ここから本文です
こんなんみっけ
穴子さんの年齢は27歳!

書庫全体表示

今日も震災関連の漫画を紹介します。

はやせ淳の「駅弁ひとり旅」が現在、単行本が15巻まで刊行されている人気漫画。
日本全国の駅弁を訪ねるフィクション作品です。
これまで、東北の駅弁もたくさん紹介されました。

今回紹介するのは、番外編「駅弁ひとり旅 がんばっぺ東北編」。
イメージ 1

東日本大震災では、被災地の駅弁業者も大きな痛手を負いました。
地震や津波といった物理的被害以外にも、食材の風評被害といった、あらぬ疑いにも直面しました。
そんな駅弁業者の今を訪ねるのが今回の"がんばっぺ東北編"です。

たとえば常磐線相馬駅の駅弁業者・丸屋。福島原発の影響で、多くの人々が避難、列車も一部区間の運行が再開しただけで、駅弁の販売は行われていません。
相馬駅といえば、いまだにホームでの立ち売りが見られただけに残念です。

丸屋さんのお弁当は以前紹介しましたね。
http://blogs.yahoo.co.jp/y_sirais/14066648.html

震災の夜にオイラが食べた「はやぶさ弁当」も紹介されています8^^
イメージ 2

イメージ 3


駅弁業者に限らず、現在の鉄道についても紹介されています。
これは石巻線女川駅。
イメージ 4

イメージ 5


震災前の女川駅はこんな感じでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/y_sirais/17243933.html

昨日も紹介した三陸鉄道の久慈駅。JRの八戸線と接続するこの駅にも駅弁はあります。
イメージ 6

一度は店の再開を諦めたリアス亭も、ファンの声援を受け、みごと復活!

そして、オイラがいつも駅弁を買いに行く一ノ関駅の斉藤松月堂も掲載されてます(^^
イメージ 7


斉藤松月堂のお弁当も以前紹介しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/y_sirais/13699433.html

この本には震災前に訪ねた時の作品も収録、また、登場した駅弁業者のインタビューや現在の被災地の模様なども収録されています。

あぁ、今日も漫画で泣いた(T_T

  • 顔アイコン

    世の中すぐに泣かせようとしますが(映画とか)東北ものはそういうひねくれた僕でも号泣する話が多いんですよね…

    ボクサーひこ

    2012/3/14(水) 午前 10:00

    返信する
  • 顔アイコン

    ひこさん>
    そうなんですよね〜
    オイラも「お涙頂戴モノ」ってキライだったんです。
    でも、あの震災以来、ちょっとしたことで感動するようになっちゃいました(^^;

    しら

    2012/3/14(水) 午後 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    さすが!しらさん買ってましたか〜〜!!

    先日、セブンイレブンでSWの麺フタのヤツGETするために寄った時、この本見つけたんですよ〜☆

    あとで自分も買いますね〜〜!

    [ ぽんだらけ ]

    2012/3/14(水) 午後 11:14

    返信する
  • 顔アイコン

    ぽんこさん>
    やはり被災地の駅弁ファンとしてはゲットしないとね〜(^^

    そうそう、「美味しんぼ」の最新刊も、震災以前に登場したお店の今を描いた特集ですよ〜(^^

    しら

    2012/3/14(水) 午後 11:17

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事