岩手県立前沢明峰支援学校 校長室からのブログ

前沢明峰のいろいろな表情や情報を校長が不定期にご紹介していきます。

 去る11月17日(金)から19日(日)栃木県宇都宮市で全国アビリンピック大会が開催されました。
 
 本校から、高等部3年生の櫻井勇太郎さんが岩手県代表として出場し、ビルクリーニング部門で銅賞を受賞しました。

 翌週、登校した櫻井さんから、大会及び受賞の報告を受け、大変感激しました。
 櫻井さんは、県大会には1年生の時から3年連続で出場しました。1年次は銅賞、2年次は銀賞、そして、とうとう3年次に金賞受賞。一歩一歩確実に実力をつけて目標を達成しました。ですから、全国大会での銅賞受賞は、何より本人の地道な努力の賜です。

 以下に、櫻井勇太郎さんの感想と大会の写真を掲載します。


   「アビリンピックの感想」                     櫻井勇太郎

 全国のアビリンピックは宇都宮で行われました。
 私はビルクリーニング部門に出場し、大会種目の中で最も人数の多い45名の中で戦うことになりました。
 全国大会に出場が決まってからも、実習や行事などがあり、なかなか練習ができませんでした。ですが、放課後の時間に練習を組んでもらい、何回も練習をして、徐々に効率・精度を上げることができました。
 そして、学校から出発の時、受託班のみんなに見送られながら宇都宮に着き、開会式が終わり、次の日、本番当日、緊張しないように、いつもの自分で臨もうと思いましたが、やはり自分の順番が近づくと、ドキドキ、緊張を隠せませんでした。
 競技中のことはあまり覚えていませんが、2回ほどミスをしたと思います。
 そして、閉会式の結果発表。あまり期待はしていませんでしたが、自分の名前が画面に映った時、一瞬何なのかわかりませんでした。ですが、銅賞だったので、とても嬉しかったです。
 応援してくださった先生、友達のみんな、本当にありがとうございました。皆さんのおかげで銅賞がとれたと思います。

イメージ 1


イメージ 2



この記事に

開く コメント(0)


10月5日(木)・6日(金)は1泊2日の日程で小学部6年生の修学旅行が行われました。行き先は仙台方面です。

5日の朝は、保護者の皆さんが見守る中、出発式で元気いっぱいの挨拶をしてスクールバスに乗り込みました。うっかり自分の荷物を持つのを忘れてしまうほど、わくわく、ドキドキ、はやる気持ちを抑えきれない待望の修学旅行でした。
みんな一ノ関駅から新幹線に乗るのを楽しみにして出発し、一路仙台へ向かいました。

5日の見学先は鐘崎笹かま館と仙台うみの杜水族館です。宿泊先は秋保町の蘭亭です。美味しいご飯に、楽しいおしゃべり、温泉での入浴と、旅の一夜を満喫しました。
6日は八木山ベニーランドと青葉城址を見学し、午後3時過ぎに胆沢交通のきれいなバスで帰校しました。

みんなで事前に学習したことの一つひとつを確かめながら、友達や先生との交流を楽しんだ旅になりました。

イメージ 1  小学部 憧れの新幹線♡


イメージ 2  イメージ 3
  小学部 仙台うみの杜水族館にて               イルカショー すごいなあ!

イメージ 4   小学部 宿泊先の蘭亭前にて

イメージ 5  小学部 八木山ベニーランドにて


9月6日(水)から8日(金)には、中学部3年生の修学旅行が行われました。
往復の移動には、大好きな新幹線を使って東京方面に出かけました。

見学先は1日に1か所と厳選し、ゆっくり、たっぷり、じっくりと、一人ひとりの目標を達成できるよう、体験しながら学習してきました。コースは、1日目はNHKスタジオパーク、2日目は東京ディズニーランド、3日目は東京スカイツリーです。

天気予報では、初日から雨の予報でしたが、みんなのひたむきな願いが通じたのか、3日間とも、見学中はほとんど雨の影響を受けることなく、体調を崩すこともなく、無事に終えることができました。

昨年までは、遊園地の乗り物が苦手だった生徒もたくさんの乗り物に乗れるようになり、ホテルでの宿泊体験等をとおして仲間との連帯感や社会生活のマナーを学ぶなど、また一回り成長して帰ってきてくれました。
迎えのスクールバスを降りたときの満面の笑顔が、確かな成功を物語っていました。

イメージ 6  中学部 NHKスタジオパークにて

イメージ 7  中学部 東京ディズニーランドにて

イメージ 8  中学部 東京スカイツリーにて

イメージ 9
  中学部 一ノ関駅にて このメンバーで行ってきました☆☆☆



この記事に

開く コメント(0)

9月27日(水)中学部のロードレース大会が行われました。
昨年は雨天のため中止となり、ミニロードレース大会になりましたので、薄曇りの天候ではありましたが、予定どおり開催できたことでホッと安堵しました。

聞くところによると、3年ぶりの開催で、3年生は最初で最後の大会になったそうです。

時々「もうだめだ!」「もう走れない!」などという声を発しながらも、みんなで毎日一生懸命練習してきました。
その努力の甲斐あって、中学部の生徒全員が全力で完走することができました。

イメージ 1  
 中学部:ロードレース大会 一斉にスタート!
 
