ここから本文です
盛り上がれ北陸!

書庫全体表示

呼吸について

こんにちはY本です

先日、オータケ選手からTwitterで次のようにリクエストをいただきました

「射撃の呼吸法について書いて下さい。
ブルズアイ、プレート時でも違うと思いますし、結構分からない方がいると思います。」

ありがとうございます
うまく書けるかどうかわかりませんが、なんとかがんばってみたいと思います

まずは教本に書いてある、基本的な部分から見てみましょう

射撃動作と呼吸とは連動させて行います
一回呼吸法と二回呼吸法があります

・一回呼吸法
スタンバイ姿勢から、息を吸いながら腕を振り上げてターゲットの上まで持ち上げます
次に息を吐きながらゆっくりと下ろしてゆきます
吸うときは鼻から、吐くときは口からがよいそうです
で、狙点のあたりで腕も呼吸も止めます
このとき、肺のなかには3〜5割くらいの空気が残ります
そのまま最後の照準、撃発、フォロースルーとやっておわり、です

息を吸うと腕が上がり、吐くと腕が下がる
というように連動させる、というのがポイントですね

二回呼吸法は、吸いながら持ち上げて吐きながら下ろしてゆくところまではおなじですが、狙点の直前くらいでもういちど浅く吸って吐くのが加わります
このときも、吸えば腕は上がりますし吐けば下がります
2回上げ下げするわけですね

どちらが優れているというものではないようですので、お好みでよろしいかと思います
というわけで一回呼吸法と二回呼吸法をご紹介しました

ちなみにわたくしはこの、呼吸と腕の上げ下げの連動は、脇にでっかい風船があるイメージでとらえています
呼吸とともにふくらんだりしぼんだりする風船です

▼こんなイメージです

イメージ 1

蛇足ですね

***

さて、ここからはわたくしの聞いた話や経験から書いてみたいと思います
最近バッジ防衛もできていないわたくしの書くことですから間違いもあろうかと思いますので、大目に見ていただけたらと思います

呼吸はとても大事な要素です
呼吸をするということは、体内に酸素を取り込むということです
酸素が不足するとどうなるかというと、目の機能が低下します
ふだんはちゃんと見えていたものがぼやけて見えたりします

あと、本番などで緊張したときって、心拍数が上がりますよね
心拍数が上がるってことは、酸素の消費も激しくなるってことですよね

さらに、射撃は、前述のとおり、その動作中に呼吸を止めないといけません
止めてるうちは酸素は身体に入ってきませんから、酸素もモリモリ消費されていきます

さらにさらに、人間て緊張のあまり呼吸することを忘れることがあるんです
忘れるのは大げさとしても、無意識に浅い呼吸になってしまったりします
わたくしも、ターゲットがぜんぜん見えなくなったり、サイトがいつもとぜんぜんちがう見え方になったりして、あっ、おれ息してない!ってなった経験があります

今これを書いてて思ったんですが、身体の震え方にも関わってきたりするんでしょうか
酸欠が筋肉に及ぼす影響は?
ちょっとぐぐってみましたが、なんかちがうのばっかりヒットするんで、お詳しい方がいらしたら、わたくしにだけこっそり、じゃない、コメント欄にお寄せいただければと思います

話を戻して
酸欠になったら、もしくはならないようにするにはどうしたらよいか
深呼吸をしましょう
目を閉じて、できれば2回くらいすると、文字通り目に見えて効果があります

深呼吸を行う場合は、まず吐くところからやります
腹式呼吸で行うのがよいと言われています
へその下、丹田に力を入れて行う呼吸です
ぎゅーっと絞って、さいごは肛門まで締めて、息を吐ききります
吸うときは逆にお腹の力を抜いてやると、勝手に入ってきますね
これが腹式呼吸です
専門の書籍が山ほどありますので、適当に選んで読んでみてもおもしろいかもしれませんね
で、腹式呼吸の効果としては、副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなるんだとか
ほかにも、腸が刺激されることで、幸せ物質といわれるセロトニンが出るなんて説もあります

で、本番で緊張したときなんかは、これがなかなかできなくて、あまりの息苦しさについ肩で呼吸してしまいがちなのですが、これは逆に心拍数を上げてしまう効果があるそうです
射撃の場合は害悪でしかないですね
わたくしも気を付けたいと思います

あと最近気が付いたのですが、射撃動作に入る前に腹式で息を吐ききってやると、理想的な姿勢になるっぽいです
特にお腹から腰のあたりが整うというか、まっすぐどっしり立てるような気がします

***

で、これらをAPSにあてはめてみます

APSは、特にブルズとシルエットは、わずか2分に5発も撃たないといけません
深呼吸とかやってるヒマあるの?と思った方もいらっしゃると思います
そんなヒマは、意外と、あります
人によって撃つリズムは違いますから、若干せわしなくなる人もいるかもしれませんが、1発撃つごとに1回深呼吸しても全然間に合うと思います
わたくし自身、これまではそこまで意識して呼吸してこなかったのですが、この記事を書くのにあたって、公式で実際に試してみたのです
時間は、あります


