全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

今日は何の日?

今日は、一部で有名な科学者「ニコラ・テスラ」の誕生日だそうで(Google情報)

そんなわけで、こちらも一部で有名なロックバンド「TESLA」の曲を。
バンド名は、そっくりそのままニコラ・テスラから拝借したそうで。

TESLA『Love Song』
http://www.youtube.com/watch?v=E0EgScII7GU

今聞いてみると、イントロからかなりZEPっぽいな。。。

開く コメント(0)

R.I.P アルゲリョ

アレクシス・アルゲリョ氏死去(ニカラグアの元ボクシング世界王者)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000001-jij-int

ボクシング界の伝説が逝ってしまった。

過去の映像でしか見たことはないけど、本当に
「貴公子」という形容詞がぴったりのボクサーだったと思う。

北京五輪で見たのが最後の姿になっちゃったわけか。

>地元メディアによると1日未明にマナグアの自宅で死去、57歳。死因は不明だが自殺とみられる。
これが本当だとしたら悲しすぎる。。。

開く コメント(0)

HD228とHD238

今日は、秋葉原のヨドバシで、ゼンハイザーの新しいヘッドホン
「HD228」と「HD238」を試聴してきた。

感想としては、HD238はいい音だったけど、予想していたよりも低音が
出ていなかったと思う。
オープンエアなので仕方がないとは思うが、それでも低音については
物足りなさを感じた。
高音〜中音域については問題無く、音の広がりについてもオープンエア特有の
広がりが感じられて、それぞれの音の輪郭もはっきりしている印象だった。

一方のHD228は、密閉型らしく、低音がしっかりと出ていた。
音の広がりについては、HD238よりも多少狭く感じられて、それぞれの
音の輪郭も、やや楽器同士が混ざっているように感じられた。

装着感については、両方とも快適だったが、やや側圧が弱いような気がした。
もうちょっと強くてもいいかなといった感じ。

試聴に使われていた曲が、柴田淳の曲(名前忘れた。。。)で
普段聞いている曲とはちょっと系統が違っていたので、判断に迷うところだが
さて、どうしようか。。。

開く コメント(0)

IE8

昨日は仕事が早上がりだったので、かねてから気になっていた、
青山にあるゼンハイザーのショールームに行ってみた。

平日だからなのか、時間帯が微妙だったのか、行ってみたら客が一人もいなかった。
そして、結局帰るまで誰も来なかった。

そのおかげで、お目当てのIE8をじっくり試聴できたので、個人的には良かったですが。


低音の調整をミニマムにしたIE8とIE7を、手持ちのNW-X1060で聞き比べてみたが、
差は殆ど無いかなぁ〜というのが正直なところ。

IE8のほうが、IE7と比べて若干音の広がりが広く、楽器ごとの
音が分かれて聞こえたかなと感じたくらいで、あまり大きな差は無いと思う。

IE7でも十分満足できそうだけど、IE8が安く手に入るのであれば
IE8に行ってみようと思う。


余談だが、応対してくれた受付のおねーちゃんが巨乳だったのもGood!

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

圧勝X圧勝

今日は朝からWOWOWでスポーツ2連発でした。

結果から言うと、タイトルどおり、圧勝X圧勝でした。

まずはサッカー、
「エル・クラシコ」
リーガエスパニョーラ第34節 レアル・マドリードvsバルセロナ

こちらは、予想だにしない結末で、バルセロナの圧勝。
両者のチームとしての完成度の差がそのままスコアに反映された
試合だったと思います。
レアルは先制したものの、終始バルサにボールを支配され、たまに
マイボールになっても、個人の独力突破を試みるだけで
組織的な攻撃が見られる場面はほぼ皆無でした。
それに引き換え、バルサはやはりシャビとイニエスタが効いていたと思います。
この2人はほぼボールを奪われず、全ての攻撃の起点になっていました。
マイボールになると、チーム全員が連動して走り出し、パスコースと
スペースを作り出し、分厚い攻撃を仕掛けていました。

これで、バルサの優勝は決定的な状況になったと言えると思います。
CLの決勝は、個人的にはバルサxアーセナルになるといいなと思ってます。

次はボクシング、
マニー・パッキャオ(フィリピン)vsリッキー・ハットン(イギリス)

こちらも、想像以上の圧勝劇でした。
結果は、パッキャオの2RTKO勝ち。

ちょっと前までは、パッキャオ=左ストレートというイメージでしたが
ここ1年ちょっとくらいで、右のリードブローが格段に進歩したように思います。
この試合でも、パッキャオは、右のパンチを非常に有効に使い、
最初のダウンも右フックで奪いました。

最初のダウンの前から、パッキャオの右フックが要所でハットンに決まっていて
ハットンは、パッキャオのスピードに付いていけていないように見えました。

1Rで2度のダウンを奪ったパッキャオが、2Rも右のリードに加えて
左も頻繁に繰り出すようになり、スピード豊かなフットワークで
ハットンを翻弄する展開に。
結局、2Rの終了間際に左のショートフックを叩きつけてKO勝ちしました。

この試合と、前のデラホーヤ戦で、パッキャオに対しては体格差がほぼ
役に立たないことがわかってしまいましたので、パッキャオに勝つためには、
おそらくパッキャオ以上のスピードを持つ選手でないと難しいだろうと思います。

そういった意味では、メイウェザーとパッキャオがもし戦ったらというのは
非常に興味があります。

その前に、メイウェザーはファン・マヌエル・マルケスと戦うみたいなので
その結果次第ですね。この試合も楽しみですが。

今日は、非常にいい物を見せてもらいましたが、とても眠いので、もう寝ますw

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事