拓啓ぽんのブログ

サイクリング、電子工作、模型工作、そのたいろいろ・・・・

電気ストーブを修理

 たぶん10年近く使っている電気ストーブ。
 耐用年数を考えると大丈夫かと・・・・
 いや、大丈夫じゃないから修理するんです。

 最近コードの向きによって電源が入ったり入らなかったり、コードの中で100%断線しています。
 皮膜の中なのでショートして火災ということはないけど、過去にコンセント側で断線した際にショートして火花が飛んでますから放置は危険です。

 ネジは左右とも側面1カ所、裏面2カ所ずつ。
 コードをカットして状況をチェックしたら、予想どおり長年の折り曲げで劣化して断線してました。

イメージ 5


 断線した部分より内側の線を外してコードを接点に接続し直し。
 本体内部はすごいホコリ、まずは掃除機を掛けてからの作業。

 片方は本体下部の転倒検知スイッチへ。

イメージ 1

 スイッチの反対側から延びている線が短いため、スイッチを本体の反対側に引っ張り出して半田付けしました。

イメージ 2


 もう一方はメインの電源スイッチ。
 とてもアナログなスイッチです。

イメージ 3


 半田付けをしたら元通り組み立て。

 スイッチを入れたらすんなりと付きました。

イメージ 4


 とってもアナログな回路なので、定期的にバラしてあげれば長く使えると思います。
 次はコードの交換かな。

この記事に

開く コメント(0)

 私はデーター通信用の格安SIMの入ったスマホと、通話専用のSIMの入った古いスマホの二台持ちで運用しています。
 2台持ちのメリットは月々のコスト。
 格安SIMはOCNモバイルOneで月974円。
 ガラケー契約はキャリアメールを使わなくなったのでimodeを解約し月978円。
 定額通話はありませんが月1,000円分の無料通話が付いて、計1,952円で済んでます。

 当初はガラケーとスマートフォンの2台持ちでしたが、ガラケーが故障してから古いスマホにガラケーのSIMをさして通話専用として使っています。
 ガラケー+スマホはちょっと嵩張るけど、スマホ2枚はほとんど気になりません。
 しかし最近になって数ヶ月前に購入した中華スマホ、XiaomiのRedmiNote3Proが格安SIMとFOMAの通話SIMを2枚挿して同時待ち受けできることがわかったので実際に試してみました。

簡単にまとめると
 ・Xiaomi公式の中国版ROMは同時待ち受け対応だけど、公式の国際版ROMでは非対応。
 ・非公式なMIUI-euというヨーロッパの有志がカスタマイズした国際版ROMは中国版ROMをベースにしているので同時待ち受け対応。
 ・中国版やeu版でなくても、モデムファイルをeu版のものに書き換えれば同時待ち受けに対応する。
 ということのようです。

 実際の手順は
1・パソコンにてネット上でCM13-firmware-3G+4G.zipを見つけて展開し、firmware-updateの中にあるNON-HLOS.bin を取り出す。
MIUI-euからRN3P用のROMをダウンロードし、ZIPを展開してもOK
2・RN3PをFastbootモードで起動する。
3・パソコンからターミナルで fastboot flash modem NON-HLOS.bin を実行して書き込む。
 以上。
 
 実際に試した結果がこんな状態。
 LineageOS CM14(Official)で試しました。
イメージ 1

 SIM1(MicroSIM)はdocomoのFOMASIMで通話契約のみ(imodeは解約済み)
 SIM2(nanoSIM)はOCNモバイルOneのデーター通信専用SIMです。
 発信、着信、SMSの送受信を試しましたが問題なく使えました。
 完璧です!

 ちなみにFOMASIMのみでは何かしらの制約が働くようで電波を掴めませんでした。
 
 参考にしたブログのエントリーが去年の9月、このスマートフォンを買ったのが10月末。
 このことにもっと早く気付いていれば少し奮発して3GBRAM32GBEROM版を買ったのに・・・

この記事に

開く コメント(6)

 子供が使っているWiiUゲームパッドのACアダプターケーブルの被膜が破れていたので修理しました。
イメージ 1
 このまま使うのは危険と、新しいアダプタを購入しようと思いましたが、アダプタの分解防止ネジがよく見ると六角レンチで回せそな感じ。
 しかし六角レンチのサイズが微妙で手持ちの物ではハマらず回らず、試しに小さめのマイナスドライバを対角線に差し込んで回したら回っちゃった。
 ネジが外れたらこっちのもの、アダプター部分を外してケーブルをカットして基板に付け直しました。
 グレーのビニールコートはそのままグレーの方、外周を巻いているリード線は黒い方に接続半田付け。
 電極を間違えないよう片方ずつハンダ取りで古い線を外して付けます。
イメージ 2

ケーブルは抜けないように本体内で1回縛りました。

イメージ 3

ケースを閉めて、ネジ止めして完成!!
イメージ 4

 導通テストOK、コレで安心して子供に遊ばせます。

 ロットによって構造が違うかもしれません、ショートすると火事になるので分解は自己責任お願いします。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事