笑顔でありますように(^−^)

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
 
   昨年がんチャリティイベント・リレーフォー・ライフのご縁で出会いました
  大分県のアカペラさんからご紹介がありましたドキメンタリー映画
 
  「ご縁玉   パリから大分へ
 
  福島での上映が決まりました。
 
  山田泉さんのご主人さまからも上映依頼のお手紙を戴いていました。  
 主人公は、大分県でリレー・フォー・ライフで「山ちゃんチーム」をつくり自らも
 がんでありながら活動をされていた、今は亡き山田泉さんです。
   
   「生きると言うことは、 人のために生きること、以上」
 
  山田泉さんがお亡くなりになる寸前に意識が遠のく中でお話しされた
  言葉なそうです。
 
 
  上映日:    2012年3月10日(土)
  上映場所;   パセナカミッセ 1F イベントホール
           (福島市置賜町8−8 パセオ通り沿い)
  開場 ; 12;30  開演 13;〜
 
  入場料; 前売り 1000円 当日; 1500円
        小学生以下 無料
 
   前売り券並びに映画のお問い合わせ
    090−7935−2265  矢口
 
 
  映画の監督さんはフランス在住の
  江口 方康氏
 
  1964年佐賀県牛津(現在の小城市)出身。1996年、パリにInter Bay filmsを設   立。2002年、「ロストロポーヴィチ −75歳− 最後のドンキホーテ」をNHKエンタ  ープライズ21と共同制作。2003年、カンヌ映画祭で出会った三池崇史監督に感   銘を受け、帰国して同年5月から9月まで三池監督の「交渉人」「ゼブラーマン」で  助監督を務める。「ご縁玉 パリから大分へ」は江口の初監督作品である。2011  年現在もパリでInter Bay filmsをベースに映像製作活動を行っている。
 
  江口監督は
  当日は上映に合わせて来福の予定です。
  
 
  映画の解説・
 
  映画は、パリから大分へ〜 と撮られてきました。         

  がんとの闘病生活の傍ら、「いのちの授業」を続けた 元養護教師山田泉さん(山ちゃん)
  大分県豊後高田市の方です。
  2000年に乳がんを告知された山ちゃんは小中学校などで生と死についての「いのちの授業」を
  し続けました。お医者様から告知されパリに旅行に。2007年9月にフランス。パリでベトナム戦争
  孤児のエリック=マリア(チェリスト)と出会った。
  言葉は通じないながらも、音楽や気持で通じ合った2人の交流は、山ちゃんの帰国後も続き、
  山ちゃんからもらった五円玉に惹かれるように日本を訪れたエリック=マリアは、
  彼女に連れられ、ホスピスや養護施設で演奏会を開くことになる。その模様を収めたのが、
  このドキュメンタリー映画『ご縁玉』です。
  山田泉さんは2008年11月に49歳でお亡くなりになりました。
  
   2009年キネマ旬報ドキメンタリー映画部門8位入賞作品
 
 
イメージ 2
 
    
 
  ドキメンタリー映画「ご縁玉」
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    namiheiさん
    おはようございます。

    ありがとうございます!♪ コメントがとても嬉しくてなりませんです。
    アカペラさんを通し、山田泉さんのご主人様からRFL福島へと「「いのちの授業をもう一度」の本をご寄付戴いていました。
    ご主人様から 「映画で山ちゃんに会えますよ〜」とお手紙を頂戴していまして、 江口監督さんの来日に合わせて上映をすることに致しました!
    山ちゃんの講演と握手でしょうか!!♪ それは羨ましいことです^−^)V
    私は映画の中でお会いしたいと思います♪
    これからも応援をお願いいたしますね。
    namiheiさんもお身体お大事になさってくださいね。

    風花

    2012/1/6(金) 午前 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    datechibuさん
    おはようございます。

    そうでしたか! ご存じの映画でしたか!
    うれしいです。弾みがでてきました!♪
    縁あって、そして皆さんの支えと協力で上映できる準備が整いました。
    datechibuさん、よろしくお願いいたしますね。

    風花

    2012/1/6(金) 午前 11:03

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは〜〜〜!!やりましたね!アカペラさんの夢その1が、こんなにはやくかなうとは!
    転載したいのですがが転載可ボタンにしてはいただけないでしょうか?、無理ならばコピーでやってみますが・・・

    [ iizakaumare ]

    2012/1/6(金) 午前 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    飯坂生まれさん
    おはようございます。

    転載可にしました。よろしくお願いしますね。
    飯坂生まれさん、皆さんの支えがあってのことです。
    とてもとても一人で出来ることではありませんです^^
    ただただ皆様に感謝感謝です。

    風花

    2012/1/6(金) 午前 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。「生きるということは、人のために生きること」この言葉に心が震えます。私もそのように思う日々です。「利他」と言う言葉が仏教にはあるそうです。人のために生きることは、自分にとっては、命の源のように思います。機会が有れば見てみたいものです。
    「ご縁玉」と言う題名もいいですね。私は、あるNPO法人で「ひまわりの会・がん患者会」を主宰していますが、乳がんの厳しさを実感しています。早期発見が大切です。

    あだ〜じお

    2012/1/6(金) 午後 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    この映画ですね。
    いい映画みたいですね。^^
    時間が取れたら、是非拝見したいと思います。

