ここから本文です
盛り上がれ北陸!

書庫全体表示

Y本カスタム2

こんばんはY本です!

じつは最近、鉄砲を新調しまして
せっかくなのでこれで記事を1本書いてみようかなと思いました

では順に見ていきましょう

●インナーバレル、アウターバレル
前回紹介したのと同じ、LEのテフロンバレルとフロンティアのアウターです
ここは鉄板です

●ストライカー、シア
これも前回と同じく蔵前のもので、今回新たに購入したものです
素晴らしいパーツです
Cバネ抜き、ベアリング入りも同じです

●トリガーベースとシアの軸を交換
ここが今回のハイライトです

イメージ 1

直径3mmのステンレスの棒(ホームセンターで買えます)をサンドペーパーで削ってピカールで磨いて、トリガーベース、シア及びフレームにガタが生じないように、それでいて抵抗なく回るように、軸を新しく作りました
テキストにすると難しそうに見えるかもしれませんが、めんどくさいだけでとても簡単な作業です

はしっこは、この工具(名前知らないw)でバツンと切ってダイヤモンドヤスリで整形しました

イメージ 4

これもめんどくさいだけでとても簡単です

実は今回のカスタム、新品のAPS-3に蔵前ストライカーとシアをポン付けしてみたら暴発仕様になってしまったんですが、静岡のGMナベさんに相談して、この軸の交換を試してみたというわけです

結果として暴発は無くなりました
もういちど書きます
暴発は無くなりました!

暴発の原因はたぶん、ストライカーと噛んでる上のシアの、軸とフレームの穴のガタのせいです
このガタを取り除くことで、ひとつの暴発対策になるんじゃないかなというお話です

ノーマルの亜鉛ストライカー、シアでは試していないというか長らく亜鉛パーツは使っていないので、こういう事例もあるよ、くらいの情報かもしれませんが、暴発やコッキング不良でお困りの方をTwitterでちょいちょい見かけるので、ここで記事にしてみました

トリガーの感触も、なんというかカッチリするカンジがするような気がいたします
気のせいかもしれませんがw

●グリップ
こちらも新調しました

イメージ 2

ビーバーテイルとフィンガーチャンネルは果たして必要なものなのかを確かめるというテーマです
今のところ、それらはたぶんいらないものだという(わたくしの中での)結論になりそうです

●初速カスタム
これも前回と同じです
これによる初速85m/sはちょうどいいという表現がしっくりくる値だと思います

●フロントサイト
今回はマルゼン純正のアルミの5.0mmを選んでみました
シールとかも無しです
カッコイイからいいんです!

イメージ 3

●リアサイト
halo選手が設計したバリアブルリアサイトです
DMMのクリエイターズマーケットでhaloって検索したら出てきます
わたくしはアクリルのエクストリームで出力したものを塗装しました
軽くグリスを塗ったくらいで、簡単にポン付けできました
サイトの幅が自由に変えられるのが楽しいのと、エッジがきっちり立っているのですごく見やすいです
フロントと合わせて、あこがれの黒黒サイトです
カッコイイは正義だと思います!

**********

Y本選手とAPSの練習しませんか?
チャンピオン金沢模型で、週イチくらいで練習会を不定期開催中です
(ここのところの大雪でなかなか開催できていませんが汗)
ご希望の方はどうぞお気軽にTwitterでDMください
ブログのネタのリクエストもありましたらぜひお願いします
Y本@APS (@Y32091591)
https://twitter.com/Y32091591?s=09

Facebookもやってます
https://www.facebook.com/profile.php?id=100023644284289

チャンピオン金沢模型のレンジについてはこちらの記事をどうぞ
https://blogs.yahoo.co.jp/y_mot0/64065305.html

この記事に

  • いつもy本さんの記事を楽しく拝見して勉強しているオータケです。

    私もステンレス平行ピンへの交換をしています。
    丁度、地元のホームセンターに3mmの平行ピンが売っていたので3本共、それをバフがけして入れています。
    自分の場合、亜鉛シアなのでそれに対応するようにしています。
    というのも、3ミリのピンをそのままノーマルフレーム、シアに入れようとすると両方共引っかかりキツく入らないのです(個体差はあると思います)。
    実はノーマルのピンは2.9○ミリと3ミリよりも小径(マルゼンが正解なのでしょう)。
    ので、3ミリのドリルでさらってバリ取りや(ノーマルシアの中にバリあり)径を合わせてついでにピンが入る内側もバフがけしています。

    こうして私は軽いトリガーでミスを連発し今に至ります(泣)

    でも頑張る!

    長文失礼致しました。

    [ こうこうこう ]

    2018/2/13(火) 午前 6:44

    返信する
  • > こうこうこうさん
    コメントありがとうですm(__)m
    わたくしの記事はちょっと言葉足らずでしたね
    穴の方が少しだけ小さいのは把握してますよ
    でも亜鉛シアは中にバリがあるんですね
    フレームにぴったりの軸だとそのバリに引っ掛かったりしますかねえ

    トリガープルは軽くなるってことですよね
    オータケ選手が言うなら間違いないってことでいいですよね(^ω^)

    [ y_m***** ]

    2018/2/13(火) 午後 0:31

    返信する
  • > y_m*****さん
    私の個体はフレームとシア共に3ミリのピンで抵抗がありました。

    シアもフレームと同じ様な径だと思いますね。
    無理に入れてもキツく引っかかります。

    3ミリのステンレス軸に合わせてシア、フレーム共にドリルで開け直してバフがけ後、注油するとガタもなくスムーズな動きに成りました。
    確かに余計なガタが少なくなるので抵抗が無い分軽くなると思います。

    それに合わせてスプリングやシアの掛かりを調整すると「キレ感」が出て来ますね。

    はい、私それで飛ばします(>_<)

    [ こうこうこう ]

    2018/2/13(火) 午後 2:40

    返信する
  • > こうこうこうさん
    ていねいにありがとうです!
    ここまで読んでいただいた皆様、そういうことで、少なくともキレは良くなるようなので良かったら試してみてください(^ω^)

    [ y_m***** ]

    2018/2/13(火) 午後 4:32

    返信する
  • 顔アイコン

    オータケ先生とヤーマモト
    話しが専門的過ぎて
    さっぱりついていけない(汗)
    のですが
    ピンを交換すればいいという事でしょうか
    今度京都で教えてください。

    [ RISKY ]

    2018/2/22(木) 午後 3:49

    返信する
  • > RISKYさん
    コメントありがとうですm(__)m
    純正のピンってスルッと入るじゃないですか
    それって要するにスキマがあるってことで、そのスキマをなくして、かつスムースに回るようにしたら、いいことがあるかもしれない
    ってお話でした

    [ y_m***** ]

    2018/2/22(木) 午後 8:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事