全体表示

[ リスト ]

スンドゥブ


 近所の店でスンドゥブを食べてきました。今回も親切な店員さんにめぐり合いましたよ。


 店の名前は「スンドゥブとチュングクチャンの店」店の名前がそのままオススメの料理名になっています。なんとか地方の大豆を使っているという、こだわりのお店です。




 スンドゥブは、豆腐、卵、貝の入った辛いスープ。豆腐は日本の絹ごしよりもさらに柔らかいものが使われています。




前回行った時に他の店員さんが、「スパイシーにするか、それともスパイシーじゃないのにするか?」とか聞いてきたので、今回は辛くないのにしてもらおうと思います。




 奥さんから、そういう時は「アン メッケ へジュセヨ」と言うといいと言われたので、試してみました。




 2回繰り返したところ、通じました。




 スンドゥブ 700円。




 ここのいいところは、ご飯がビビンパプになっているところ。ご飯と具が別々に出てくるので、自分で好きなように味付けして食べます。




 こちらが日本人なので店員さんが一生懸命食べ方を説明してくれました。が、流暢な英語なのでわからない……(^_^;)。理解できたところをつなげると、ご飯にコチュジャン(辛い味噌)と、何かの液体をかけてミックスして食べろということらしいです。




 コチュジャンはパスして、謎の液体をかけてみます。どうやらいい香りの油のようです。これはおいしい。




 スンドゥブは、辛さはたぶん抑えてあるのでしょうが、辛いです。大辛が辛口になったようなもの。まあ韓国では想定内です。




 店員さんがスマホの機械翻訳で「辛くないですか?」と聞いてきました。辛いけど、食べられるので指で丸を作って答えました。




 全ておいしくいただきましたよ。




 帰りがけに店員さんが日本語で「ありがとう」と言ってきたのでにっこり笑ってして店を出ました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事