ここから本文です
あなたに元気をあげたくて!!
皆さんがきょうも素敵な笑顔でありますように(^−^)

書庫全体表示

記事検索
検索

全885ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


「お蔭様で ご寄付が出来ました」

兵庫県の運送会社社長・木南一志さんが、
「3年間福島を支援したい、三本杉先生の詩を広めたい」と、
3年前の2016年に第一集を発刊して下さっていました。
...
 ブログのお友達の皆様に、
たくさんお求め戴いてまいりました。

お蔭様で、今年も第三集の 万年日めくり卓上型カレンダーの
売り上げからご寄付をすることが出来ました。

今年、第三集のご寄付額は、5、319、916円

3年間で 8、455、373円にもなりました。

大きなご寄付を皆様のお陰で、
福島県内の15ヶ所の児童養護施設、がん患者支援団体他に
ご寄付できました。

「綿毛にのって」の寄贈も 大原総合病院さん始め、
三本杉先生がご勤務されていた各学校にもさせて戴きました。

木南さんは、これからもご支援を続けたいと、
増刷してくださいました。
来年以降もご寄付をさせて戴きます。
           感謝をこめて



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5





 

   売り上げを3年間、ご寄付を目的に発行してきました
   「綿毛にのって」のコラボ詩集は、
   三本杉先生の命の詩です。
    よろしくお願いいたします。
  


三本杉祐輝先生のブログ

  「人生は八勝七敗からノーサイド」  
  元福島県の中学校の教頭、原発事故で避難・・・
  しかし最期の最期まで、命の意義を伝え続けてくださいました。
  先生のメッセージがあなたの生きるヒントになればと思っています。







この記事に

イメージ 1


「木南さん 最終日・・・」

「綿毛にのって」第三集のご寄付のために
兵庫県からお出で下さいました木南さん。

2泊3日の福島日程でした。

ご寄付もすべて終えまして、
 最終日の、6月8日(金)は、
 大津波被災地で甚大な被害があった浜通り、
そして、三本杉先生のお住まいだった、
いまだ帰還出来ない双葉町と、大熊町の
東京電力第一原子力発電所のある国道を通り、
 搭乗される福島空港へと向いました。

木南さんは、被災地に立たれ、
 「吹き抜ける風が強くて、多くの魂が今でも問いかけて来るように感じ・・・。
価値高い旅でした。」
 「不思議に流れる涙を拭う気にはなりませんでした。」と、
お手紙に認められていました。

 応援して下さっています福島の現状を、
 実際に目で見られ、風を感じて戴けましたこと、
 私自身も改めて向き合う日になっていました。


イメージ 2

相馬市松川浦漁港
   大津波は、9㍍の高さで押し寄せ・・・。
  ここから見た、2014年の初日の出の写真を
「綿毛にのって」の第一集に載せていました。

通行が出来るようになった松川大橋。


イメージ 3

相馬市 伝承鎮魂記念館


イメージ 4

伝承鎮魂記念館内


イメージ 5


相馬市・原釜尾浜慰霊碑
    大変な犠牲者さんの出たところ・・・。
3日後の11日、天皇皇后陛下がこちらの慰霊碑に、
雨降る中 白菊を供えられました。

イメージ 6


浪江町 仮設商店街
  昼食は、こちらで 浪江焼きそばを戴きました。
 安齋先生のご友人、浪江町町議員さんのお話しをお伺いすることが出来ました


イメージ 7


石井町会議員さんと、
  浪江焼きそばを。


イメージ 8

浪江町請戸 大平山霊園 慰霊碑


イメージ 9

こちらから、朝陽を撮りましたよ・・・
 どうしても カレンダーの11日のところに入れたくて・・・。
 木南さんが、朝陽の昇る海の写真をお撮りに・・・。


イメージ 10

カレンダーの11日は、ここから昇る朝陽を
撮り、入れていました。


イメージ 11

三本杉先生のお住まいだった双葉町を通過・・・
 いまだ許可証がないと自宅に入れない町です。


イメージ 17


国道6号線、大熊町通過
  東京電力福島第一原子力発電所の建屋や、
 排気筒、大型クレーンが見えます。


イメージ 12




イメージ 13


福島空港到着


イメージ 14

空港内で、しばらく別れを惜しみ・・・
 5時20分 飛行機は飛び立ちました



イメージ 15


木南さんが乗っていらっしゃる・・・
 不思議な感覚でした。



イメージ 16


飛行機を見えなくなるまで、空を見上げていましたら・・・
滑走路上の空に、ウルトラマンと戦う怪獣が!♪
 夕陽がまるで怪獣の口から出る炎のようでした。

  「福島を応援して下さる木南さんを
 これから ずっと お見守りします!!」 そう言っているようでした!! 
木南さん、大丈夫ですからね.