    [ - ]

    2012/1/6(金) 午後 8:35

    返信する
  • 顔アイコン

    私も転載しときます。^^
    よろしくです。

    [ - ]

    2012/1/6(金) 午後 8:37

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしい方だったのですね。初めて知りました。
    時間があったら是非観賞したいと思います。
    ポチ。

    cyaucyau

    2012/1/7(土) 午前 4:52

    返信する
  • 顔アイコン

    あだ〜じおさん
    おはようございます。

    山田泉さんの最後の最後の言葉、>「生きるということは、人のために生きること」 とても重みのある言葉ですよね。
    私もこの言葉で これからの生きる指針が見つけられました。

    「ひまわりの会・がん患者会」を主宰。そうでしたね。会がどんなに会員の皆さんの心の支えになっていますでしょう!
    がん撲滅の啓発運動としてのご活動も素晴らしいですね。
    早期発見の大事さを知って欲しいですよね。 ありがとうございます。

    風花

    2012/1/7(土) 午前 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    和さん
    おはようございます。

    映画の 転載をありがとうございます。

    奥様をがんで亡くされてお辛いですのに、和さん ありがとうございます。
    映画で 人と人の素晴らしい出会いと 命の尊さを皆さんに観て戴きたいです。

    会場でお待ちしていますね。

    風花

    2012/1/7(土) 午前 10:53

    返信する
  • 顔アイコン

    ちゃうちゃうさん
    おはようございます。

    映画を上映することにしました。
    是非 お出でになってくださいね。
    ポチをありがとうございます。 お待ちしていますね。

    風花

    2012/1/7(土) 午前 10:55

    返信する
  • 顔アイコン

    先生
    おはようございます。

    転載をありがとうございます。

    皆さんに観て戴きたい映画です。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    風花

    2012/1/7(土) 午前 11:09

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    >「生きると言うことは、 人のために生きること、以上」
    素晴らしい言葉ですね。
    昨今の世の中、自分のためで精一杯と思っている人が多いと聞きます。
    私自身も、その一人でした。
    昨年暮れに、困っている様子のおばぁさんを助けてから、私自身の気持ちが変わりました。
    こういう映画は、どんどん上映していって欲しいですね。
    特に小学校や中学校でも観させてあげたいくらいです。
    私の時代は、「はだしのゲン」を小学校の体育館で観た記憶があります。
    人を思いやる気持ち・優しさ・・・人として大事なことですね♪

    Ninoth

    2012/1/7(土) 午後 10:25

    返信する
  • 顔アイコン

    Ninothさん
    おはようございます。

    山田泉さんの言葉に教えられ、生き方を考えさせられますね。
    Ninothさんのおばあさんこともきっと、出会うべくして出会ったことのような気がしますね。自分に出来ることでやっていきたいです。

    この「ご縁玉」は、実は「ご縁玉」プロジェクトとして、観客参加型のトーク、クラシック音楽の演奏を通して社会における文化交流の活動に寄与することを目的とし、「音楽や映画が社会にできること」の一つとして、学校、病院、医療関係で上映を重ねてきたようです。

    その収益金は、山田泉さんが書いた「命の授業をもう一度」「いのちの恩返し」の2冊と映画のサウンドトラックCDをセットにして、全国すべての公共図書館に贈呈するということなのです。

    現在は、江口監督さんも チェロ奏者 エリック・マリアさんがフランスで多忙なことからなかなか日本国内で活動ができない状態のようです。

    私もNinothさんのお話しのように、日本中の学校で上映出来ればと!
    子供達に是非観て欲しいと願っている一人です。
    ありがとうございます。

    風花

    2012/1/8(日) 午前 8:27

    返信する
  • 感動的なストーリーですね、子ども達にも見て欲しいですね。
    早期発見、しっかりと心に刻んでおきます。
    明日は我が身ですものね。

    あめたろう

    2012/1/9(月) 午前 0:45

    返信する
  • 顔アイコン

    あめたろうさん

    そうですね、こういった時だからこそ日本中の子供達に見させて
    あげてほしいと願っています。
    人と人が出会うという意味と 人の優しさを心に感じてほしいです。

    早期発見で尊い命が救われるのですものね。

    風花

    2012/1/9(月) 午前 8:07

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは
    yさん、上映本当によかったですね。
    私にできることは、なんでもお手伝いしますね。
    皆に見てもらいたいですね。

    [ kmu**kata20*5 ]

    2012/1/10(火) 午後 2:59

    返信する
  • 顔アイコン

    munakataさん
    こんばんは。

    お陰様で上映の運びとなりました。
    ありがとうございます。当日は会場係をお願いしますね。
    素晴らしい映画です♪ ほんとうに皆さんに観にきて戴きたいです。

    風花

    2012/1/10(火) 午後 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    * 風花 * さん 上演決定おめでとうございます。

    大分県玖珠盆地から応援しています。

    [ 木こり ]

    2012/1/25(水) 午前 7:13

    返信する
  • 顔アイコン

    木こりさん
    おはようございます。

    ありがとうございます。

    上映のために奔走していましたら、遠い地と思っていました大分県がとても近く感じられるようになりました♪
    応援をありがとうございます。

    風花

    2012/1/25(水) 午前 8:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事