震災からまもなく1年。
 
東久留米の「がんてつ・梅乃屋」さんが
「復興支援らーめん」(850円)を2/17〜3月末予定で販売中。
 
実は「がんてつ」の店主さんは宮城県白石市出身。
 
震災以降、募金活動や炊出し応援、東北情報のご提供などを続けてこられました。
 
宮城の方との交流、故郷の知人、店主の同級生の経営者の方々、
各方面との話の中で、皆、仕事、店舗営業なども再開はしましたが、
まだまだ風評被害などの影響が・・・。
 
今、被災地の方が希望されている支援は
「商品の消費や東北に足を運んでいただく誘導」
だそうです。
 
そこで、今回「がんてつ」さんが提示したのが
 
1 名産の素材を使ったラーメンをご注文いただくことで、食しながらも東北の支援に結びつくということ、
そして使用素材などを店内で販売し売上の一部を日本赤十字を通じ義援金とすること
 
2 東北物産品、支援商品のご紹介や販売をすること
 
3 東北の情報資料や旅行パンフレットなどを置くこと
 
4 東久留米で支援活動のご紹介やご協力の地域の店舗さんのご紹介と誘導をすること
 
などをラーメンの販売とともにやってらっしゃいます。
 
しかも、物品ご購入の500円以上の方には「久米川ボウル」さんの無料チケットや
がんてつの300円金券をプレゼントされるそうです
(使用・販売品などはそれぞれの安全確認済の物)
 
色々な支援の形があります。
 
小さなことでも少しのことでもみなさんで続けていきましょう。
 
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2012年が明けて3週間経ちました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
 
今年初ラーメンはもう召し上がりましたか?
 
さて、先日、東京足立区にあるラーメン店「翔竜」さんで、
とても画期的な募金システムを発見しました!
 
イメージ 1
 
こちらがお店ですが、お店に入ってすぐ右側に券売機があるのですが、
ラーメンの食券の上に・・・なんと!
 
イメージ 4
 
募金ボタンがありました!
 
イメージ 3
 
お釣りの一部を募金に変えてしまった新発想。
 
イメージ 2
 
ラーメンが750円ですので、
1,000円札を入れた人や800円を入れた人には
押しやすいシステムです。
 
50円券が出てきますので、それをお店の人に渡せばOK。
とても気持ちよくラーメンが食べられます。
 
券売機のついているお店さんに是非沢山このアイデアを導入してもらいたいですね。
 
今年もYahooらーめん特集をよろしくお願いします。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年も残すところあとわずか。
あの震災から約10ヶ月。
 
震災発生後、被災地外のラーメン店主による義援隊・炊きだし活動、
ラーメンフリークの方々の義援金活動など
数多くの方がラーメンを通じて復興支援に力を入れました。
 
そして・・・来年2月!
 
被災地のひとつでもある福島県は喜多方で、ラーメンイベントが開催されます!
 
2月18日と2月19日の2日間で、なんと東日本の有名ラーメン店が8店舗集結。
 
地域は【青森】【岩手】【宮城】【山形】【いわき】【新潟】【福島】そして【東京】から!
 
もちろん復興支援の祈りを込めた限定麺も登場する予定!(写真は【青森】長尾中華そば※イメージ)
 
イメージ 1
 
是非、喜多方に足を運んでみてくださいね!
 
■料金・・・1杯600円(各店共通チケット)
■会場・・・押切川公園体育館 特設テント
■前売券・・・取扱い先:市観光交流課、各総合支所産業課他

喜多方観光協会 (事務局:喜多方市産業部観光交流課)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

福島県の復興応援!

全国で200店舗以上も展開する「らあめん花月 嵐」にて12月7日より
福島県の復興応援をテーマにした期間限定ラーメンが全国一斉発売されるとのこと!
 
しかも同じ福島県出身でラーメン評論家でもある「大崎裕史」氏とのコラボのラーメンが登場!
 
テーマは喜多方ラーメンでスープは、豚骨・鶏ガラ・煮干を煮込んだ、あっさり優しい口当たり。
 
麺はもちもちとした平打ちちぢれ麺。
 
また、喜多方ラーメン一番の特徴であるチャーシュー!
丼を覆いつくすほどの特製チャーシューは豚バラ肉を直火釜でじっくり煮込んだ逸品。
 
 
イメージ 1
「喜多方らあめん肉増し大崎食堂」920円
 
今回、こちらの限定麺は義援金にもつながるとのこと。
 
食べて、福島喜多方ラーメンを知って
みなさんも本場喜多方にも行ってみて下さいね。
 
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

 高田馬場にある屋台らーめん鷹流さんが
毎月11日に一番人気メニューの「白鶏麺」の売り上げ全部を
被災地に寄付を続けています。
 
岩手県に限らず、微力ながら東北の色々な所に寄付をしていく、ということで
今回は「南三陸漁師元気プロジェクト」の皆様に寄付しました
 
南三陸「漁師元気プロジェクト」南三陸若手漁業者復興に夢と希望を
 
10月11日の売上が
白鶏麺26食20280円・白鶏麺全部のせ4食4000円
合計 24280円
 
ですが、本当に振込をしているのかをお客様に信用してもらうために
振込内容の証明と売上金額のレシートも証明として
提示してくれました。(公開の許可をいただきました)
 
美味しいラーメンを作る・食べる・それが支援につながる。
 
ラーメンがつなぐ復興支援の輪はまだまだ続きます。

イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事