さて、問題はプレートなのですが…
まず、深呼吸する時間はたっぷりあります
ここは問題ないと思います
問題なのは射撃動作の部分です
なにせ教科書がありません
なので、あるトップシューターにお聞きしたやり方を書きます

登田さんのコールに合わせて呼吸を行います
プレートスタンバイ、で吐き、
レディー、で吸って止めて、
ブザーで振り上げてから撃つまで、呼吸は止めたまま
です
撃ち終わったら吐ききって深呼吸、というサイクルになるでしょうか

先日、川村先生がラジオで、今回プレートがよくなかったのは、ふだんは大きく吸うのに今回はそれをやってなかったから、と言っておられました
わたくしも以前動画で小林先生のプレートの場面を観察していて、吸うときに身体全体がふくらむのがわかるほど大きく吸っていたのを見たことがあります

プレートに正解なし、とよく言われますが、トップシューターを観察したり話を聞いたりすることで糸口をつかめることもあるかもしれませんね

この記事に

  • 記事ありがとうございます。

    私も初めてのクラブマッチの時、緊張で呼吸が浅くなり、酸欠でフラフラになった思い出があります。

    始めたばかりの方は、そういった事を意識しないうちにやってしまいがちなのかも知れませんね。

    [ こうこうこう ]

    2018/4/15(日) 午後 8:08

    返信する
  • > こうこうこうさん
    コメントありがとうです!
    あと遅くなってすいませんでした(^_^;
    緊張したときに呼吸が浅くなるのって、本能に根差した反射反応だと思うんですが、緊張=生命の危機に対処するための反射と考えても浅い呼吸って何の役にも立たない気がするので、単に身体が硬くなるのの副作用なのかなあ
    いずれにしろ、緊張したときほど深呼吸、ということでいきたいものですね

    [ y_m***** ]

    2018/4/15(日) 午後 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは
    加藤と申します
    自分は毎回試合で緊張してしまいますが
    それはとりあえず置いておいて。
    自分自身の基礎的な技術がここ数年上がりません
    自分が技術向上し毎回せめて家での練習で200点を
    撃つためには何をすればいいでしょうか
    Y本先生の「金語」をいただければと思い
    書き込みいたしました
    アドバイスよろしくお願いいたします。

    [ RISKY ]

    2018/4/17(火) 午前 10:22

    返信する
  • > RISKYさん
    いつも回答しづらいコメントありがとうですw
    リスキーさんほどの技術、知識のある方でも毎日200点とはいかないのであれば、これはもうヒトには無理なのではないかとも思うのですが、いかがでしょうか

    [ y_m***** ]

    2018/4/17(火) 午後 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    アドバイスありがとうございます
    きっといつか毎回200点とか出せると思うのですが
    なかなかたどり付けません
    練習量を5倍程度に増やしたいのですが
    腕が疲れてしまうので
    それをすると練習時間が5時間になり
    パチンコに行く時間が持てません
    池上先生のように仕事を辞めて時間を作った方がいいでしょうか
    アドバイスお願いいたします

    新しい質問です
    ブルズで5発プラス5発撃つと
    1回目と2回目で着弾が
    全然違う感じになってしまいます
    再現性のある射撃がなかなかできません
    スタンス・グリップも当然
    連続ブルズですので
    変わっていないはずなのですが
    再現性がありません
    どうしたらもっと再現性のある射撃ができるようになりますでしょうか

    [ RISKY ]

    2018/4/18(水) 午後 1:41

    返信する
  • > RISKYさん
    思い切ってパチプロに転向するというのはいかがでしょうか

    再現性については、リスキーさんくらい高かったらもう十分なんではないでしょうか
    と思いつつ、まじめに考えてみました
    APのファイナリストでも580点くらいですよね
    60発のうち20発は10点を逃していることになります
    前半良くて後半崩れる場合もあるでしょうが、それでも前半30発満射ってのはそうそうないと思うです
    APとAPSでは的のサイズが違いますが、リスキーさんの求める再現性はワンホールで当てたいということだと考えれば、再現性には限界がある、が正解だと思うです

    こんな回答でいかがでしょうか

    [ y_m***** ]

    2018/4/19(木) 午前 6:51

    返信する
  • 顔アイコン

    > y_m*****さん
    本日も「金語」ありがとうございます
    パチプロいいですね
    お店にプロ禁止って書いてあることを除けば(汗)
    さて60発撃って数発ってのはいいのですが
    5発撃って次の5発くらいも再現できない
    自分のうんこ射撃には本当に毎日がっかりです。
    金沢強化合宿「酒は飲んでも飲まれるな」で
    きっちりY本先生に
    「射撃ってのはこうやって撃つんだよ」
    勉強させていただきたいと思います。
    PS:やっぱり銃当たりませでした
    たまに掃除は必要ですね

    [ RISKY ]

    2018/4/19(木) 午後 0:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事