ここから本文です
CLASSICAL-日々の戯言
住所、電話番号はCLASSICALメニューから!

書庫全体表示

先日のネモフィラ、どうしても見たい、そう思って計画してみたときに、なかなか行きにくい場所だというのがわかった。

そういうときに頼りになるのはバスツアーである。

以前クラブツーリズム、阪急ツアー、赤い風船(日本旅行)、はとバス、そして今回は前回の西沢渓谷ツアーが良かったものだから、四季の旅に火曜日のツアーがあったので申し込んだ。

6千円でお釣りが来るような安いツアーだから期待はしていなかったが、平日だけあってスムーズだったし、連れて行ってもらうという目的は果たせた。

しかしある出来事で

(次はないな)

ということになった。

誰しもエラーは起こす。失敗もする。私達も幾度となく頭を下げてきた。
現在の信頼は20年、トラブルにも真摯に向き合ってきたからこそと思っている。
美容室なんぞはあとがない。お客様は二度と来なくなるから。
そういうことも踏まえ、いつでも同じ笑顔と態度でお迎えしよう、失敗やトラブルには真摯に対応しよう、と思っているわけだ。

失敗は、対処が大事。

起こってしまったことは仕方がない。取り戻せるものは取り戻し、戻せないものは誠意で対応する。ほころびは小さいうちに、が鉄則だと思ってきた。
病院なんか、小さなミスが命を脅かすのだから、前職のときのミスの対応は本当に慎重に、そして最善を尽くさなければならなかった。

なぜにここまでそれを強調するかといえば、今回まさに添乗員のミスが有り、その対応に誠意を感じなかったのだ。

このツアーは、ネモフィラ特化で余り余計な場所に行かないというので利用した。
それでも那珂湊おさかなセンターとか、大洗のかねふくの明太子パークとか、行き帰りトイレ休憩のインターだとかによるわけです。

知らなかったのだが、那珂湊ではお食事の割引券が出て、降りるときに配っていた。ところが最後に降りた私達二人分のチケットがないとかで。

「大丈夫ですよ、いりませんよ、」

とは言ったが、確認に行った添乗員さんにチケットを配布した責任者らしい人が、

「人数分わたしたんだからもう無いよ、」

これまたむべもなく言い放ったわけで。
もう一度、気にしないでください、と言ったら、

「そうですか〜、すみませんねえ」

と。
その後彼女は私達とは目を合わせないようにしてたようだ。
そういう感じだったのでそっとしておいた。

ハイ、それだけ。
最終的にバスを下車するときにも何かひと言あるのかな?と思ってたら何もなかった(笑)


そういう会社なのだなと納得。

小さなことではあるけれど、客にとっては大きな問題。
その対処が見たかった。自分ならどうするだろうと考えた。
誠意って大事ね。

教訓にして、自分たちがやらないようにしようと思った出来事であった。

この記事に

  • オイラ絶対言う派。
    その場で旅行会社に電話すると思うな。
    もしくは、「あとで代理店でキャッシュもらえればいいですよ(笑)」というかな。
    いや、誠意を見せてくれれば笑って済ませますヨ。

    ヤブロック

    2018/4/23(月) 午後 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    > ヤブロックさん

    アンケートに書いてあげればよかったんでしょうけれど、なんか、おばちゃんの調子のいい顔見たらこの人に渡しても通らないなと思って、もう二度と使わない、ということでおしまい。
    今の世の中でホームページに書き込めないってありえないんですけどね〜

    [ yaa ]

    2018/4/25(水) 午後 5:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事