 

   売り上げを3年間、ご寄付を目的に発行してきました
   「綿毛にのって」のコラボ詩集は、
   三本杉先生の命の詩です。
    よろしくお願いいたします。
  


三本杉祐輝先生のブログ

  「人生は八勝七敗からノーサイド」  
  元福島県の中学校の教頭、原発事故で避難・・・
  しかし最期の最期まで、命の意義を伝え続けてくださいました。
  先生のメッセージがあなたの生きるヒントになればと思っています。





























この記事に

くるくるレインボー♪

イメージ 1


「くるくるレインボー♪」

コラッセでのチャリティバザーを主催されて居る方からのお声がけで、
初めて「くるくるレインボー」作りをイベントでさせて戴きました。
...
大人も子どもさんも笑顔になり、
くるくるレインボーを手にしてお帰りになりました♪
2日間のボランティアは、
出店されている方々や、
お出でくださいました人達、
FBのお友達〜大内さん♡
まさかの アメリカ・サンデエィゴにお住まいの
方との出会い♡

とても 実り多いものでした。
幸せな2日間でした(^−^)

イメージ 2

近所の保育園のお散歩
 健やかな成長を願って、3本プレゼントしました♪

イメージ 3

 コラッセ 12階からは、福島市内が眺められます。
  東北新幹線と、 左手線路は、山形新幹線。


イメージ 4



イメージ 5

福島駅方面


イメージ 6




イメージ 7

コラッセに行く途中・・・助手席から


イメージ 8








 

   売り上げを3年間、ご寄付を目的に発行してきました
   「綿毛にのって」のコラボ詩集は、
   三本杉先生の命の詩です。
    よろしくお願いいたします。
  


三本杉祐輝先生のブログ

  「人生は八勝七敗からノーサイド」  
  元福島県の中学校の教頭、原発事故で避難・・・
  しかし最期の最期まで、命の意義を伝え続けてくださいました。
  先生のメッセージがあなたの生きるヒントになればと思っています。














この記事に

今日もコラッセに♪

イメージ 1


「今日もコラッセに♪」

昨日は、お手伝いで、
コラッセで開催中の
「手作り&リメイク作品展〜
パンダハウスチャリティバザー」に行っていました♪...

今日も行きます♪ 皆様 お待ちしています♡

くるくるレインボーを、
ご希望者さんに500円で作って戴き、
半分の250円が、ご寄付になります。

昨日は、お客様に、
可愛いアメリカ・サンディゴから里帰りしている
るこちゃんが♪
ママと繋がっていたご縁の話しで弾みました!!

2013年に、サンディゴで上映して戴いていた
私がコーデネイトした映画
「花見山の春FUKUSHIMA」を観て下さっていたそうです。

こんな偶然があるのですね。
驚きました(^0^)

イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5

まゆみちゃんが ぜひ お友達になりたいそうです♪
やはり サンデエィゴには 東北の人が居なくて寂しいと言っていました。

帰国されたら、お店に行ってくださいね(^−^)


イメージ 6


イメージ 7







この記事に

スカイラインへ〜

イメージ 1


「スカイラインへ〜」

アイリス学園さんから、
天空のドライブ、
磐梯吾妻スカイラインへご案内しました♪
...
タンポポは標高の高いところに咲いています♪

綿毛が飛んでいるのを木南さんは、
とても喜んで〜 

浄土平の湿地帯に咲く、可愛らしいワタスゲ
気温18度の初夏の風景を楽しんでいらっしゃいました。

イメージ 2



イメージ 3

福島県の県花・ネモトシャクナゲ
 まだ まだ蕾は固かったです。


イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7

浄土平の湿地帯・・・今 白いワタスゲが揺れて


イメージ 8

 三本杉先生・・・



イメージ 9

 ここが絶景ですよ。
 噴煙も!


イメージ 10



イメージ 11

一面に イワカガミの群生です


イメージ 12

高いところですのに、 タンポポはすでに綿毛になっていて


イメージ 13

木南さんが その綿毛を撮られて



イメージ 14

 綿毛が風に飛んで居ますよ〜と。
  フワフワとたくさん飛んでいました。



イメージ 15

つばくろ谷 にて


イメージ 16



イメージ 17

 在りし日、三本杉先生をご案内



イメージ 18



イメージ 19






イメージ 20

三本杉先生のお姿が
 いつもご一緒しているように、見えるようでした。






 

   売り上げを3年間、ご寄付を目的に発行してきました
   「綿毛にのって」のコラボ詩集は、
   三本杉先生の命の詩です。
    よろしくお願いいたします。
  


三本杉祐輝先生のブログ

  「人生は八勝七敗からノーサイド」  
  元福島県の中学校の教頭、原発事故で避難・・・
  しかし最期の最期まで、命の意義を伝え続けてくださいました。
  先生のメッセージがあなたの生きるヒントになればと思っています。





この記事に

全885ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事