全体表示

[ リスト ]

正月

 旧正月で奥さんの実家に行って来ました。場所は全羅南道の羅州(ナジュ)。韓国の南東にある市です。ナジュコンタンという料理が名物で、これは牛肉のスープにご飯を入れたもの。それから梨。昔は田舎だったそうですが、国策によって電力会社がここに移ってくることになったそう。団地が林立し、チェーン店がこぞってやってきています。

 こちらの正月は、昔の日本と同じく、親戚が集まって祝うようです。男は飲み食いし、女は一日中台所に立ち、という感じだそうです。それに嫁姑関係も日本より大変なようで、胃を痛める奥さんも多いようです。まあ、うちは本家ではないので関係ありませんが。

 正月の夜中には先祖へのお供えがあります。韓国には仏壇がないので、お供え用に小さなテーブルを用意し、そこに料理を並べます。夜中の1時に供え、朝の4時に下げるというハードワーク。

 下ろしてきたお供えはそのまま正月料理として食べます。

イメージ 1

 左手前に見える茶色くて四角いものはどんぐりで作った豆腐のようなもの、その上の焼魚はイシモチ。その右は焼豚。その右の白菜ま水キムチ。白菜の漬物を煮汁と一緒に食べます。お父さんはこの汁が好きだそうです。その右は魚やエリンギなどに卵の衣をつけて焼いたもの。あとはキムチとナムル。

 それからお雑煮。

イメージ 2

 こちらは牡蠣と牛肉が出汁になったスープに、韓国のお餅が入っています。餅は切る前には魚肉ソーセージのような形をしており、それを斜めに薄くスライスして使います。食感は餅ですが、全く伸びないので、お年寄りにも安心。牡蠣のいい味が出ていて美味しかった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事