町田友の会のブログ

子育て世代からシニアまで仲間が集まって、衣食住、子育て、家計簿” について学び合っています♪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

若葉台もよりのYです。最寄会婦人之友5月号P51「人が集まる日のイタリアンレシピ」より「しらすとパン粉のパスタ」と「魚介のトマト煮込み」の実習をしました。
イメージ 1

魚介の旨味が溶け込んだ美味しい煮込みです。夏休みの家族集まる日にぜひ作ってみてください。お薦めです。
町田友の会についてもっと知りたい方は、ホームページ
https://machidatomonokai.comもご覧ください。 

この記事に

大蔵最寄のSです。
5月31日の最寄会では、友の会の友愛セールで、手作りお菓子を出品できるように、ゴマクッキーの実習をしました。分量がセール用で、薄力粉400g、バター140、砂糖100gと、普段よりも多かったので、混ぜたりするのが大変でした。家庭で作る時はこの半分の分量でいいかなと思います。

薄力粉は振るっておき、ゴマは煎りゴマでももう一度煎ると香ばしくなるので、香りが出るまで煎り、すり鉢で半ずりにしておきます。
イメージ 1

イメージ 2

バターと砂糖をよく混ぜて、クリーム状になったら卵2個を加えます。

イメージ 3

イメージ 4

さらに薄力粉を加えて、木べらなどで混ぜ・ゴマ・レモン汁の順でしっかり混ぜてから、細い棒状にまとめ、ラップに包んで冷 蔵庫に入れます。
イメージ 5

冷蔵庫から出して、棒状にまとまっているものを10〜12等分くらいに切ってから直径 1.5cm 位に丸めて形を整え、天板に並べます。
イメージ 6


オーブンに入れ、160℃〜165℃で 8 分焼きます。上下・奥・手前を返すなど、均一に焼けるように工夫し、出来具合を見ながら合計 15〜20 分焼きます。
イメージ 7

香ばしく、カリッとおいしく出来上がりました。ゴマがたっぷり入っていて、子どものおやつにも大人のおやつにもなるゴマクッキー、皆さんも作ってみませんか。

覗いてみてください。


この記事に

わかめクラッカー

こんにちは。大蔵最寄のHです。
婦人之友社刊の「三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80」は、もうご覧になりましたか?
昨年度、「まちだ最寄」が、この本を使って最寄勉強をしました。勉強の成果として2月の例会で、その中のレシピ「わかめクラッカー」を試食させてもらいました!! 美味しかった
うちでも挑戦です!(ガッツポーズ)

イメージ 1

材料はこれだけ↑。
家族の好みを考えてアレンジできるのは、手作りの特権ですよね💛
娘たちはチーズ好き、私は胡麻好き、ということで、今回はオリジナルのレシピに粉チーズを加えて、胡麻を増量、油はごま油のところをオリーブオイルにしてみました。

イメージ 2

薄く延ばすのが難しいですが、そこさえ頑張れば、後はカンタン。
ちなみに我が家は中学2年の娘が、担当してくれました


イメージ 3

オーブンで焼きます。
低めの温度で長めに、しっかり焼くとカリッとします


イメージ 4

鉄分などミネラルたっぷりで、ローカロリーなんですよ。おやつのつもりでしたが、おつまみにも良さそう。
うちにあるものだけで、ささっと作れて大満足でした。
 
町田友の会のホームページは、こちらから♪

この記事に

関山最寄のSです。
大根がおいしくて、安い時期になりましたね。
『かぞくのじかん』Vo.42の中の「小さなあつまりの小さなおいしいレシピ」に載っていた大根のポタージュが簡単で美味しそうだったので、作ってみました。
大根500gで3〜4人前です。
1.皮をむいた大根を縦半分に切ってから薄切りにし、鍋にオリーブオイル大さじ1とバター小さじ1を入れて火にかけ、大根を加えて軽く炒める。油が回ったら、塩を振って、ふたをして弱火にかける。時々混ぜて、大根が少し透明になってきたら、水と昆布を加える。
イメージ 1
イメージ 2









2.沸騰したら、昆布を取り出し、大根が軟らかくなるrまで煮る。
3.ミキサーかブレンダ―で攪拌する。
4.塩で味を調え、温めてよそい、大根の葉(ゆでてみじん切りにしておく)を載せて出来上がり。
イメージ 3
イメージ 4









仕上がりに、生クリームを入れてもおいしいですね。また、ジャガイモや人参でもできます。
大根は上の方が甘いので、上を使うといいと書いてありました。
町田友の会のホームページの生活のヒントには、会員お勧めのレシピが載っていますので、ご覧になってみてください。

この記事に

みなさん、こんにちは。
関山最寄のHです。

9月26日の勉強会でいわしのさばき方を習った後、最寄会で復習をしました。
まずはベテラン会員がお手本でさばきます。

イメージ 1













続いて若い会員がさばきました。
中骨に沿って親指を両端に引くだけで身を開けることができます。

イメージ 2  イメージ 7

中骨を丁寧に取り、両側の腹骨をすき取ります。   

イメージ 3  イメージ 4

背びれを丁寧に取り除いて、、、

イメージ 5

ジャーン!
簡単におろせました。
皮を剥ぐとお刺身にも

イメージ 6

いわしはとっても経済的で栄養豊富な食材です。
みなさんも新鮮ないわしをさばいて、いろいろなお料理にチャレンジしてみて下さい

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*
今回は魚のさばき方の様子をご紹介しましたが、最寄会ではいろいろなお料理の実習をしています。
最寄会について詳しくは「町田友の会のホームページ」、もしくは「今までの主な活動から」を
ご覧下さい。
またレシピはこちらをご覧下さい。
*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

この記事に

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事