イメージ 2  
 中学部:ロードレース大会 ゴール・イン! がんばりました♡

さかのぼって、9月13日(水)の午前中には高等部のクラスマッチが行われました。
久しぶりの晴天の空の下、体育館ではフライングディスクとフロアーボウリング、屋外では明峰駅伝が行われ、高等部の生徒は全力で競技に挑みました。

当日は、普段は自宅で学習している訪問学級の佐々木歩夢さんも参加しました。この日に向けて、密かにフロアーボウリングの練習をしていたようで、その成果を発揮してくれました。なんと、歩夢さんは決勝戦まで勝ち進み、チームの準優勝に貢献してくれました。

どのクラスも応援メッセージを書いた横断幕や仮装・応援グッズなど、様々な工夫を凝らした応援の演出にも目を見張るものがありました。
みんな仲良く、他のチームの活躍にも惜しみない拍手を送り、楽しいひとときを過ごすことができました。 

イメージ 3
 高等部:クラスマッチ 佐々木歩夢さん 大活躍!

イメージ 4
 高等部:クラスマッチ 応援グッズにも工夫を凝らしています☆

イメージ 5
 高等部:クラスマッチ 明峰駅伝 先輩にだって負けられません!!

この記事に

開く コメント(0)

9月21日(木)に合同避難訓練を行いました。

本校では、年に一度、隣接しているたばしね学園と白梅の園の皆さん、前沢12区・13区の皆さんと合同で避難訓練を実施しています。

今回は避難訓練のあと、消火訓練と避難所体験を行いました。

避難訓練は校舎内で火災が発生したという想定で行いました。
安全な避難のための合い言葉《おはしもち》(=押さない・走らない・しゃべらない・戻らない・近づかない)を、全員がきちんと実践し、迅速に避難行動がとれました。

引き続き行われた消火訓練では、児童生徒を代表して高等部3年生の高橋優也さん、大人の参加者を代表してたばしね学園の職員さんが体験をし、消火器の有効な使い方について学ぶことができました。

避難所体験は、今年度初めて取り組みました。
もしも、大きな災害が発生したとき、いつもと違う場所で、いつもと違う人たちと一緒に生活できるような力を身につけるという目的で行いました。
また、避難した場所で、ご家庭からお預かりしている非常食や学校で備蓄している食料を試食することも併せて体験しました。学校で備蓄しているマジックライスとけんちん汁を避難所の人たち全員で分け合って食べるという体験でしたが、児童生徒は全員が状況をわきまえて、非常時にふさわしい行動をとることができました。

このような訓練をくり返し行うことで、災害時には自分のやり方で、自分の身を守る避難行動がとれるようになってほしいと思います。また、他の人に守ってもらうだけでなく、一般の人たちと協力し合える力や自分のやれることで貢献できる力を身につけていってほしいと願っています。

イメージ 1
〈消火訓練〉 消火器は風上から風下へ! あっという間に消火できました

イメージ 2
〈避難所体験〉 並んで救援物資をもらいます

イメージ 3
〈避難所体験〉 みんなで分け合って食事をします

この記事に

開く コメント(0)


9月6日(水)北上総合運動公園陸上競技場及び総合体育館で、第14回岩手県特別支援学校スポーツ交流大会が開催されました。

当日は、午前中は雨模様、午後は曇り空というあいにくの天気でしたが、高等部の生徒たちは最後まで元気に参加しました。

開会式は、メインスタンドの下の屋内での開催となりました。急遽の変更で、狭い場所での開会式でしたが、各校の代表選手はとても立派でした。
開会式では、選手を代表して、本校3年生の菊地拓弥さんが選手宣誓を行いました。堂々と、大きな声で、一語一語思いがこもったとても立派な宣誓でした。テレビカメラが顔から1mくらいしか離れていないような所にあるのに、よくこれだけの宣誓ができるものだと感心して見ていました。他校の校長先生たちも「とても立派な挨拶だ」「感動した」と話していました。

雨に濡れながら、じっと我慢して自分の競技の順番を待った人。
勢い余って、ゴールを過ぎても全力でずっと走り続けた人。
緊張して、いつもの力が出し切れずに悔しい気持ちを味わった人。

どの競技でも、一人ひとりが、それぞれの思いを胸に全力で頑張りました。
最後の競技であるリレーでは、男女とも立派な結果を残してくれました。
男子は大会新記録で第1位、女子は第3位で、閉会式の場で表彰していただきました。

今年の大会スローガンである「超えろ!自分! 讃えよ仲間!」が、みごとに達成できた素晴らしいTry(トライ)スポーツでした。

イメージ 1  
  開会式にて 選手宣誓  菊地拓弥さん

イメージ 2
  男子 リレー(4×100m)   優勝 大会新記録(48秒49)         
            高橋琉成さん・菊地拓弥さん・櫻井勇太郎さん・津田広夢さん

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事