ここから本文です
CLASSICAL-日々の戯言
住所、電話番号はCLASSICALメニューから!

書庫全体表示

記事検索
検索

全401ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨年は土壇場で雨のために中止になった、地域の子供達のためのハロウィーン・パレード・千駄木南部町会。

お菓子を配る予定でした。

今年は1週前が根津千駄木下町まつりということで、早くもお菓子を配ってくれる有志のお店やお家に当日のお菓子を配っている町会長さん。
流石です。

今年こそ、うちも参加できますように。

と、言うわけで、コジマユウジ展が終了したあとに窓をハロウィーン仕様にするべく、今年も製作中なのであります。
昨年は、白雪姫と魔女の影絵。

今年は魔女です。

うまくいくかな??
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

うちの店が入っているビルには、テナントがたった3軒。

新聞社、小児内科、美容室

です。

ずっと気になっていたことなのですが、そのうちの新聞社の方々の中には、お会いしても挨拶しても、挨拶のできない人がいます。
会釈程度でも、人々の間を円滑にするのはとりあえず挨拶。
基本の基。

そう教わった私はちょっと違和感を感じておりました。

そんななか、私が店に到着して自転車を階段(3段ほど)をあげようと思ったところで後ろから体を捻って入っていく男性が。。。
狭いところを通るんだからさ、失礼でも、ごめんなさいでも、すみませんでも声をかければいいじゃないの。
もっと言えば、自転車が上がるまで待っててほしかったわけですよ。
無言で体を入れていく彼にこちらがあらすみませんと言っちゃったじゃないの。

彼はまっすぐにエレベーターには向かわず、郵便受けで郵便物を取り。。。

思わず追い越しがてら(というか追い越すにも待ってなきゃならない)
「おはようございます」

と声をかけ。

朝の時間のそんなこんなについに切れましたわ。

「おんなじところに入ってるんですから、挨拶ぐらいしましょうよ!」

って、言ってしまった。





今思う。。。北海道から帰ってきた大家さんのお兄さんだったらどうしよう。。。
瞬間湯沸器を反省するのであります。

この記事に

理・美容室は、クリーニング業、旅館業、入浴施設などとともに、生活衛生協同組合というカテゴリーに入る。

時々

「自主講習会」

という事でいろいろな講習をしてくださる。春秋の2回だ。

比較的面白い物があるために参加しているが、講師が素晴らしく、よく呼んできたなと思うこともしばし。

今回も、北療育医療センターで薬剤部の部長をされている先生が講師でいらしてくださった。
消毒薬の話である。

まず前提として、

除菌、殺菌、消毒、滅菌

どこがどう違うかを説明され、どんな薬剤の種類があるのか、どういうふうに使用するのか、美容室に向けた保健所の指導パンフレット(これが曲者)に沿って説明してくださった。

途中質疑応答を含めながら、噛んで含んだような説明は続く。
もう、通じてるのか、通じてないかがわからないような(目に前で居眠りする人あり^^;)空気の中、無事に終了、ちょっと気の毒だった。

講習終了後、実は北療育医療センターで実習したことがあるということをきっかけに突っ込んだ話をしてみた。
先生も、パンフレットを参考にしてみたものの、これでいいのだろうかという疑問を持ったようだ。

考え方にも医療者と業界の意識の乖離を感じていたようだ。

なので、この業界と医療との考え方にははっきりと乖離がありますと申し上げたら、初めて納得した顔をされたので、話をさせていただいた甲斐はあったかもしれない。

何より若い人が少ないことにびっくりした様子だった。

私にとっては、なにはともあれ、自分のやっていることが間違っていないと確信して帰れたのは収穫だったと思う。

この業界をどうこうしようとは思わないが、せめて感染の温床にだけはなりたくないものである。

冬の感染症流行期を前に、そう思いながら歩いて帰ってきたら、往復10キロになっていた。

この記事に

芸工展2日目

今日も芸工展始まってます。

本人登場は11時頃かな??

歴代の旗が見れますよ。
思えばいろいろなフラッグがあったものです。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

芸工展始まりました

イメージ 1

昨日搬入
本日から展示開始です。
お近くにいらしたら、お気軽にお立ち寄りください。


この記事に

全401ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事