ここから本文です
CLASSICAL-日々の戯言
住所、電話番号はCLASSICALメニューから!

書庫今日のCLASSICAL

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いろいろ考えましたが、ブログを増やすのもなんだと思い、フェイスブック、もしくはページで代用することになりました。

個人ページ

クラシカルページ


機会がありましたら覗いてください。
これまでありがとうございました。

令和最初の営業

昨日は令和元年はじめの日。

お客様が「おめでとう!」と入ってきてくださいました。

一連の行事を見ていると、なるほど日本人だなあ、私達と思うしだい。

三種の神器はあけてはならないのだそうで、ほんとに入ってるの〜とそんなことばかり言っていました。

とにかく世界中で戦争がなくなる日が来ますように。
そんな新しい時代になってくれればいいなあ。

平成最後の営業

思えば出産とともに迎えた平成でした。

長男は最後の昭和、63年の12月に生まれました。
年が明け、昭和天皇崩御とともにやってきた平成は、実は子育てにおいても激動だったのだと思います。

当時はそれほど少子化の懸念が叫ばれず、あまつさえ、働いているとは何事だと子供を持つ母親に厳しい時代。
それなのに、保育園はいつもいっぱい、バブル景気に浮かれる巷をよそに下っ端で子育て中の私達には厳しい時代となりました。

やれやれと子育てが一段落する頃に、バブルは崩壊し、少子化の歯止めがかからないと今度は子育て支援重視の政策に。なんの得もなく終わる平成という時代の制作の甘さに、臍を噛んだ一人でもありました。

何となくみんなが幸せなのではないかと思えた時代から、格差は広がり問題も山積、災害も多く戦争はなけれども、格差社会と貧困に怯える不安な日本になってしまったような気がします。
そんな中、淡々と、変わることなく天皇という存在を全うされた平成天皇陛下には頭が下がります。
変わる勇気もありますが、常々、変わらない事の難しさを感じている私達は、天皇皇后両陛下のその姿に運命以上に真摯な心意気を感じるのでありました。

今の世は昔とは違い、天皇家がより身近に感じられる時代。

次の令和には何が待っているかはわからないものの、ときは止まることなく過ぎているのだから、進まないわけには行きません。

次の営業日は令和初日。

どうか、希望の多い時代になりますように。

ご予約状況

連休前半は、午後からご予約が多くなっております。
27日、28日の午前中は余裕がありますのでお問い合わせください。

29日は、朝入っておりますが、その後は余裕があります。

30日は火曜日なので定休日とさせていただきます。

5月に入りましたら、またお知らせいたします。

30日の火曜日、あけては7日が火曜日。

いろいろ都合が悪くて連休を取れないゴールデンウイークということで、一足遅く連休をいただくことにしました。

5月20日(月)〜23日(木)

4日連休をさせていただきます。

流石に10日は取れません(^_^;)

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事