ここから本文です
相沢祐一の『北信越(北陸・信州・越後)』乗り撮り鉄道記
2019年9月1日で当ブログの運営は終了しました。長い間ありがとうございました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

前回は、「清流公園」に向かって移動中でした。


「清流公園」が見えてきました↓
イメージ 1
イメージ 2
お地蔵さんです。

「清流公園」です↓
イメージ 3
イメージ 4
案内です。


ここに「大鹿たばこ発祥の地」という石碑を見つけました↓
イメージ 5
イメージ 6
裏にはいろいろありますが、昔はタバコの葉の生産地だったとの事。現在は、栽培されていません。

小さく、タバコの木が残っていました。これが小さな歴史の証人ですね↓
イメージ 7


疲れたのでここで休憩を取りました・・・ここでリタイヤしたいけど、戻るのも面倒くさい↓
イメージ 8
イメージ 9
しばらくして、移動する事にしました。

この看板の通り、大鹿地区となります↓
イメージ 10
イメージ 11
糸魚川市の支所へ異動する前にこの付近の地区担当を2年やりました。

この関川の流れ・・・歩いて初めて、風景を楽しみました↓
イメージ 12
イメージ 13
時間の関係で、大鹿地区を後にして、原通地区へ戻ります。


ただ、元来た道戻るんじゃなくて、別の道で戻る事に・・・しかし、それは結構キツカッタ!!


次回、その6「下って橋を通り、登って・・・キッツイ!!」に続きます。それでは・・・






            Written by 短髪豚野郎!!
前回は、関山駅からウォーキング開始したところまででした。



稲刈りが終わっている田んぼもありましたが・・↓
イメージ 1
イメージ 2
稲刈りがまだの田んぼが多かったです。

収穫した田んぼにはカラスが・・・↓
イメージ 3
イメージ 4
おお、柿が!!

どんどん下ります↓
イメージ 5
イメージ 6
近くにコンビニがあります。


コンビニでいろいろ購入して、方向転換↓
イメージ 7
イメージ 8
「清流公園」へ向かいます。

橋が見えました↓
イメージ 9
イメージ 10
名前です。

川は関川です↓
イメージ 11
イメージ 12
日本海までこの川は続きます。


午後2時から始まったウォーキングですが、約1時間で疲れてしまいました。とりあえず休憩します。
(下りで楽でも疲れます)


次回、その5「とりあえず『清流公園』で休憩、その場所には小さな歴史が残っていました」に続きます。それでは・・・





            Written by 短髪豚野郎!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事