過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

くの くの くのっぴ

ある日突然、我が家のPCがご臨終。
「Windowsは正しく終了しませんでした」と言われ、通常起動をすれば
Windowsのロゴで再起動。

その前から予兆はあった(PCが突然再起動する、突然固まる)などあったが
特に対策もせずに放っておいたらOSが起動しなくなってしまった。

しかし、6年使っていた自作PCなので、これも宿命かと
さっさとHPの新しいPCを購入したものの、古いPCのHDDには
6年間で収集したあんなものやこんなものが色々と蓄積していることを
思い出し、これはいかんとデータの救出を試みることに。

色々と試した結果、「NTFS.SYS」というファイルに問題があって
OSが起動しない事が判明。

IDE/USB変換ケーブルも、OSのCDからの復旧も駄目で、諦めるしかないのかと
思っていたところで、「ヤツ」の存在を思い出した。

そう、ヤツの名は「Knoppix(クノーピクス)」。

CDからLinuxを起動できるというスグレモノだ。

もはやこの状況を打開できるのはコイツしかいない、と
オフト時代の中山雅史のごとく、流れを変えるスーパーサブとして
Knoppixを投入する事に。

準備はいたって簡単。
↓のページから、5.3.1のCDイメージをDL→CDに焼くで完了。
http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/
※CDイメージの焼き方については省略で。

めでたくCDが完成したら、古いPCで早速くのっぴを起動させる、、、が

起動しない!!!

「can't find KNOPPIX filesystem」と表示されて止まってしまった。。。

色々と調べたところ、どうやらDMAに問題があるらしい。
そういえば、KNOPPIXはメモリ上にデータを展開させて動作するって聞いた事が。。。

しかし、一刻も早くデータを復旧させたかったので、仕方なく
新しいPCで起動させることに。

新しいPCではすんなり起動したので、とりあえずは一安心。

くのっぴがめでたく起動したところで、古いPCのHDDを、IDE/USB変換ケーブルを使って
新しいPCに接続。ちなみに、使ったケーブルは、EVERGREENの「EG-SATA56」。

そこから先は、説明の必要がないくらいに快適でした。

USBに差した古いHDDも、以前から使っていた外付けのHDDも認識して、無事
古いHDDからあんなものやこんなものを救出することに成功。

試しに、WINDOWSのCDから持ってきたNTFS.SYSを、古いHDDに上書きしてみたところ
IDE/USB変換ケーブルでVistaから古いHDDの中身を見ることもできました。

いやはや、中山KNOPPIXさまさまでした。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事